Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

2016年2月作品のラスト

第3週から参加したため、僅か振り付け2回にして作品完成の日を迎えてしまった。

ビデオを見てイメトレして行ったし、昨日は卵4個に抑えていたから胃も重くなく、身体は動きそう。(といっても去年の今頃は1日卵一個、あるいは半個だったから、その4倍は摂取している。これもいつまで続くか)

昨年2月のビデオを見直して、あれが自分の最高傑作だと思っていたけど、その2ヶ月後の4月作品の方が意外にもいい動きをしていたことに今更気づいた。時間をおいて、客観的に見ると違うものなんだな。ましてや客席からなど。

今週、ずっと仏語をほっぽり出して、ある作業に取り組んでいたせいか、ダンス、ダンスと始終思いつめたり、意気込みが空回りしたりするようなことはなかった。どこか諦めの境地なんだろうか。細く長く続けるなら一人熱くてもしょうがない、これぐらいの方がいいのかな。

ここのところ「この夏にNYのBDC(ブロードウエイダンスセンター)行きたい」などと大それたことを考えていた。せめて学校が休みになる3週間だけでも。このままいつまでも「パリにい続けるのか、NYへ行くべきか」とだらだら悩んでいても仕方ないし、かといっていきなり「全荷物持って引っ越し」も無鉄砲。本当にそうするべきなのかそうでないのか、下見に行って来れば。

1)レベルの高さを感じて諦めもつく。もう二度とNY行きたいなんて思わない 

2)これ以上パリにい続けても仕方がないと開眼、確信する。

・・・と思うかは、行ってみなければわからない。その結果、仮にパリにい続けるとしても、NYに逃げる言い訳がなくなったわけだから、どちらにしても、その判断は、自分にいい結果をもたらすと信じることができる。

となれば、航空券、安いバックパッカー宿なんかもしらべて、今のうちから押さえて、資金調達もしておかねば・・・と思うのだが、その前に、私はフランス滞在のビザ延長申請と、7月以降のパリでの住処を探さなければならない、という「二大課題」を片付けなければいけない状況。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて本日のレッスン。これまで使っていたダンスパンツがボロボロだったので、水曜に新しいレペットを買った。ノーブランドでもうちょい安いのもあったけど、それを2枚買うぐらいなら、良質で気に入ったモデルを1枚持ってたほうが。上下黒にしとくとどうにか20キロレベルで太ってしまったのが(遠目では→)隠せる・・・気がする。

作品は無事振り付けが完成。最後にビデオ取りですが、ポジションがどうも。まあ9ヶ月休んでいた自分が言えるものではない。諸所思うところはあるが。

全部で4回撮影がありましたが

1回目・・・ちょっと緊張。間違えてはいない。でももっと大きく動けた気もする。

2回目・・・C'est mieux(よりベター)。これが一番だったか。

3回目・・・「終わったー」と思って気を抜いて、何でもないとこで間違えた!

4回目・・・汗だく。間違えないように、間違えないように、と慎重な踊り。

ーーー何か己の人生のタイプを思わせるような4回のテイクぶり。全体がまとまってたのは2回目だと思うんだけれど、どれを先生が選ぶかは、お楽しみ。

f:id:kotorio:20160228032031p:plain

後半hip-hopになって、左臀部から太もも裏にかけて「筋」が痛い。筋肉でも、肉離れとも明らかに違うこのイヤな感じ。原因はわかってる、多分これ、さっきレッスン前のストレッチのしすぎだ。

もともと股関節は柔らかいが9ヶ月も使っていなければ以前と同じストレッチをいきなりすること自体に無理がある。ここ2週間ぐらいサウナの中でストレッチしてたし、大丈夫と過信したのが間違いの元。バーを使って180度開こうとするも、惜しい、まだ170度ぐらいじゃ?と思って、ぎゅうぎゅうやったのがまずかった。10代の部活動じゃないんだから。もともと左脚だけが開きやすく、ターンの軸も左のみしっかりしている。右は弱い。両膝とも(太って)痛いし、昔から脚の故障は抱えているけど左側に負担がかかっているようだ。時々サポーターも左につける。ということを忘れていたんです。

右はもともと弱いから控えめにしたものの、左はいつもの調子でやりすぎてしまった。これだよ、原因は。プチっとか音を聞いたわけではないので、切れたということはまずない、切れてたら痛くて踊るどころじゃない。でも臀部からピキピキするこの異様な感じ。

膝と左腿裏のその変な痛みをかばって後半踊っていたからか、帰って来た今、腰が痛い。でも2014年の夏はもっと重症だったし歩けなかったほどの怪我をしてたので、あれに比べりゃまだかすり傷程度。人間、痛みにも強くなるもんだなあなどと変な感心をしたりして。

この2ヶ月のうちに20キロ落とせるかなー。

最近ずっとパスタで過食してたけど、昨日から卵に切り替えて糖質制限。糖質(炭水化物)って、口にしちゃうと「もっと、もっと!」って体が要求するから、一切断つ、というストイックな方法でしか、痩せられない。ましてや20キロの増減を繰り返してる私には、単に炭水化物を取らないだけじゃ、1mgもへらない。

 ちょっと踊ったぐらいで、「満身創痍」的な本日の私ですがーーー。

BDCの先生たちの個人ビデオを寝る前にかたっぱしから見てただけあって、今の自分たちのダンスのしょーもなさ(お遊戯会)・・・をひしひし感じていた。このままこの中にいて堕落しては、いけない・・・って思ってたけど、出ただけでこのザマだ。こうして人は遅かれ早かれ自分のレベル、才能の限界を知る。NYは遠い絵空事だと、自分の能力に見切りをつけ、有頂天にならず、いい時も、ダメな時も、「中庸」を目指して細く長く続けることが、年相応の落ち着きどころなのかもしれないーーー

だが、だが、それでいいのか・・・?自分・・・。