Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリ・オペラ座での「いじめ・セクハラ」内部調査 一連の報道

ついにニューヨークタイムズまで取り上げましたか。

数日前からフランス国内で報道されていたので、書こうか迷っていたのですが。

www.nytimes.com

これまでの報道を要約すると、

パリ・オペラ座バレエ団員へ無記名で内部アンケートを行った。
その結果、セクハラやいじめが発覚し、オレリー・デュポン(Aurelie Dupont)監督への不信感があらわになっている、ということです。

回答したのは無記名での132人の団員。90%が「バレエ団は円滑に運営されていない」77%が「いじめの被害者である、またはそうした事実を知っている、目撃している」、26%が「セクハラを受けた」と答えました。

極秘で行われた内部資料の結果がどうして流出したのかーーーパリ・オペラ座のステファン・リスネ(Stephane Lissner)総支配人は驚きを隠せない、としています。

https://res.cloudinary.com/opera-national-de-paris/image/upload/c_crop%2Ch_573%2Cw_1020%2Cx_0%2Cy_106/w_870/f_auto/v1/user_photos/kaph6vrsxxb8fzqtwc3f

各国有力紙が大きく報道しています。

イタリア Ballerini denunciano molestie: bufera all'Opera di Parigi

フランス Opéra de Paris: Soupçons de harcèlement sexuel et moral au sein du ballet

イギリス /タイムズ紙

www.thetimes.co.uk

オーストラリア Sexual Harassment Claims at Paris Opéra Ballet

リスネー総支配人は「セクハラやいじめ被害にあったと答えた人は、名乗り出るように」としていますが、裏を返せば「内部情報を告発した犯人」探しを行うということでしょうか。

その一方で「デュポン監督を強く信頼している」とも述べています。

映画「ブラックスワン」で主演したナタリー・ポートマンの夫、バンジャマン・ミルピエ氏がわずか一年で辞任、元エトワールのオーレリーが実質2017−18シーズンから引き継いでいました。

https://culturebox.francetvinfo.fr/sites/default/files/filefield_paths/000_121013.jpg

現在、100名の団員が「調査結果の漏えいに動揺している」共同声明に署名。
その上で、匿名という条件のもと数名のダンサーが、デュポン氏に対する不満を訴えたそうです。
「監督としての責任、マネジメント能力の欠如」「意欲が感じられない」など。

【kotorioからのひとこと】

バレエ団内いじめやセクハラ、監督人事を巡っての硫酸事件までーー現実はドラマより漫画より上を行く。逆に「いじめやセクハラのないバレエ団があるもんなら教えてよ」ぐらいにしか思ってなかったのですが・・・だって競争や足の引っ張り合いのない世界なんて、どこにありますか?

世界最高峰、そしてその「階級制」を頑なに守っているパリオペ。今回の経緯もどうやら陰謀の香りがしますが。

オーレリーはどうこの場をどう乗り切るのでしょう。