Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

驚異のバレリーナ・ボティーーミスティ・コープランドの食生活 その4 ランチ編

ミスティのランチは、コンビネーション豊かなサラダボウル。

f:id:kotorio:20170903201751j:plain

著書「バレリーナ・ボディ」では

・ACT1(動物性たんぱく質や植物性脂肪のような脂肪分を摂れるもの)と、

・ACT2(野菜やフルーツ、でんぷん質、穀物

ーーという食材を組み合わせた独自の栄養哲学を紹介しています。

彼女はどの食事でもたんぱく質と炭水化物が摂れるよう、各カテゴリーから一つずつ、

昼食と夕食に組み込むことすすめています。

このメソッドを「ミール・コリオグラフィー」と名付けたのも面白いですね。

「ステップのメドレーをやって、そこからコンビネーションや複雑さを組み立てるダンスのトレーニングと一緒。さまざまな食材を組み合わせることで、食べる楽しみを増やし、味を飽きさせない」と記しています。

f:id:kotorio:20170915053130j:plain
ミスティのある日のランチーーー ほうれん草のサラダ。

f:id:kotorio:20170915053312j:plain

ピーカンナッツと山羊のチーズ、乾燥クランベリー、ビネグレットソース、アボカドのスライス。

その5に続きます。