Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

フランス・バレエ留学と教師資格

バレエ留学。バレリーナ、ダンサーを目指してのことはもちろんですが、引退後のためにと、在学中にバレエ教師の資格をとる人も少なくないはず。

フランスではバレエは国家の芸術(文化庁管轄)、教師は「国家資格」です。

https://rachelneville.com/wp-content/uploads/2014/02/audition-photos-poses-for-dance-audition-pictures.jpg

ダンスクラシック(バレエ)、モダン(コンテンポラリー)、ジャズ、の3部門のひとつを専門として選び、国家試験に合格しなければならない。

プロのダンサーとしての実績があれば、一年の教育実習のみで済みますが、そうでない人は、レベル試験(EAT) →国家試験 →2年間の実習という流れで、2−4年は覚悟しておいたほうがいいかも知れません。

バレエ留学しても夢かなわず、数え切れないほどのバレエ団のオーディションを受けているうちに、年齢制限ーーという現実の壁にぶつかった時。

教師としての道を選ぶ人が多いですが、それもまた、生易しいものではないでしょう。

特にクラシック(バレエ)はレベルそのものが高く、教師養成の学校に入ることすら、難関。

国立のコンセルヴァトワール(音楽院)で数年間のレッスンを経て受験する人が多いですが、中には20代をオーディションに明け暮れ、すでに気づいた時は30で時遅しーーの方に、朗報です。

南仏トゥールーズ、ここは大学の街、スミレの街、赤レンガの街、そして「ダンス芸術の街」なんです!

毎年、ダンスコンテンポラリーの祭典が行われていることでも有名です。

ここに、私学のダンス教師養成学校があります。

1989年創立の「Art Dance International」まずは2分の動画をご覧ください。

www.youtube.com

同校への入学にはオーディションがあり、クラシック、ジャズ、コンテ各1時間、4月から7月までの間の日曜日に行われる予定です。

パリにこだわらず、地方を考えてもいいかな、という方、視野に入れてみてください。

Ecole de Danse Art Dance International - Toulouse
3 ter, boulevard Lascrosses - 31000 Toulouse