Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

今朝のレッスン

Cours de danse

今朝は雲が切れて青空が見えている。落ち葉も枯葉も「晩秋」を思わせるムードたっぷりの光さえ差し込む朝。泡立ちネスカフェのインスタント珈琲を一杯飲んで、昨夜の振付の動画映像を見る。先週直そうと思っていた2箇所がちゃんとよくなっている。その点に関しては満足。ところが他、撮影の時に一か所、新しく付け加えたところの振りが思い出せなくて、私、1秒遅れた。残念。全然難しいところじゃないのに。

 今朝のレッスンは、始まる前にみんなとフランス語でおしゃべりしてた。なんか、このクラスもいい雰囲気になってきたな。先週は、せっかく教師が信頼して、私に「次何だっけ?」って訊いてくれたのに、私、即座にそのフランス語が理解できなくて、しかも振りも思い出せなくて、思いっきり教師をがっかりさせてしまった。

 今日は最後に先生が抜けて、後ろに回ってみんなの完成ぶりを見てた。もう4週目に入ったので。

 「これ最後(デルニエ・フォワ)」と、センターの私にまかされて、教師抜きで踊っていたら、最後に付け加えた振りの部分、カウントが音楽とずれて合わなくなってしまい、ふと一瞬、私が立ち往生してしまった。全員そこで止まる(笑)センターで踊っていながら、しかもみんな私を見ているんだ。。。

教師「ええっと、次、火曜夜来れる?」私「ハイ」 教師「君がくるんだったら、新しい振り試そうと思っているから。いい?」