Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

その真実は、何の名において

f:id:kotorio:20161206215111p:plain Le nom de la véritéーー

頬を切るような風、泣きたいほどに晴れた午後。ふと須賀敦子さんを、彼女の悲しみと孤独を、想う。イタリアへ向かった理由が、分かる気がする。

厳格な規律の中に身を置くことが好きだ。その中でこそ、人は自分の畑を耕せる。

何か崇高なもの、うつくしいもの、届かないものに向かって、手を伸ばしたい。

今、一番必要なのはもとの信念に立ち返るということ。人の成し得る究極の、緊張した意志の連続の中に、あり続けたい。