Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

タフでなければ――

Si je n'étais pas dur, je ne serais pas à la dance.

Si je ne pouvais jamais être tendre,je ne serais pas digne d'être à la dance.

タフでなければ踊れない。優しくなければ踊る資格が無い――

今週のお題「運動会とスポーツの秋」

今朝は前列センターに行こうと思っていたのに出そびれて結局一番後ろ。

クラスごと雰囲気が全く違うのだけれど、日曜朝が最悪。ああ、教師の隣で踊りたい、誰にも邪魔されずに、今この一瞬を、あの先生と踊りたい、と思った。

曲がクールで、それを聴くと昔のバックストリートボーイズみたいで(笑)踊りながら、涙がぐっと溢れそうになる。

 かなわないぐらいの相手に打ちのめされて諦めるのならそれも納得できるが。

 時間がぼろぼろこぼれ落ちて。