Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリの「ル・ムーリス」バレエとパティスリー、お子様達と春のカーニバル

3月18日、パリのパラスホテル「ムーリス」で、春の、お子様向けカーニバルが予定されています。

f:id:kotorio:20160323133252j:plain

パリのバレリーナ養成学校名門「スタンローヴァ・バレエ」の生徒の踊り、子ども向けのアトリエ(講座)があります。それらを、この一流ホテルでビュッフェを楽しみながら見られる、という企画。

ビュッフェは、シェフ・パティシエのセドリック・グロレ氏によるパティスリー、もちろんご両親の為に、シェフのジョスラン・エルラン氏もお料理を準備しているとか。

収益はセネガルの2〜7歳の子供の教育と健康に関するアソシエーション「Racines d’enfance」に寄付されます。

 

f:id:kotorio:20180308182000j:plain

サルヴァドール・ダリなど名だたる有名人がパリの定宿にしていた超一流ホテル、ル・ムーリス。1835年創業のパリ最古のパラスです(五つ星のその上)。

同イベントのステージで披露される「ポンパドール・サロン」、その昔、パブロ・ピカソが1918年にロシアン・バレエ団のダンサー、オルガ・コクローヴァとの結婚披露宴を催した場所なんですって。

f:id:kotorio:20180308183146j:plain

そんな歴史あるサロンで、夢見るバレリーナ達とご両親の素敵な思い出が作れたらいいですね。もちろん、一般入場も可ですよ!kotorioもお仕事の合間に少しでも顔を出してみようと思っています。

こちらはバレエブログなので、グルマンな記事はメインのほうに載せたいところですが、少々追記。

f:id:kotorio:20130524181911j:plain

セドリック・グロレさんは、2017年度のLes grandes tables du mondeで最優秀パティシエ賞に輝き、世界一のパティシエとして上り詰めた方。

「美は人を引きつけ、美味は人を虜にする」がスローガン。

どこかダンスにも通じていますね。

見た目の美しさが真の美味しさに繋がる、という彼の哲学。

今回のビュッフェでは、ミニサイズのパティスリーで、その世界観をつまみ食い(垣間見る)ことができそうです。

f:id:kotorio:20180308182923j:plain  食べる宝石!?

セドリックさんの代表作、キューブをモチーフにしたルーヴィック・ケーキ。