Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

驚異のバレリーナ・ボティーーミスティ・コープランドの食生活 その5 ディナー編

驚異のボディー、アメリカンバレエシアターのミスティーの食生活をご紹介するシリーズ、第5回の今日は夕食編です。「スパークリングワインは1杯までよ!」

f:id:kotorio:20170903202211j:plain

夕食では、前回ご紹介したACT1とACT2のカテゴリーから一つずつ食材を選び、

さらに炭水化物として玄米や冬かぼちゃをプラスします。

f:id:kotorio:20170916034949j:plain

「ACT1の食材は、油で揚げる代わりに焼いたり、ゆでたりしたほうがベター」。

ペスクタリアンの彼女、夕食は主に魚料理が中心だそうです。

肉食をやめることについて「一夜にしてペスクタリアンになろうと決めたの。私みたいにきっぱりとやめるのは、すすめたりしません。何カ月もハンバーガーが夢に出てきて・・・でも、気分は素晴らしいものになりました。自らのエネルギーレベルが一気に上がったことを実感できます」。

f:id:kotorio:20170916034658j:plain f:id:kotorio:20170916035250j:plain
ある日のミスティーの夕食ーーーグリルで焼いたサーモンとローズマリーとニンニク、塩コショウでローストした玉ねぎ、にんじん、南瓜。

スパークリングワインは一杯までよ!

次回第6回に続きます。