Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

オペラ座ダンサー紹介 セ・ウン・パクさん 第一回

Sae Eun Park(セ・ウン・パク) プルミエール・ダンスーズ

é¢é£ç»å

2018年度のブノワ・ダンス賞に輝いたプルミエール・ダンスーズのセ・ウン・パクさん。2月の「オネーギン」の演技は、エトワールをしのいで、私にとっては涙が出るほど素晴らしいものでした。

彼女の名前はセ・ウンですが、オペラ座では「サエ」と呼ばれているそうです。

ãSae Eun Parkãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ é¢é£ç»å

今、28歳のサエ。パリにきて7年ですが、おっとりとした正確だそうです。涼しい目鼻立ちで、韓国人らしさを感じさせません。

フランス人ダンサーの中に溶け込み、アジアっぽさを感じさせないのは、彼女のフレンチ・スタイルのエレガントな踊りがそうさせているのだと思います。

2012年に正式入団し、2013年からコリフェで、その翌年にはスジェに。2016年からプルミエール・ダンスーズとして活躍中です。あのオニール八菜をしのいで、先にエトワール就任の噂もあるほどです。

実際、私もテクニック等を総合的に判断して、パクの方が上だと思いました。

é¢é£ç»å

・バレエを習い始めたのは10歳

ーーー国立韓国バレエ団の『くるみ割り人形』の舞台を見て、いつか自分も全身輝くような衣装を着て舞台にたちたい ! と。

母はピアノをやっていて、父も長いことクラシック音楽の愛好家なので、小さい頃からクラシック音楽に親しんでいるという環境だったのです。

だから、両親とも私がダンスを習うことには大喜びでした。

é¢é£ç»å

・ソウルでダンスを習い始めて・・・

ーーー国立バレエ・アカデミーで12歳までクラシック・バレエを習い始めました。その後ソウルの国立芸術学校の中等部、15歳で高等部へと上がり、16歳までいました。

2007年のローザンヌ国際バレエコンクールに優勝したおかげで、アメリカン・バレエ・シアター(ABT) II への道が開け、ニューヨークで2年踊ることになりました。

ABT IIと17歳のときに契約してプロを決心しました。ABT IIというのは16〜19歳の若いダンサーで構成され多くのツアーを経験しました。

アメリカだけでなく、コスタリカ、スペイン・・・『ライモンダ』の6カップルのグラン・パや、『ドン・キホーテ』の第三幕のパ・ド・ドゥ、ジェローム・ロビンズの『インタープレー』、バランシンの『アレグロ・ブリヨント』クリエーションもいくつか踊りました。例えば『バルバラ』。これはアジュール・バルトンの創作です。

ãSae Eun Parkãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

・ニューヨークで2年過ごした後韓国に戻りましたね

ーーーABTのケヴィ・マッケンジー監督から、他で経験を少し積んだ後にソリストとして戻ってこい、といわれたのです。

アムステルダムのヘット・ナショナル・バレエ団のオーディションを受けましたが、国立韓国バレエ団の芸術監督から誘いがあり、ホームタウンなので、韓国で踊ることに決めました。

そこで1年を過ごしたところで、海外で自分を試してみたい ! と、ニューヨークでなくパリ行きを決意しました。

ニューヨークでの暮らしは素晴らしい2年間でした。アパートではカンパニーのダンサーがルームメートで、でも2年してニューヨークを去るとき、なぜか満足感がありました。パリの劇場にあるような歴史がABTにはなく、学ぶ歴史がなくって・・・それでNYを去ることに心残りがなかったのだと思います。

ãSae Eun Parkãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

・韓国ではパリ・オペラ座知名度は高い?

ーーーもちろん名前は知られていますけど、この20年、パリ・オペラ座は韓国ツアーを行っていません。だから私がいる間に韓国ツアーがあったら、と夢見ています。

・韓国時代、パリ・オペラ座のダンサーの名前を知っていた?

ーーオーレリー・デュポン !・・ローラン・イレール、イザベル・ゲラン、エリザベット・プラテル、シルヴィ・ギエム。あ、それからマニュエル・ルグリ。

パリ・オペラ座でヨン・ゴル・キムがスジェで踊っていました。彼は引退後、韓国芸術大学で教師になり、彼のクラスに参加をして、私、フレンチ・スタイルが気に入りました。キム先生がオペラ座の外部入団試験について話してくれ、26歳までチャンスがあるもので、私はそのとき21歳でした。

ãSae Eun Parkãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

・国立韓国バレエ団では、すでにソリストとして踊っていたのに、オペラ座でコール・ド・バレエからのスタートになりましたね。

ーーー私にとっては大きなチャレンジでした。でも、ネガティブな気持ちは全然なくて。私が崇拝する偉大なアーチストたちとともに舞台にたてることは、願ってもない夢でしたから。マリ=アニエス・ジロ、マチュー・ガニオ、マチアス・エイマンなど、偉大なダンサーが踊るのを見るのは大好きでした。
オペラ座でゼロから始めることに恐れは全然ありませんでした。彼らの踊りをみて、たくさんのことが学べるのですから。オペラ座の階級システムは知っていて、もし上手くいけば・・・とも思ったし。
コンクールについても、とても厳しいし、大勢の素晴らしいダンサーがいて、とキム先生から聞いていて、だから気持ちの準備もできていました。

ãSae Eun Parkãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

・入団後、すぐにカドリーユからコリフェにあがっていますね。

ーーーオペラ座で最初の1年間は契約団員でした。その後正式団員となって、その三か月後に初参加したコンクールでコリフェに上がったんです。
契約団員の時は、いつも舞台裏で代役として待機する毎日でした。私は踊れるのに、でも踊れない。他のカンパニーにいったほうがいいのでは ? って私にアドヴァイスをする同僚もいました。でも、私にはこの日々は素晴らしく幸せなこと。イザベル・シアラヴォラがおどるのを舞台裏からみていられのだから、ここにい続けなくては、って。私はもちろん踊ることは好きですけど、バレエを見るのも好きなんです。だから、その状況にとって満足していました。それに外部のガラに参加して、舞台に立つこともできていたので。この時期に不満はありません。

é¢é£ç»å

オペラ座内のコーチは?

ーーーヴィヴィアン・デクチュールがコンクールのたびに指導してくれました。他にも指導してくれたのはデルフィーヌ・ムッサン、ジル・イゾワールとも・・・私、ジャン=ギヨーム・バールと仕事をするのも、とても好きです。

『オネーギン』ではクロチルド・バイエがコーチだったのですけど、これは本当に特別な時間でした。幸せでした。

 

★明日、第二回に続きます。