Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

映画『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』公開

https://i.ytimg.com/vi/NefrM__jM1E/hqdefault.jpg

世界最高峰、パリ・オペラ座バレエが、その伝統を継承する姿を舞台裏のドキュメンタリー映画パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』が7/22(土)から日本公開されています。

世界中バレエダンサーの頂点、そしてファンの愛を受け続けるバレエの殿堂、パリ・オペラ座。創立から356年。パリ・オペラ座”が最高峰であり続けたその秘密に迫ります。ダンサー個人の素質や才能はもちろんのこと、オペラ座の伝統を伝える、指導者の情熱に迫ったところが魅力的ですね。

http://madamefigaro.jp/upload-files/170518-paris-ballet-thum.jpg 

アニエス・ルティシュの指導姿も!エトワールのアマンディーヌ・アルビッソンとジョシュア・オファルトのメッセージが届いているようです。日本語劇場用パンフレットをプレス用に送付していただいたので、抜粋します。

f:id:kotorio:20170723165748p:plain アマンディーヌ・アルビッソン

1989年生まれ。1999年パリ・オペラ座学校入学、2006年にパリ・オペラ座入団。2014年、25歳でエトワールに任命。伸びやかな長身を生かして「白鳥の湖」オデット/オディール役など古典作品から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つ。

 ーーーパリ・オペラ座の伝統と魅力とは?

クラシック、現代問わず、演目そのものを受け継いでいくこと、ダンサーの実力そのものも含め、我々には、古典も現代作品も、同じく踊る使命があります。

オペラ座は世界一美しい場所。ここで仕事ができる自分は恵まれています。

ーーー未来のダンサーに伝えたいメッセージは。

踊りに情熱をもって…ハードですから。毎日休むことなく努力する覚悟が必要です。

https://res.cloudinary.com/opera-national-de-paris/image/upload/c_crop%2Ch_3840%2Cw_2560%2Cx_0%2Cy_0/c_fit%2Ch_435%2Cw_770/f_auto/v1/user_photos/xmttxf6qxyt7zqtitpuw ジョシュア・オファルト

1998年、パリ・オペラ座学校入学。2002年入団、2012年、エトワールに任命。ダンスウェアブランド「Hoffalt」を手がける。

ーーーエトワールとしての責任感と誇りとは?

自信を与えてくれる反面、感じ過ぎて負担になりすぎないようにしないと。宝石店のショーウィンドーに飾ってある旬の宝石がエトワールだとすれば、自らはパリ・オペラ座のそれだという意識でいます。

ーーー未来のダンサーへのメッセージ

可能性はいつもどこにでもある。僕自身、裕福でない家庭に生まれ、まさかパリ・オペラ座バレエ団の一員として世界中で踊る日が来るとは思っていませんでした。ダンスに限らず、情熱をもって打ち込めるものを見つけてほしい。

www.youtube.com

出演:マチュー・ガニオ/アニエス・ルテステュ/ウリヤーナ・ロパートキナ/オニール八菜/バンジャマン・ペッシュ/ウィリアム・フォーサイス

2016/フランス/86分/原題:BACKSTAGE

 7月22日土曜よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー