Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

2017年11月パリオペラ座スケジュール 

3ヶ月ボルドーにおりました。パリに戻ってきて、嬉しくてたまらないkotorioです。やっぱりパリはすごい。やっぱりパリが好き。そんな思いを新たにしました。

さて、今月のパリオペラ座バレエでもっとも大きな話題は、勅使河原さんの振り付け、世界初演です。バランシン作品とピナ・バウシュとともに上演されます。

バイオリン独奏では諏訪内さんがご活躍されますね。こちらもクラシックファンにぜひおすすめしたいです。

www.operadeparis.fr

☆George BALANCHINE  ジョージ・バランシン振付『Agon』『アゴン』/
勅使川原三郎振付 『Grand miroir』(世界初演)/
Pina BAUSCH ピナ・バウシュ振付『Le Sacre du Printemps』『春の祭典
エサ=ぺカ・サロネン(10月31日まで)/バンジャマン・シュヴァルツ(11月)指揮 パリ・オペラ座管弦楽団

f:id:kotorio:20171105010449p:plain

アゴン』
振付 ジョージ・バランシン
音楽 ストラヴィンスキー
『Grand miroir』
音楽 エサ=ぺカ・サロネン『ヴァイオリン協奏曲』
振付・装置・衣装・照明 勅使川原三郎
ヴァイオリン独奏 諏訪内晶子

春の祭典
振付 ピナ・バウシュ
音楽 ストラヴィンスキー
装置・衣装・照明 ロルフ・ボルジック
プルミエ 10月25日19時30分開演
公演日 10月26、27、28、31日 11月2、3、4、7、11、14、16日19時30分開演 

    11月12日14時30分開演
会場 ガルニエ宮