Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

ピナ・バウシュを読む その1「オルフェオとエウリディーチェ」

パリ・オペラ座ガルニエ宮で2018年ピナ・バウシュ振付「オルフェオとエウリディーチェ」上演が決定した。2008年、2013年シーズンでも上演されているこの作品を分析するとともに、改めて、ピナその人に近づいてみようと思う。シリーズ「ピナバウシュを読む」4回に分けてまとめた。

初演は1975年。1991年に26年ぶり再演。2005年のパリ・オペラ座初演が好評により、2008年の再演では仏国営放送で生中継された。(ピナが亡くなる前年)

ピナは、ギリシャ悲劇のオルフェオとエウリディーチェ、愛の神アモーレ、それぞれの登場人物に歌手(オルフェオにメゾソプラノ、エウリディーチェと愛の神にはソプラノ)をあてがった。声は「神話においての詩的物語」踊り手は「その物語の厚み」と役割を分担させ、この舞台を「オペラバレエ」と位置付けて全4部で構成している。

下記は2008年。踊り手が違うと別作品のよう。

www.youtube.com

第1場 哀しみ

高くリフトされ、宙に横たわった女性は、蛇に噛まれ死んだエウリディーチェ。枯れた大樹の舞台装置が、天井からの光に浮かび上がる舞台装置は効果的。黒い衣装の群舞ダンサーたちが合唱とともに嘆きを表現する。舞台奥手、壁際の高い位置に、血の気を失った純白の衣装の女性が。「霊界に行ってしまった妻を取り戻すためなら何でもする」と愛の神アモーレに誓うオルフェオ。

第2場 暴力
霊界に妻を捜しにやってきたオルフェオ。黒服の男性ダンサー象徴するところの死神に立ち向かう。小道具としては、椅子と、その脚に掛けられた糸が舞台を横切って張らる。照明の光と、それに合わせた白い衣装の女性ダンサーたちがどこか能や狂言をも思わせる水平の動きを見せる一方で、黒服男性群舞はひたすらジャンプを繰り返し躍動感を表す。女に代表される人間界への未練と苦悩、男が表す黄泉の国へと引き入れる死神。黒と白、静と動、生と死の対比。

第3場 平和
オルフェオがエウリディーチェを幸福の園で見いだす。「精霊の踊り」は女性陣による軽やかな舞。透明のついたて、手前に置かれた赤いヒナゲシの花、薄緑色のソファー。ダンサーの動く肉体がひとつの舞台装置として使用されたことも特徴的。再会する二人、愛の神と誓った約束。地上へ戻る場面は絵画的。

第4場 死
パステル的な明るさの3場から、灰色の壁だけの舞台となり、裸のオルフェオ、赤の衣装のエウリディーチェ、黒服の歌手と、何か不吉な色調がラストを予感させる。地上に着くまで振り返ってはいけないという誓いを知らないエウリディーチェ。自分を見てくれないことに悲嘆する妻にたまりかね、夫は振り向いてしまう。愛の神との約束を破ったその瞬間、赤の衣服の妻は床に崩れ落ちる。

オルフェオのアリア「エウリディーチェを失って」ピナはダンサーを一切動かさず、歌手を亡骸の前にかがみこませた。物語の最も重要なこの場面で、歌手がダンサーに代わって演じる。(観客ーー作曲家グルックの和声と一体となる効果)
重要な場面では、音楽と歌手を引き立てたピナの演出は作品そのものへの敬意がある。 オペラでは愛の神によってハッピーエンドになるが、ピナはそうせず、原作のギリシャ悲劇のままにした。

www.youtube.com

人は自らの愚かさで自滅する。ギリシャ悲劇の普遍的メッセージを歪めることなく「オペラバレエ」で表現したピナ。

ーー個人的にはパリオペラ座ダンサーの演ずるにふさわしい仕上がりと思う。

ピナ・バウシュを読む・その2へ続く