Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

2015 年12月〜2016年1月パリオペラ座公演

今月から来月にかけての、パリ・オペラ座の公演案内です。

www.operadeparis.fr

Ballet de l’Opéra national de Paris 

パリ・オペラ座バレエ団
☆Rudolf Noureevルドルフ・ヌレエフ振付『La Bayadère』『ラ・バヤデール』
音 楽 ルドヴィッヒ・ミンスク (編曲 ジョン・ランチベリー)
台 本 マリウス・プティパ、セルゲイ・クデコフ
振付・演出 ヌドルフ・ヌレエフ(1992年)
原振付 マリウス・プティパ
装 置 エジオ・フリジェリオ
衣 装 フランカ・スカルチアピーノ
照 明 ヴィニチオ・ケリ
ファイサル・カウイ指揮 コロンヌ管弦楽団
公演日 12月10、12、14、16、18、19、21、22、24、26、28、30、31日=19時30分開演

☆Christopher Wheeldon クリストファー・ウィールドン振付『Polyphonia』『ポリフォニア』/
Wayne McGregor ウエイン・マクレガー振付『Alea Sands』(新作世界初演)/
Pina Bausch ピナ・バウシュ振付『Le Sacre du printemps』『春の祭典』(ピエール・ブーレーズへのオマージュ)
『ポリフォニア』
音 楽 ジェルジュ・リゲッティ(ピアノ曲)
振 付 クリストファー・ウィールドン
衣 装 ホリー・ハインズ
照 明 マーク・スタンリー
『Alea Sands』(世界初演)
音 楽 ピエール・ブーレーズ ヴァイオリンとライヴ・エレクトロニクスのための『アンテーム2』
振 付 ウエイン・マクレガー
装 置 ハローン・ミルザ
照 明 リュシー・カーター
ヴァイオリン独奏 ミカエル・バレンボイム(12月14、15、21、22、23、25、30日)、ヘ=スン・カン(12月16、17、18、19、24、31日)
『春の祭典』
音 楽 イゴール・ストラヴィンスキー
振 付 ピナ・バウシュ
装 置 ロルフ・ボルジック
ヴェロ・ペーン指揮 パリ国立オペラ座管弦楽団
公演日 
12月19日=20時開演、12月14、15、16、17、18、21、22、23、24、25、30、31日=19時30分開演
会 場 ガルニエ宮

 

本日12月14日(月)19時半公演のウィールドン・マクレガー・バウシュ3つ、観てきますね。どうしてもバウシュの「春の祭典」見たかったので、さっき劇場窓口行ってチケット取ってきました。

やっぱり、ダンス熱、再開です。減量も、勉強も、ダンス「観戦」も、評論も、、、

皆様、しばらくお付き合いください(笑)。

2週間後の月曜に、もう一方の古典、ラ・バヤデールのチケットの一番安い席をゲットしました。出演者はまだわかりません。

取り急ぎ、今夜の予習。バニラ紅茶で空腹を紛らわせてから後少しで出発します。

www.youtube.com

『春の祭典』ピナ・バウシュ ーーー今夜の感想、お楽しみに!