Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

プレミアムシアター「ロミオとジュリエット」「ルグリ・ガラ」

「ルグリ・ガラ」がNHKプレミアムシアターで10月に放映が決まったとのこと。

プレミアムシアター - NHK    9月・10月放映分、合わせて記載しておきます。

 

9月18日(月)ーー注・9月17日(日)深夜になりますーー午前0時20分~

f:id:kotorio:20170829195849j:plain

シュツットガルト・バレエ「ロメオとジュリエット」(全3幕)
<原 作>ウィリアム・シェークスピア
<振 付>ジョン・クランコ
<音 楽>セルゲイ・プロコフィエフ

<出 演> ジュリエット:エリサ・バデネス ロメオ:デーヴィッド・ムーア
ジュリエットの乳母:マリシア・ハイデ キャピュレット公:リード・アンダーソン
パリス公:ロマン・ノヴィツキー ほか、シュツットガルト・バレエ団

管弦楽シュツットガルト国立歌劇場管弦楽団
<指 揮>ジェームズ・タグル

2017年4月29・30日、5月2日 シュツットガルト国立歌劇場(ドイツ)


バレエ「CLOSED」(2016年の作)
<音 楽>無伴奏チェロ・ソナタ ロ短調 作品8 コダーイ 作曲

<振付・出演>
ナターシャ・ノボトナ
ヴァツラフ・クネシュ
ジェラルド・ヴァン・ダイク
ヨー・ストルムグレン

<チェロ独奏>トルルス・モルク

プラハメルボルンの2つのダンスカンパニー共同制作。こちらは「ダンスフィルム」となっています。ヨーロッパで名高いチェリストのトルルス・モルクが演奏とのこと、ダンスファンのみならず、クラシックファンの方にも、ぜひ、オススメしてください。


10月16日(月)ーーーー・10月15日(日)の深夜になります 午前0時00分~


ルグリ・ガラ ~運命のバレエダンサー

f:id:kotorio:20170829203543j:plain

「ジゼル」から パ・ド・ドゥ
音楽:アドルフ・アダン
振付:ジュール・ペロー、ジャン・コラリ
「ランデヴー」
音楽:ジョセフ・コスマ
振付:ローラン・プティ
「フェアウェル・ワルツ」
音楽:フレデリックショパン/ウラジーミル・マルティノフ
振付:パトリック・ド・バナ
白鳥の湖」から 黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:ピョートル・イリイチチャイコフスキー
振付:ルドルフ・ヌレエフ(1964年ウィーン版)
「ドン・キホーテ」から パ・ド・ドゥ
音楽:レオン・ミンクス
「Moment」(世界初演
音楽:バッハ/ブゾーニ
振付:ナタリア・ホレツナ ほか

<出 演>
マニュエル・ルグリ(ウィーン国立バレエ団芸術監督)
イザベル・ゲラン(元パリ・オペラ座バレエ団/エトワール)
マリアネラ・ヌニェス(英国ロイヤル・バレエ団/プリンシパル
オルガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ団/プリンシパル
ニーナ・ポラコワ(ウィーン国立バレエ団/プリンシパル) ほか

2017年8月23・24日 東京文化会館 大ホール

 

《kotorioのひとこと》シュツットガルトは自身の踊りの師が、昔所属されていたバレエ団なので、個人的な想い入れがあります。ここのオネーギン、パリオペラ座の正統性とは全くちがったアプローチで、胸が締め付けられました。。今回はクランコ版「ロミジュリ」、他ではなかなかお目にかかることができないバージョンです。お楽しみに!