Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

吉田都さん 2020年9月から新国立劇場バレエ団芸術監督に就任決定!

28日、新国立劇場運営財団理事会で、舞踊部門において、

吉田都氏が次期芸術監督予定者として芸術参与に就任することが決定しました。

公式発表サイトはこちらです。

会長、理事長、芸術監督および次期芸術監督予定者について | 新国立劇場

 

現・舞踊芸術監督  大原 永子(おおはら のりこ)
任期:2020年8月31日まで

【芸術監督予定者プロフィール】 舞踊部門 次期芸術監督予定者 

  吉 田 都 (よしだ みやこ)

芸術参与任期:2018年9月1日~2020年8月31日(2年間)

芸術監督任期(予定):2020年9月1日~2024年8月31日(4年間)

f:id:kotorio:20180630044044p:plain

9歳でバレエを習い始め、83年ローザンヌ国際バレエコンクールローザンヌ賞受賞。

同年、英国ロイヤルバレエ学校に留学。84年、サドラーズウェルズ・ロイヤルバレエ(現バーミンガム・ロイヤルバレエ)へ芸術監督ピーター・ライトに認められて入団。

88年にプリンシパル昇格。95年に英国ロイヤルバレエへプリンシパルとして移籍、2010年に退団するまで英国で計22年にわたり最高位プリンシパルを務める。

日本国内では1997年の新国立劇場開場記念公演『眠れる森の美女』はじめ、99年『ドン・キホーテ』『シンデレラ』、2000年『ラ・シルフィード』、04年『ライモンダ』など新国立劇場での主演ほか数多くの公演へ出演している。

ローザンヌ国際バレエコンクール審査員を務めるほか、後進の育成にも力を注いでいる。

バレリーナとしての功績と共にチャリティ活動を通じた社会貢献が認められ、04年「ユネスコ平和芸術家」に任命される。12年には国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト任命。

2001年芸術選奨文部科学大臣賞、06年英国最優秀女性ダンサー賞、11年第52回毎日芸術賞など受賞多数。07年に紫綬褒章並びに大英勲章(OBE)綬章、17年文化功労者

www.facebook.com

 

 

【kotorioからのひとこと】

世界で活躍する日本人バレリーナの先駆者であった都さん。彼女が道を開いてくれたからこそ、今、後進の日本人たちが、世界で活躍できるのでしょう。

ロイヤル退団後も日本で活動を続け、チャリティー方面にも熱心でした。

舞台活動と並行して、後進への指導、および振付指導活動も行っており

『眠れる森の美女』ではハンガリー国立バレエに振付指導も行っていました。

現ロイヤル・バレエの芸術監督、ケヴィン・オヘアとはバーミンガム時代に共演。

ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員も務めるなど、豊富な国際経験を活かし、

新国立劇場をますます世界に羽ばたかせていただきたいです。

来月8月には日本で堀内元さんとのプロジェクトBallet for the Futureにも出演予定。

監督就任後は多忙により都さんご自身の舞台姿がみられるかどうか。皆様お早めに!

なお、この発表に先立ち、13回連載の、吉田都さんシリーズを完成させていました!

それではそろそろ、シリーズ投入と参りましょうか。お楽しみに〜〜