Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

せめて感じないことだけが

身体は『生存信号』をもっていて、そこが意識的にon / offの切り替えをしているのかも。「これ以上感情を感じたら生命の危険だからこれ以上感じないよう遮断してしまおう」と。

感情が「生命の危険」レベルだから、感じないようブロックしてしまおうという発想自体、もう既に100%感情人間の証。

 もう長いこと、人間を忘れきっている。とりかからねばならないことだらけのような気もするし、何もできない気もする。