Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリのノエル 25日「手放すこと」

 いろんなものを手放したことで、新しい風が吹き始めた。

 この寒空のパリで。チャレンジし続けあきらめなかったら、ペールノエル(サンタさん)が笑いかけてくれた。

 本当はもっと素敵なノエルにしたかったけど、寂しさなんて何処にいたって同じ、人が胸のうちに一生抱えていくものだ。思いがけないチャンスから、人生が新たな方向に舵をとろうとしている。わたしはその風を、帆を広げて、思いっきり、受け止めるだけでいいんだ、と気づいた。

 風が吹かないから帆をおろさなくて、よかった。

 雨の日も、マストを上げ続けていて、よかった。

まだまだこれからもそんなたくさんの日々が訪れますように。Joyeux Noél!!!