Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

Le ballet de l'Opéra de Paris

ドキュメンタリー映画『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』7月日本公開

パリ・オペラ座バレエ団の舞台裏と伝統の受け継ぐダンサーたちの姿を描き出したドキュメンタリー映画、『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』。東京「Bunkamura ル・シネマ」での公開が7月22日(土)とのことです。公式サイトはこちらから。 backstage-movie.jp…

パリオペラ座&英国ロイヤル 夢の共演<バレエ・スプリーム>

2017年夏、バレエ界最高峰の二大カンパニー、パリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤル・バレエ団の精鋭スターたちが日本で一堂に会するという夢の舞台が初めて実現するそうです。名付けて『オペラ座&ロイヤル夢の共演〈バレエ・スプリーム〉』。この記事を書…

ピナ・バウシュを読む その2 Orphée et Eurydice - Pina Bausch 

www.youtube.com ピナと一緒に仕事をした振付家の証言。 「誰でもあきらめたこと、手放したものがある。一方でどうしても捨てられないものもある。戦争、災害、生き延びたばかりに、死ねなかったことを一生悔やみながら残りの生を生きざるを得なくなってしま…

ピナ・バウシュを読む その1「オルフェオとエウリディーチェ」

パリ・オペラ座ガルニエ宮で2018年ピナ・バウシュ振付「オルフェオとエウリディーチェ」上演が決定した。2008年、2013年シーズンでも上演されているこの作品を分析するとともに、改めて、ピナその人に近づいてみようと思う。シリーズ「ピナバウシュを読む」…

ジェルマン・ルーヴェ、パリ・オペラ座バレエのエトワールに任命

昨年末のことになりますが、12月28日パリ・オペラ座「白鳥の湖」公演後、ジェルマン・ルーヴェが、パリ・オペラ座の総裁ステファン・リスネールによってエトワールに任命されました。瞬間の映像、何度見ても胸に込み上げてくるものがあります。 www.dailymot…

詩篇交響曲 イリ・キリアン Symphony of PsalmsーJiri KYLYAN

キリアンは、意外にもオーレリー・デュポンが監督として最初に選んだ作品となった。前ミルピエ監督は「バランシン、ロビンズなどアメリカ趣味を2年もの間オペラ座にもたらした、私はオペラ座の正当な歴史に回帰する」と述べたデュポンの意思、方向性が強く…

ローマ歌劇場バレエ団ーこうもり パリシャンゼリゼ劇場

パリオペラ座のエトワール、エレオノーラ・アバニャートが舞踊監督を兼任するローマ歌劇場バレエ。パリ・シャンゼリゼ歌劇場で1月にオペラ「こうもり」が公演されました。フィガロ、フィナンシャル・タイムズ紙を始め、多くの文芸欄で好意的に取り上げられ…

レオノール・ボーラックのエトワール昇進

年末「白鳥の湖」で12月28日にジェルマン・ルーヴェ、大晦日の最終公演でレオノール・ボーラックがエトワールに任命されました。ルーヴェはオーレリー・デュポン監督就任後、初の新任エトワール昇格者。下はレオノールさんの任命時の動画2分で、オペラ座サ…

パリオペ2018ー19 デュポンのインタビュー後半

階級システムと昇進コンクールを変える意向はーー 「ない。階級はダンサーを守るもの、現代作品では階級は存在しない。振付家は学校を卒業したばかりの16歳を、引退を控えた40歳のダンサー同様に抜擢もできるが。一方で、古典では、16歳で「眠れる森の美女」…

パリ・オペラ座バレエ 2017/18シーズン発表

パリ・オペラ座2017/18シーズン発表 ガラ(デフィレ、ハンス・ファン・マネン「3つのグノシェンヌ」シディ・ラルビ・シェルカウイ「牧神」バランシン「ダイヤモンド」)9月21日 ガルニエジュエルズ(ジョージ・バランシン)2017年9月24日ー10月12日 ガルニエ…

2017パリオペラ座バレエ公演案内

2017パリオペラ座バレエ公演案内 先月のクリスマス公演を終えてオペラ座バレエ団はレッスン期間に入っている模様ですね。1月は公演はありません。2月、3月と現代ものが続きます。マクレガーは全く趣味ではないので見にいきません。「真夏の夜の夢」は新た…

白鳥の湖2016

知性と知性がぶつかり合う場所、本当に、世界の高みを目指して。 ーーー心で歌って陽気に過ごすことにしよう。 この時間まさにパリオペラ座でやっている(完売でチケット取れず)美しく悲しきチャイコフスキーの「白鳥の湖」 www.youtube.com

seul vol 孤独な飛翔

seul volーーー 現代もののイリ・キリアン作品、エトワールであるAlice Renavandのインタビューが興味深く、彼らがこの作品との修練の中で、各々の価値観をひとたび崩壊し、再構築させた過程にこそ私は興味がある。ダンサー達はおそらく身体で知っている、何…

Josua Hoffalt ジョシュア・オファルトとの対話

Live-chat avec Josua Hoffalt - Opéra national de Paris パリオペラ座バレエ団が公式に、本日、白鳥の湖に出演中のエトワール、ジョシュア・オファルト(2012年3月7日エトワール任命)とのライブチャット・デーをもうけ、サイト上で逐次公開しています。…

le lac des cygnes 白鳥の湖2016パリオペラ座

先週から開幕したパリオペラ座の年末プログラム。今年のガルニエ宮での古典は白鳥、バスティーユでの現代ものはキリアンの2本立てです。出演者の振り分けが気になるところ。 加えて先週末、今週末にはパリオペラ座バレエ学校の生徒による発表会が同劇場で行…

Ludmila Pagliero

Ludmila Pagliero リュドミラ・パリエロさん アルゼンチン出身。2012年3月22日、28歳の時「ラ・バヤデール」でエトワール任命。 チリのサンチャゴ・バレエ団でソリストを経て、2003年にオペラ座バレエ団に入団。4年後にスジェ、早くから将来を期待されてい…

Myriam Ould-Braham

Myriam Ould-Brahamミリアム・ウルド= ブラームさん 2012年6月18日、ラ・フィーユ・マルガリデのあとエトワール任命。椿姫、マノン、ジゼルなど古典の基礎がしっかりとしている一方で、2007年以降はバランシン、マクレガー、ジョン・クランコなど現代物も踊…

Laura Hecquet

Laura Hecquet ローラ・ヘックキットさん 2015年3月23日の白鳥の湖にてエトワール任命。日本では殆ど知られていませんね。1984年4月8日生まれの32歳。フランスの北部出身で6歳でダンスを始め、2000年オペラ座入団、2005年コリフェ、2015年プルミエダンスー…

Amandine Albisson

Amandine Albisson アマンディーヌ・アルビッソン 2014年3月5日「オネーギン」によりエトワール就任。 99年オペラ座学校入り、2009年コリフェ、2010年スジェ、2014年プルミエに上がったばかりでした。ブリジット・ルフェーブル監督が彼女を気に入っていて、…

Eleonora Abbagnato

Eleonora Abbagnato エレオノーラ・アバニャート、イタリア出身。2013年3月27日、ローラン・プティの「カルメン」公演のちエトワール任命。フォーサイスなどコンテンポラリーを得意とする。 故郷パレルモで幼少よりダンスを始め、モンテカルロ、カンヌのア…

Émilie Cozette

Émilie Cozette パリオペラ座のエトワールたちをフランス語のオペラ座公式サイトに基づいて紹介するページを作ろうとふと思いたちました。第一回はエミリーコゼットちゃん。 2007年5月5日「シンデレラ」公演のちエトワール任命。1分半のビデオでは、彼女に…

イリ・キリアン「Symphonie de psaumes」

キリアン作品で今期より新たにレパートリー入りするのが「Symphonie de psaumes(詩篇交響曲)」。11月末から来月にかけて、古典作品「白鳥の湖」と並行して行われるため、出演予定者の事前チェックが必要。時に大穴があります。エトワールではエオノーラ、…

パリオペラ座2016年シーズン第一弾

2016ー2017シーズン・パリオペ作品を記録していく。下記4作品にて幕開け。 « In Creases » Justin PECK,『イン・クリーシズ』ジャスティン・ペック « Blake Works I » William FORSYTHE,『ブレイクワークスI』フォーサイス « The Seasons’ Canon » Crystal …