Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

「瀕死の白鳥」ロパートキナ最強!生きた伝説

昔っからロパートキナの精神性の高さが好きでした。

https://www.jpost.com/HttpHandlers/ShowImage.ashx?id=326550

引退する日が来るとは思わなかったけれど、

彼女の「瀕死の白鳥」を筆頭に、やはりロシア勢強し!

1)ロパートキナ 2013年に公開されている映像です。5分49秒。

www.youtube.com

2011年のマリインスキーコンサートホールでのガラ 4分

www.youtube.com

フランス語で検索すると出てくる、2007年の映像。これ美しいです。

www.youtube.com

3分43秒だけど、ロシア語で2015年にアップされているものです

www.youtube.com

ちなみにこのドキュメンタリー、なんども見たわ。静謐すぎて、涙出る。

ロパキナがひとりで瀕死をレッスンしているところ。付属学校の生徒たちがそれを

窓越しに覗いています。

www.youtube.com

 

2)お次はザハロワさん、2010年マリインスキーのガラにて。高画質です。

www.youtube.com

こちらはおそらく、2015年のスカラ座のガラだと思います。

www.youtube.com

3)なぜかパリオペ勢では、イザベル・シアラヴォワ 3分51秒

演技そのものは3分24秒

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

結論として、瀕死の白鳥は踊れる人間と踊ってはいけない人間が厳格に決まっている、

と思います。とにかく深い精神性を持つ人間、また肉体面では「長い手足とガリガリ

背中」ですね。残念ながら、オーレリーなど、一発でアウトです。

特に足!今のパリオペでこれを踊れる足を持ったエトワールはいません。

ロシア勢、最強・・・ちなみに、上記の理由から、伝説のパブロワとプリンセツカヤは私の中では「論外」ということになっています。

時代とともに、どんな名演も変わっていくということかもしれませんし、

単に私の個人的な好みかもしれません。

https://www.balletandopera.com/photos_info/person/soloists/lopatkina/lopatkina3.jpg