Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

ミハイロフスキー劇場バレエ2019年11月来日決定

レニングラード国立バレエ」といえば日本ですぐ分かりますね。
正統派ロシアのクラシックである「ミハイロフスキー劇場バレエ」。
2019年11月、4年ぶりに来日公演が決定しました。

ãããã¤ã­ãã¹ã­ã¼åå ´ãã¬ã¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

さらにびっくりの発表です。
2019年シーズンから、ナチョ・ドゥアトが復帰!?
2011年にミハイロフスキー・バレエ芸術監督を経て2014年ベルリン国立バレエの芸術監督へ。同監督監督退任のちミハイロフスキーに復帰することになったのだそうです。わお。

ナチョ・ドゥアトは、スペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督時に現代バレエ(コンテンポラリー)を独自の解釈で振付け一躍有名に。

ミハイロフスキー就任後も、自身の作品をレパートリーに入れ、古典「眠れる森の美女」」くるみ割り人形」を新たに振り付けました。

ãããã¤ã­ãã¹ã­ã¼åå ´ãã¬ã¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

来年のツアーでの演目はまさにそのドゥアト版「眠れる森の美女」、ワイノーネン版「パリの炎」の二本立てです。

・名門バレエ劇場が贈る最も華やかな古典名作バレエ。
鬼才振付家ドゥアトが手掛ける、洗練された舞台。
「眠りの森の美女」 全3幕プロローグ付
作曲:P.チャイコフスキー 振付:N.ドゥアト

フランス革命に生きる民衆の熱い想いが情熱的なバレエ舞台に!
ダイナミックな原典版による、貴重な日本公演。
「パリの炎」 全3幕
作曲:V.アサフィエフ 振付:V.ワイノーネン/改定振付:M.メッセレル

ミハイロフスキー劇場バレエ2019(旧レニングラード国立バレエ) 光藍社(こうらんしゃ)

今年の世界バレエフェスティバルにも出演したレオニード・サラファーノフボリショイ・バレエで活躍したイワン・ワシーリエフ、ワガノワをトップで卒業、今やこのバレエ団を代表するプリンシパルヴィクトル・レベデフなどの男性ダンサーに注目。
ファースト・ソリストアメリカ人のジュリアン・マッケイの容姿も非常に美しいです。

女性プリマではイリーナ・ペレン、ワガノワ出身エカテリーナ・ボルチェンコ、ボリショイから移籍した、アンジェリーナ・ヴォロンツォワと、レベデフとのパートナーシップで知られるアナスタシア・ソボレワらが主な役を担っています。

ポリーナ・セミオノワも時々ゲストプリンシパルで呼ばれることがあります。