Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

マニュエル・ルグリ、人を育てる天才ーー5月来日公演に向けて

人の顔を見れば、その人の大体の来し方がわかるようになった。

以前はジャーナリストとして、3分も話せば、その人が誠実かどうか、どのような腹の内か、大抵わかったものだけれど、

40になってみて、また、パリというあらゆる言語の飛び交う都市にいて、話さずとも、あった時の立ち姿で、一瞬にして、ほとんど判断できるようになった。

ルグリの目は、そして顔立ちは、引退前よりも、むしろ若く、そして輝いている。

今の「教え」の生活が、54歳の1日1日が、充実していることが見て取れる。

それは師ルドルフ・ヌレエフが亡くなった年齢でもある。

https://cdn.radiofrance.fr/s3/cruiser-production/2013/07/cf87ccd1-e89c-11e2-9f7b-782bcb6744eb/640_manuel-legris.jpg

「バレエは・・・私には完全なる芸術です。私の運命はバレエ以外にありえなかった」

パリ・オペラ座で最長の23年に渡って牽引してきた生きた伝説、マニュエル・ルグリ。

昨年、2017年には「ルグリ・ガラ」でも来日して、ウィーン国立バレエ団の若手をまずはお披露目、その同団が、5月、東京で満を時して初のツアーを行う。

去年のルグリガラでは、彼の人生の節目に当たる主要作品ーー例えば86年にメトロポリタン歌劇場でエトワールに任命された「ライモンダ」、また「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」や、ギエムとの「グラン・パ・クラシック」など上演。

ルドルフ・ヌレエフから21歳でエトワール任命された時の、面白いエピソードが今も語り草になっている。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7d/Manuel_Legris_15_mai_2009.jpg

モーリス・ベジャールパリ・オペラ座で「アレポ」初演したのが任命の半年前でした。カーテンコールで感激したベジャールが私の手をとって「彼はエトワールだ!」と叫んだ。会場はどよめいたが・・・監督のヌレエフが「いや私、任命なんかしてないっちゅーねん」と。それで一旦は「エセ任命」劇があったものですから、半年後、ヌレエフ自身から正式に任命された瞬間も信じませんでした」

バレエ界の反逆者、気まぐれで問題児、早世の天才(つまり変人)、スキャンダルに溢れた師ヌレエフだがルグリは「寛容な人だった」という。

「若い才能を畏れることなく愛する人だった。彼の身体能力が年齢と共に衰えてきた頃に、ギエムや私、ローラン・イレールなど若い才能を発掘し全力で後押ししたんです。私が飛び級でエトワールに任命されたのは「期待」が入っていて、私もそれに答えようとした。人を育てる際に、これは非常に賢いやり方です。

私はウィーンでも気をつけているのは、若い人を待たせすぎるといざトップにたっていいよと言われた時には、もう下り坂であること。誰かに賭ける思いが、人間の飛躍のきっかけになる」

ウィーンとパリでは同じ欧州といえど異なる文化で、育て方を模索する日々。

就任前に10年間、グループ公演をオーガナイズして、監督がこれからの進路だと自分でも意識していたそう。ウィーンでのチケットは高く、地元ファンや観光客は同じ演目を何度も観に来ない。プログラムの種類を多くせざる得ず、必然的にレパートリーは増えた。数回上演したらすぐに次の演目に移る・・・結果、ダンサーにとっては、シーズン中に多くの役を与えらえれ、成長することに繋がった。

「最初のシーズンには、ダンサーと親しくなるために、自分が知っているレパートリーを教えました。その後は、パリで上演されたことのない15人の振付家の作品を取り入れ、独自性を磨いてきました。

ウィーンの観客は保守的です。夏に開かれるモダン・ダンス・フェスティバルであるイム・パルス・タンツを除けば、現代的すぎる作品は好まれません」 

https://bead109.files.wordpress.com/2011/08/scan-102490039.jpg

「今後、彼らを頂点にまで連れて行く」とルグリが断言する若き才能ーーー

ついに、5月に日本にお目見えです。

ウィーン国立バレエ団 2018年来日公演 | Bunkamura

www.youtube.com

マニュエル・ルグリーーー1964年、パリ生。80年パリ・オペラ座に入団、86年にエトワールに昇進。ルドルフ・ヌレエフに師事した最後のヌレエフ世代のひとり。2009年に同バレエ団を引退、翌年ウィーン国立バレエ団芸術監督に就任。2020年での退任が決まっている。

参考記事/フランスラジオ出演など

INTERVIEW: MANUEL LEGRIS AND DOMINIQUE MEYER AT THE VIENNA STATE OPERA BALLET

Un pas de danse avec Manuel Legris - France 24

Danse : Manuel Legris et son "Corsaire" | ARTE Info