Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

本日「ごごナマ」生出演!ダンスの神に選ばれた、マニュエル・ルグリの名演いよいよ

奇跡のダンサーはいま未開の境地へ―――

舞踊の神様がいるとしたら、現存するダンサーの中では間違いなく、

マニュエル・ルグリとシルヴィ・ギエムかな、と思います。

f:id:kotorio:20180505155937j:plain

9日から始まる来日公演でお披露目される日本初の「ヌレエフ・ガラ」には、

ルグリ自らも出演、2020年までの監督契約なので、ウィーンを率いては、

これが最初にして最後のツアーになるかも。

作品は、21世紀を代表する巨匠による2つのマスターピース

まずは、昨年9月、パリオペラ座エトワールのレティシアプジョルの引退公演で、

久々に踊られた「シルヴィア」

f:id:kotorio:20180505155505j:plain

歳を重ねたシルヴィアとアミンタが再会するシーンは切ない愛にあふれています。

パリオペ、シュトゥットガルトなど、文学をベースにした作品、

古典を得意とする欧州のバレエ団ならではの表現が感じられます。

f:id:kotorio:20180505160018j:plain

ノイマイヤーの十八番ともいえる繊細な心情描写、ルグリ、そしてウィーンのダンサーがどう演じるのか、注目が高まりますね。

二つ目は、フランスが誇るプティ振付の「ランデヴー」

f:id:kotorio:20180505155309j:plain

こちらは、パリの下町で死を告げられた若者が主人公。

世界最高の美女とのランデヴー(約束)があると嘘をつき逃げようとしますが・・・

若者を待ち受けていた運命は? ルグリは昨年初めてこの作品を踊ったそう!

50を超えてなお、湧き上がる探究心はいったいどこから。

フランスエスプリの「枯葉」のメロディと、ルグリの名演を観られるチャンスです。

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

若さやパワーだけではない、50を超えてなお、踊り続け、変わり続けるルグリ。

ちなみに、もう本日、となっているのでしょうか、5月7日(月)NHK総合テレビ

ごごナマ」(午後3時08分~ 午後4時00分)に、マニュエル・ルグリが生出演!

お見逃しなく!  ごごナマ - NHK