Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

シルヴィ・ギエムという生き方・その4

Danse

・引退公演「ライフ・イン・プログレス」

2011年初演のマッツ・エック振付「BYE」。ギエムが、1995年「スモーク」で仕事をしたエックに電話をかけ「引退前にもう一度一緒に仕事をしたい」と頼んだ。エックは15日間でこの作品を作りあげた。ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第32番ハ短調作品111」の第二楽章、ベートーヴェンが最後に作曲した楽章だ。トーマス・マンの『ファウストゥス博士』第八章で以下の記述がある。

「リズム的なコントラストの百の世界を通って行くこのテーマが、異様に高く発展して、遂には彼岸的あるいは抽象的と言ってよい、目も眩むばかりな高みに消えていく」

f:id:kotorio:20170212020022p:plain

舞台冒頭のギエムは、暗い緑色のカーディガンを着ている。どこからどう見ても中年女性。やがてカーディガン、革靴、ピンクの靴下を脱いでいき、曲が動き出す。まさに彼岸的な高みに達したムーブメントだ。

「どんな素晴らしい瞬間にも終わりは訪れる」BBCでギエムは語った。

「この作品の女性ーーたくさんの女性が出てきたように感じる人もいれば、ソロ作品と思う人もいるかもしれない。大人に成長することがなかった女性、人生の次のステージに行きたくないのに行かされる女性、有頂天で踊る少女、年齢という現実に直面する女性までーー振付家エックの言いたいことは明確だ・・・私の48年間が描かれたのだから」

「この作品を踊らずとも物事には終わりがある。キャリアにも、人生にも、ラブストーリーにも。が、それらを伝え、現実を直視するのにちょうど良かった。私たちは新しいことを始めなければならない・・・」

ラストは、中央の白黒のスクリーンに入り、名もなき群衆とともに舞台から去る。

・引退後の暮らしーー「リベラシオン」紙によれば。

「11歳以降、ダンサー人生しか知らないのだから引退後は当然大きな空虚感に襲われるだろう。その空虚を埋められるかなどわからない。一つ言えるのは、自分に何が起こるのかに興味はあるし、好奇心は持っていたいということだけ」

バーで身体を維持するこれまでの基礎レッスンは引退後の今も続けている。陶芸もしたいし、自然保護活動も一層力をいれたい。今後ダンサーの指導やバレエ団を率いるなどのことには一切興味がないという。

キャリアを振り返って一つ後悔がある。フィガロ紙に「振付家ピナ・バウシュと仕事がしたかった」と語っているのだ。

「ピナ・バウシュと一緒に仕事をしなかったのを非常に後悔した。彼女はダンサーのなかに眠っているものを開花させる方法を知っている。要求の多い人だから、それが不安で彼女の所に行けなかった。彼女がもし私のなかにクラシックのダンサーしか見出さないとしたら。不安だった」

f:id:kotorio:20170212020133p:plain 引退後に処分しなければならないのは、これまで保管してきた公演のトウシューズ。「25年前から全てのトウを保管してきた。幾つかは大切な人にあげたが、引退後これらを燃やすことから始まるかも」

振付家マッツ・エックに「青い炎」と呼ばれたギエム。冷静で情熱的な炎。

フランスラジオ「フランスアンテール」ではギエムはこう受け答えしていた。

ーーー(インタビュアー)「モーリス・ベジャールはギエムはすべてを持っているダンサーだと言った。技術も能力もあり、クラシックからモダンまでこなし、厳格であると同時に自由だ。あなたにもし足りなかったものがあるとすれば?」

ギエム「・・・時間、でしょうか・・・」

ライフ・イン・プログレス、人生は続く。