Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

速報!パリオペラ座バレエ・昇進コンクール結果

3月2、3日に行われたパリオペラ座バレエの昇進コンクールの結果が出ました。

f:id:kotorio:20180306142211p:plain

 ・男性ダンサー

プルミエ・ダンスール
Monsieur Paul MARQUE ポール・マルク

f:id:kotorio:20180306033018p:plain

スジェ
Monsieur Francesco MURA フランチェスコ・ミュラ
Monsieur Pablo LEGASA パブロ・レガサ

コリフェ
Monsieur Axel MAGLIANO
Monsieur Simon LE BORGNE


女性ダンサー

プルミエール・ダンスーズ
昇進なし

スジェ
Mademoiselle Roxane STOJANOV ロクサーヌストヤノフ
Mademoiselle Aubane PHILBERT オーバーヌ・フィルベール

コリフェ
Mademoiselle Caroline OSMONT カロリーヌ・オズモント
Mademoiselle Bianca SCUDAMORE ビアンカ・スクダモア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記が詳細順位です。
男性ダンサー

カドリーユ→コリフェ (課題曲「ラ・シルフィード」ジェームズのヴァリエーション)
1. Axel Magliano (昇進) 
2. Simon Le Borgne (昇進) 
3. Isaac Lopes-Gomes 
4. Andrea Sarri 
5. Giorgio Foures 
6. Julien Guillemard.

コリフェ→スジェ (課題曲「オネーギン」レンスキーの2幕ソロ)
1. Francesco Mura (昇進) 
2. Pablo Legasa (昇進) 
3. Thomas Docquir 
4. Hugo Vigliotti 
5. Mickaël Lafon 
6. Alexandre Gasse 

スジェ→プルミエ (課題曲「マノン」1幕デ・グリューのヴァリエーション)
1. Paul Marque (昇進) 
2. Jérémy-Loup Quer 
3. Marc Moreau 
4. Daniel Stokes 
5. Allister Madin 
6. Fabien Révillion


女性ダンサー

カドリーユ→コリフェ (課題曲「祭りの夜」)
1. Caroline Osmont - (昇進) 
2. Bianca Scudamore - (昇進)
3. Naïs Duboscq 
4. Seohoo Yun 
5. Célia Drouy 
6. Héloïse Jocqueviel

コリフェ→スジェ (課題曲「パキータ」グラン・パ)
1. Roxane Stojanov - (昇進)
2. Aubane Philbert - (昇進)
3. Juliette Hilaire 
4. Charlotte Ranson 
5. Jennifer Visocchi

スジェ→プルミエ (課題曲「ディアナとアクティオン」)
昇進、順位なし

《kotorioの解説》
女性ダンサー

→プルミエール・ダンスーズの枠が一つあったのですが、適任がおらず、票が割れました。今年は昇進は見送られました。


スジェに昇進したのは、ロクサーヌストヤノフオーバーヌ・フィルベール

ドキュメンタリー映画「ミルピエ」に出演していた二人なのでもう一回見直してチェックしてみて下さい。

オーバーヌ・フィルベールは10年以上キャリアがあり、「スーパー・バレエ・レッスン」にも登場しています。


コリフェに昇進したビアンカ・スクダモアは、パリ・オペラ座初のオーストラリア人団員!昨年7月入団したばかり。

2015年のYAGP3位、パリ・オペラ座学校に入学しました。4位のSeo Hoo Yunも、昨年7月の入団試験で入団したばかりで今回は昇進に至らなかったものの、2014年ヴァルナでジュニア1位の実績があるので、来年に期待です。覚えておきましょう。

男性ダンサー

→ジャーナリストの間で確実とされていたポール・マルクがプルミエ昇進。

昨年末に「ドン・キホーテ」、現在上演中の「オネーギン」ではレンスキー役で好評を博しているので満を辞して、といった感すらあります。


スジェに昇進したパブロ・レガサも、コリフェで「ドン・キホーテ」でバジルを踊っているので、今シーズン・また来シーズンに向けて注目の二人といって間違いないでしょう。

www.operadeparis.fr