Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

フランス国立 アンジェ振付センター

ロワール地方のアンジェという街に、フランス国立現代舞踊振付センター Centre national de dance contemporaine Angers があります。

https://i.pinimg.com/originals/ff/a2/ac/ffa2ac8eadb1e9f0c3e10bc210273bad.jpg

先日モンペリエのICIをご紹介しましたが、それより歴史は古く 1978年設立。

CNDCと称されるこちらは70年代後半、フランスの国策として、文化の地方分散化政策ーーデサントラリザシオンが行われ、その一環として地方に設置された振付センターの一つ。「ヌーヴェル・ダンス」発祥のきっかけともなりました。

 

コースは二年間で、1年目は国立のため無料です。ただし年齢制限があり、18歳から24歳まで。選考は書類審査のみですが、狭き門です。

一次、二次とも全合格者氏名が公表され、入学後も非常に厳しいようです。

f:id:kotorio:20180401215400p:plain

次回のオーディションは2020年の予定。

Centre National de la Danse Contemporaine d’Angers (CNDC)
17 Rue de la Tannerie, 49100 Angers, France

Centre national de danse contemporaine - Angers - France

トップページから「École supérieure」というところをクリックすると入学に関する募集案内があります。

パリオペ一筋のkotorioが今回のような記事を書くのは珍しい。

それは、15歳前後でバレエ留学し、ヨーロッパ中のバレエ団のオーディションに落ちて、20歳前にして挫折感たっぷりで、バレエ人生と縁を切ってしまう人たちをたくさん見てきたから。

諦められるものなら、諦めて下さい。最初からその程度のものだったのだから。

でも諦めきれないなら、簡単に諦めちゃダメだ。いろんな可能性がまだ、ある。