Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

歌の妖精、涼風真世さん 今後のミュージカル予定 

kotorioの大好きな永遠のフェアリー、涼風真世さん(愛称かなめさん)。

涼風真世オフィシャルブログ「Well Come To MAYO」Powered by Ameba

f:id:kotorio:20170828033953j:plain

まだこんなにブログが盛んでなかった時代から、退団後、毎日、1日も欠かさず、「空」の写真だけを淡々とアップし続けていらっしゃるサイトです。辛い時、どうしようもない時、涼風さんの空と、今わたしの、そして誰かの、見上げる空が、繋がっていることを想って。

 秋以降、来年までのミュージカル出演予定が公式サイトで発表になっています。

・ミュージカル 「レディ・ベス」再演 2017年10月・11月 帝国劇場

 帝国劇場 ミュージカル『レディ・ベス』

・ミュージカル 「マディソン郡の橋」2018年3月シアタークリエ公演

ミュージカル『マディソン郡の橋』

・ミュージカル 「モーツァルト!」
   ヴァルトシュテッテン男爵夫人役 2018年5月・6月帝国劇場

帝国劇場 ミュージカル『モーツァルト!』

 

モーツアルト香寿たつきさんとのダブルキャスト。レディ・ベスはもちろん、花總まりさんの主演、再演です。かなめさん1960年9月11日がお誕生日なので(もう、すみれコード、ないですよね?)もうすぐですね。澄んだ秋空のもと、この世に生まれた永遠の歌姫。

マディソン郡の橋、2014年にはブロードウェイでミュージカル化され、トニー賞作曲賞と編曲賞を受賞していますが、日本では初演となります。映画や小説でおなじみの、平凡な家庭で暮らすイタリア出身の主婦フランチェスカと、写真家ロバートの恋の物語。

涼風さん演じるフランチェスカ、想像できないけれどーーーどんな仕上がりになるか、とっても楽しみです。