Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

驚異のバレリーナ・ボティーーミスティ・コープランドの食生活 その7 最終回

ミスティーの食生活シリーズ、最終回です。

ダンサーとして、遠征や移動も多い彼女。旅行中はパッケージフードを活用します。

f:id:kotorio:20170903203332j:plain

 「自分の体が必要としているものをいつでも摂れるように、包装済みの食べ物を携帯します。特に海外に行く時は、箱入りのプレーンなオートミール、パック入りツナ、全粒粉のクラッカー、ナッツを持っていきます」

f:id:kotorio:20170921034623j:plain

そして最後にーーーー砂糖や加工済み食品は、徹底的に除去して!!

砂糖や加工済み食品、ジャンクフード、ファストフード、精白小麦粉、人口甘味料、炭酸飲料などは、一切避けているという彼女。まさに百害あって一利なし、ですよね。

kotorioも昔から、こうした類のものは、一切摂取していません。

ミスティは本の中で、塩を控えめに、代わりにガーリックや玉ねぎ、ハーブを活用して、と助言しています。

f:id:kotorio:20170921034747j:plain
そして最後に、ミスティからの一言。それは、お腹がいっぱいになってしまうまで食べないで、ということです。

「お皿の上に食べ物が残っていてもいいのよ」。

自らの身体の声を聴けるようになったミスティ。プロのダンサーとして、食は大切な構成要素だと気付いたようです。ますます力強く、エネルギーに満ちたダンスで活躍してくれるでしょう。

私たちもミスティをお手本に、お気に入りのボディーに近づきましょう。

最後にkotorioの経験から。いつも「こうなりたい」というイメージを持ち続けること、

そして自分の身体を愛してあげること。24時間、あなたの身体はあなたのものだから。