Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリ・オペラ座の350周年にむけて その1

2019年はオペラ座にとって記念すべき1年になること間違いなし!

f:id:kotorio:20180224173243j:plain

オペラ・ガルニエの歴史ある緞帳にはラテン語で「ANNO1669」とかかれています。
パリ・オペラ座の母体となる王立音楽アカデミールイ14世が創立したのが1669年。
2018年9月からのオペラ座次期シーズンのパンフレットをもらってきました。
2019年12月まで、「350周年を祝うプログラム」が続きます。
入手している情報がかなり溜まっているので前後半に分けて、お伝えしますね。おそらくパリからは初の情報だと思います。

2019年は、さらにフランス革命200周年を記念して建築されたもうひとつのオペラ座「オペラ・バスチーユ」の30周年を祝う年とも重なります。

f:id:kotorio:20180224175902j:plain

2018〜19年プログラムは1月29日にプレス発表。
「1669年以来・モダン」と書かれたプログラム、本来翌年の7月までなのですが、次の次のシーズンとなる、9月と10月の公演まで掲載されています。

2019〜20の幕開け公演は「杉本博司/ウィリアム・フォーサイト」(2019年9月20日〜10月17日)。フォーサイトは最新創作『Blake Works 1』の再演ですね。
杉本さんは演出と舞台美術を担当。ウイリアム・バトラー・イェイツの戯曲「鷹の井戸」をベースにした創作バレエとのことで、振付けはアレッシオ・シルヴェストリンとなっています。
注目はパリオペラ座にこの二人のコラボである「能」テイストがどのように加えられるか、です。

f:id:kotorio:20180224174426j:plain

オルセー美術館でもなんと、2019年9月24日から2020年1月19日に、ドガの仕事の焦点をオペラ座に絞った『オペラ座エドガー・ドガ』展が予定されています。
ドガはバレエのみならず、オペラ座オーケストラも描いていました。f:id:kotorio:20180224175503j:plain 

(こちらは現在開催中のドガのダンスデッサン展のパンフレット)

年末、12月9日には美術館のグランド・ネフでフィリップ・ジョルダンの指揮によるコンサートがあります。

  その2へ続く