Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリオペラ座オネーギン6回目観劇 ロビーでばったりあの人が!

オネーギン毎日通っています。ドロテの最終日(自身観劇2回目)と、(マチューがいた話はしましたよね)パクの日(自身観劇3回目)行ってきました。

MARDI 27 FÉVRIER 2018 À 19:30
Onéguine
Eugène Onéguine Audric Bezard
Tatiana Dorothée Gilbert
Olga Muriel Zusperreguy
Lenski Jérémy-Loup Quer
Le Prince Grémine Florian Magnenet

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MERCREDI 28 FÉVRIER 2018 À 20:00
Onéguine
Eugène Onéguine Hugo Marchand
Tatiana Sae Eun Park
Olga Léonore Baulac
Lenski Germain Louvet
Le Prince Grémine Jérémy-Loup Quer

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パクも3回目となると飽きました(笑)この日は最後の大ジャンプをユーゴがきちんと手を握っていなかったためか飛びそこなってしまったアクシデントがあり(ここが見せ場なんですが)、それが尾を引いたのか、パクの「あっちの世界いっちゃったもんね・・・・」感がいまいち薄かった。最後も泣いてなかったし。

今夜気づいた点としてはこの「田舎娘感」やっぱりドロテじゃダメなんですね。

パクだからこそ、気の小さい「アジア的」要素が出て、最後の絶叫に至る。あのギャップでしょうか。

テクニック確実にすごい、でもそれを誇示しないナチュラルさ。

オニールよりこの人が先にエトワールに任命されるのではないか、という噂もあるほど。「なんでパリオペにアジア人!」逆に、オニールにたいしては「人気だけで実力が伴っていない」と両サイドに反対論があります。

オーレリー監督とも相性が悪いのでは、とささやかれているオニール。(ファンの間では、いや、そんなことない。オーレリーはオニールの実力を買っているからこそ、この段階で、人気取りのエトワールにさせるような甘い措置を取らないだけだ、と)

この日の一幕、楽屋口の0階で見ていたのですが(日本式の1階です)

終了後、扉を開けたらなんと、そこにいたのがオーレリ・デュポン監督!!!!!

f:id:kotorio:20180301170626j:plain

ええええっ。kotorio、現場に弱いのか?強いのか?

思わず目を合わせて、私が固まっているのを見ると(下記の写真状態になった)

f:id:kotorio:20180301170328p:plain

「あ、ボンソワー(こんばんわ)」って向こうから握手の手を差し伸べて。

ええええええええーーーーーー

ありえなーーーーーーーーい

・・・・・・kotorio上記写真状態のまま、絶句。取り急ぎ右手を差し出したものの、感激のあまり、覚えていない・・・・。

あのシャンデリアも、あの丸天井のシャガールも、彫刻の一つ一つも、舞台の床も、オーレリーにとっては、7歳とか8歳ぐらいから馴染んできた、まさに「家族より近しい自分の血と肉」と言っていたーーー彼女のバレリーナ人生の歴史そのもの。

オペラ座丸ごとこの人の43年間(今もう45歳)、身体の一部ってすごすぎる。

今夜はもう手が洗えない、おのぼりさんkotorio・・・・・。

(このオペラガルニエ宮が「私そのもの」って、もうこの人生きた人間国宝?)

オーレリーって足も(特に太もも)胴も太いし、二の腕はお肉付いているし、顔は四角いし、なんであんな日本で人気があるのかよくわからなかった。来日で何度も見ているけれど、ジゼルも「なんでオーレリーでジゼルかなー」ぐらいにしか思わなかったし。

むしろ私はアニエス・ルティシュの「洗練された大人の女性」としての美しさ、に惹かれていて。

オーレリーってしかも、ルグリと一緒じゃなきゃ輝けない、もうあの時代は終わったのね感があるのと、やっぱりすっごく太りやすい体質だと思うんですよ。

だから監督になってから派手スーツとかばかりきているのかな。ここでオーレリー私服ファッション・チェーック!

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQfi_uLsXSyePYAnVm_bxVa-bsj1ANYBGnWMcAX2VUqnCcuud0Fhttps://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQO7xOG6yPlmatELcANWV2lr8MrlRVw7U_hjHqz4fvIgLkyzEeFYg

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/65/2d/4e/652d4eab1e2627df08d0cb1acc3e0f98.jpgf:id:kotorio:20180303181753j:plain 右はシャネル

人前にでる仕事だから太らないように、現役時代以上に気をつけているんだと思います。(この人、妊娠・出産で20キロ太ってたわ)

好きでも嫌いでもないオーレリー、目の前で見ると「キレーなマダムが、普段着でいるわ」って感じで。

 

でも緑のカーディガン。写真右上の着てました。この人色使いのセンスが・・(笑)

・・・・・ってなんの話でしたっけ。

そうそう、サプライズはこれだけじゃないんですよ。

オーレリーとの握手で感激冷めやらぬまま、終演後、扉を開けると、楽屋へ向かう普段着のオニール八菜とバッタリ正面対決。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQdN20x56LZcVbJwwqWYeospBcgbCLbfmUMndMUH1_8sZIVHiPWYA

まーじーかーよーーーーーーーー

あれだけアンチ・オニールだったのに、至近距離で見るとすっごいこの人キレーだわあ。背が高いんですねえ。普段着でもバレリーナオーラ・ビンビン。やっぱパリオペダンサーはこうでなくっちゃ!的な、テキストみたいなオーラ(笑)

こっちから「あ、ボンソワー」って言うと向こうも「ぼんそわー」言ってたから、なんか普通に関係者スルーされた感。

英国ナショナルのタマラ・ロホとふと比べちゃうのですが、もともとロホはすっごいぽっちゃり体型で現役時代から叩かれていたクチだから、私服の時に何度かすれ違ったけど、ただのヒト(笑)

今のパリオペエトワールでも、美人のカテゴリーに入らないアリスちゃんだっているぐらいだから、オニールでもいけるかな、ぐらいにしか思っていなかったけど、やっぱり普通に見ると「きれいですねえおねえさん」になるんだぁ。

そんなわけでつらつらと、劇場外のつぶやきの多かった観劇日記。

教訓・いつでもスターにあえるように、劇場にはおしゃれしていきましょう。