Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

少なくともダンスについて語り続けること その(3)

そのための、2本柱を考えた。減量と、少なくともダンスを続け自身の言葉でダンスについて語り続けること、この2つだ。

固形物を一切取らない生活=ノーマル、という私の元の生活をカミングアウトして、平然と、悠々と、胸を張って生きなおすこと。

f:id:kotorio:20160115052614p:plain

ダンス再開への準備・少しずつ、始めること、語り続けること

パリのダンススタジオ事情を2016年1月現在、おさらいしてみました。すると、結構あるじゃない、道場破りしていなかったところが。

以前はパリの2大スタジオ(Centre de Danse du Marais とStudio Harmonic)のことばかりかいていました。(でどちらにも幻滅した)

ところが、私が通っていなかったしばらくの間で、ハーモニーのほうはずいぶんプログラムも講師も変更になって、再考察してみる必要がある。ロンドンやNY、ロスに飛び回っていた愛しのヤニスは今いずこ?

Studio Harmonic, studio et école de danse à Paris Bastille -

ヤニス公式サイトみてみたらリニューアルされており、相変わらず、イタリア、フランスの地方、メキシコ、スペインと、とんでもなく多忙なありえないスケジュールで世界を回っています。

Yanis Marshall  

https://www.facebook.com/YanisMarshallOfficial/timeline

ロスでの活躍、シルクドソレイユで振り付けまでしていたのには参りました。良かったね。まあヤニスくんのことは置いといて、しばらくパリでまだ行っていないスタジオや、新設スタジオ、バーオーソルなど初心者向けのクラスから、ストリートジャズがばりばりできるNY準備コース(勝手に命名)まで、諦めずに少しずつネットで探しては、見学や体験に行ってここでレポートしてみようと思います。

そう、全ては少なくとも、ダンスについて、諦めないこと、探し続け、求め続けること、少なくとも、語り続けること。そのための場所として、私はこのブログを続けていこうと思います。