Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

元英国プリンシパル・吉田都さん、50歳を過ぎても美しくいる秘訣

「辞めなくてはならないような腰、膝、身体の状態からも本当に変わることができた。人間の身体ってすごいなと思うのは鍛えれば鍛えるほど強くなるんですよ、若い時より強くなった部分も、多いんですよ。」

インタビューで語っていた吉田さん。

若くて、疲れを知らなかった頃に戻りたいとは思わない、ああいう踊りをしたいとは思わない、とも。つまり、年齢を重ねれば重ねるだけ、強くなれるんだと。

https://www.blooming-net.com/wp-content/uploads/2013/09/f9b7824aa8fbd2e2257a75c21989951a-200x300.jpg

8年前、ロイヤルバレエを引退して現在は日本にお住いの吉田都さん。
バレエレッスンは52歳の今も、毎日、欠かさないそうです。

1965年生まれ、ということは、この秋には53歳に。それでも、お稽古1日休むと体が辛くて痛いそうなんです。

www.youtube.com

ユネスコ平和芸術家」「国連難民親善アーティスト」など、

22年過ごした英国仕込みともいえる奉仕活動でも知られています。

2018年は新しく「吉田都プロジェクト」を発動させるようで、楽しみですね。

オフィシャルサイトはこちら

BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE | 吉田 都