Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

オペラ座注目ダンサー紹介 ファニー・ゴルスさん

前シーズンではジゼルでミルタを演じ好評を博したFanny Gorse ファニー・ゴルスさん。スジェ(エトワールではなく、その下のランクです)でありながら、「真夏の夜の夢」ではエトワールのレティシアプジョルらと準主役を。さらに夏のニューヨーク公演、ジュエルズにも抜擢されました。

f:id:kotorio:20170901142102j:plain

日本ではまだ取り上げられることの少ない、将来性のあるダンサーをご紹介していきます。

とても大人っぽい顔立ちで、佇まいにも落ち着きがあります。

容姿、技術と、良いバランスで個性をしっかりと確立してきたダンサーの一人。新シーズンの活躍に期待したい方です。

スジェの下の階級、コリフェの時からすでにスジェの役をもらっていたりと、これまでも実力がしっかり評価されている彼女。急な代役を任されてもそれをきちんと勤め上げた冷静さで、デュポン監督の目にもとまっているようです。

コールド(群舞)時代はむしろフェミニンな印象の強かった彼女ですから、本当にコリフェ時代の7年間で、自分を鍛え、改革していったのではないでしょうか。

f:id:kotorio:20170901143335j:plain

厳しい競争の中で、常に落ち着きを持って、仕事をしてきた彼女。今回のニューヨークツアー抜擢でもわかる様に、本人もニューヨークタイムズのインタビューで「ロビンズ作品が好き」と語っています。

物語性のあるバレエよりも、ステップ、そして音楽性があることが自分に合っている、と考えているようです「アザー・ダンシィズ」をいつかやってみたいとか。

その素晴らしい容姿から、ファッションモデルとしてのオファーもあった彼女。

「別の世界との接触、仕事は、本業への刺激になり、良い視点をもたらしてくれます」と述べています。

新シーズンの活躍に期待できる一人ですね。