Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』

バレエ&ダンスの青春スポ根映画って多いですが、

ロシア、ボリショイを舞台にしたこの映画、「二人のスワン」という邦題で、

昨年日本で公開されていたんですねーー知りませんでした!(誰か教えてよ・笑)

www.youtube.com

《ストーリー》

ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーで、頂点を目指す2人の少女の挫折と栄光を描く青春物語。

主役ユリアを演じるのはリトアニア出身でスウェーデンやフランスの国際コンテストで優勝後、 ポーランド国立バレエ団の現役ダンサー、マルガリータ・シモノヴァ。

ãã«ã¬ãªã¼ã¿ã»ã·ã¢ãã´ã¡ï¼ã¦ãªã¢ï½¥ãªã«ã·ã£ã³ã¹ã«ã¤å½¹ï¼ ã¢ã³ãã»ã¤ãµã¨ã´ã¡ï¼ã«ãªã¼ãï½¥ã¯ã«ãã³ã´ã¡å½¹ï¼

ライバルの カリーナを演じるのは、ボリショイ・アカデミーを卒業後、ロシア・ナショナル・バレエ劇場で「白鳥の湖」を始め全古典的演目に出演したアンナ・イサエヴァ

2人が憧れる 相手役アントワーヌには、元パリ・オペラ座のエトワール、 ニコラ・ル・リッシュが出演。

世界的に活躍する本物のバレエ・ダンサーが集結しボリショイ劇場で撮影した映像は

圧巻の迫力!

f:id:kotorio:20180517013641p:plain

ボリショイ劇場擁するバレエ・アカデミーに入学した2人の少女。

貧しい炭鉱町出身で伸びやかな身体と才能を持つユリアと、お金持ちの家に生まれ美しく気高い容姿を持つカリーナ。

カリーナの優雅で完璧な踊りは生徒の中でもひときわ輝き、講師陣期待のエリートとしてプリマ候補に。

一方でユリアの隠された跳躍力や表現力を、かつて伝説のプリマで講師のガリーナだけは見抜き、才能を伸ばそうと手を差し伸べる。

境遇もスタイルも全て正反対の2人が、最大の親友でありライバルとなり、過酷なレッスンに耐えながら、恋とバレエを競いあう。

最後に主役の座をつかむのはーーー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主役の二人はさておき、フランス在住者として、そしてパリオペを愛する者として、

ニコラ・ル・リッシュ、こんなところに出演していたとは・・・

・・・あれ?スウェーデンの監督になったんじゃなかったの?

ãã³ã©ã»ã«ã»ãªãã·ã¥ï¼ã¢ã³ãã¯ã¼ãï½¥ãã¥ãã«å½¹ï¼ニコラ・ル・リッシュ(アントワーヌ・デュバル役)

1972年1月29日フランス・サルトルーヴィル生まれ。
10歳の時にすでに神童と呼ばれパリ・オペラ座付属のバレエ・アカデミーに入学。ルドルフ・ヌレエフなど偉大な振付家たちに選抜され、その指導の下で、史上最高のバレエ・ダンサーへと成長を遂げた。1993年にパリ・オペラ座のエトワールに任命され、他にもパリ・オペラと並ぶ世界3大バレエ団の英国ロイヤル・バレエ団やボリショイ・バレエ団などの舞台にも出演するなど世界中を巡業。モーリス・ベジャールローラン・プティジョン・ノイマイヤー、アンジュラン・ブレルジョカージュら天才振付家の作品で鮮烈な印象を残した。現在はダンサー、振付家、舞台監督として活躍し、スウェーデン王立バレエの芸術監督を務めている。
「エトワール」(00)、「オーロラ」(06)、「パリ・オペラ座のすべて」(09)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画「エトワール」「オーロラ」ぐらいを知っている方からみたら、老けたな、という感じもしますが、でも、いい笑顔してますよね、ニコラ・ル・リッシュ。『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』公式サイト

【kotorioからのひとこと】

バレエスポ根漫画と言えばみなさん、あれもこれも思いつくでしょうが、

1977年生まれのわたしにとってはただの一つ!当時小学館の雑誌「小学一年生」

〜「小学六年生」まで連載されていた「ハーイまりちゃん」(上原きみこ・作)です。

ふたつ下の妹が同じ雑誌をとっていたのですが、そちらは「銀のトウシューズ」。

ハーイまりちゃんは最後の年になって「愛のエトワール」にタイトルが変更され、

今は復刻版ないのかなぁ。懐かしいです。わたしのバレエのきっかけかな。