Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

LA ROSE DE VERSAILLES

番外編・極秘公開「ベルばら100の質問」

2016年の2月14日から3月14日頃までの1ヶ月間、確かフランス語版ベルバラのDVDをゲットしたんです。フランス版のタイトルが「レディー・オスカル」(笑)フランス語吹き替えと、日本語音声仏語字幕があったので、語学の勉強になるわ、と思って、一ヶ月…

アニばら仏語字幕第2話 Vole, papillon Autrichien

Je dois accueillir Marie-Antoinette sur les bords du Rhin aujourd'hui. C'est ma 1re mission de capitaine. --Oscar! ---Une substitution? --Il paraît qu'on veut enlever Marie-Antoinette. Tu te de la protéger à tout prix. En cas d'urgence, me…

アニばら仏語字幕第2話 Vole, papillon Autrichien

Je dois accueillir Marie-Antoinette sur les bords du Rhin aujourd'hui. C'est ma 1re mission de capitaine. --Oscar! ---Une substitution? --Il paraît qu'on veut enlever Marie-Antoinette. Tu te de la protéger à tout prix. En cas d'urgence, me…

Pour l'entracte…ベルばら100の質問

ベルばらファンサイト「文句があるならベルサイユにいらっしゃい!」(えりりん様)よりお借りしました。 1.HN roseversaille 2.HNの由来 他にも色々試しましたがほぼ使われていて可能だったのがこれ。 3.ファン歴 23年 4.ベルばらを知ったきっかけ 中学の頃…

アニばら仏語字幕第1話 Oscar ! Le destin d'une rose

Un garçon! cette foie, un garçon! Ne me dites pas pue... Si, voyez vous-même, c'est une belle petit fille. Un général de la garde protège le roi dirige des armées! Il n'a que faire d'une fille! Que voulez-vous... C'est décidé! Tu seras un …

第40話  さようならわが愛しのオスカル  Adieu mon aimée Oscar

英語版タイトルは「Adieu, my beloved Oscar」です。こればっかりは英語版より仏語の方が響きが素敵だーー。 いよいよ最終回です。オスカル死後はぶっ飛びの「アニメオルジナル」のエピソードで独走(独創)しています。 「発射角45度、狙いは・・・」のシー…

アニばらテーマソング仏英対訳

オープニングテーマ (英)Flowers without names, blooming in the field... ...can just sway in the wind. But I was born with a destiny of roses Born to live in glory and passion. Roses,roses They bloom in dignity. Roses,roses They scatter in…

星になるふたりーー C'est toi

アニばらサウンドトラックの5曲目に、えっらく80年代チックな、ノリノリサウンドの曲が入っているの、皆さんご存知ですよね。 サウンドトラックにはこの曲を含め、他にもいくつか使用されていない曲が入っています。 従って「挿入曲」でなく実際には「イメ…

アニばら第39話あの微笑はもう還らない!  Son sourire ne reviendra jamais

英語版タイトルは「His smile is forever gone!」です。永遠にいってしまった、ですね。仏語は「二度と(決して)かえってこない」という表現になっています。 37話、38話で、文章的には早くも燃え尽きた感のある当ブログ・・・。お前が耐えた苦しみなら私…

アニばら第38話運命の扉の前で Aux portes du destin

英語版タイトルは「In the front of the door of destiny」です。 画面は白い馬ーーから、オスカル様を映し出し、やがて並んで走る(アンドレが少しだけ先立って)二人の横シーンから。僅か数時間(数十分?)前の二人の契りの場面が再び。「二人の魂は、長…

アニばら第37話熱き誓いの夜に La nuit du serment solennel

英語版タイトルは「On the night of passionate vows」7月12日から13日未明までの出来事です。 12日、アンドレ、宿舎のベッドで日記をつけるシーンから。彼のナレーション(独白)という形をとって、明るい未来とほぼ対極にある現状を淡々と語らせる。って…

アニばら第36話 合言葉は"サヨナラ"  Adieu est un mot d'amour

英語版タイトルは「The watchword is "Au revoir"」。が、仏語版タイトル!思いっきし勘違いしてますよ。 直訳すると「愛の言葉はadieu」。「合言葉」は仏語では本来「mot d'ordre」、ここでは「あいことば=愛言葉」で「愛情の言葉=mot d'amour」となって…

アニばら第34話今"テニス・コートの誓い" Le serment du jeu de paume

英語版タイトルは「Now, the tennis court oath」です。1789年6月20日、歴史的に有名なテニスコートの誓い。 一言で言うと、虐げられた民衆がその力をますます集結させる。オスカル様の反逆がついに行動として現れる回です。 会議は大荒れ、それを表すかの…

アニばら第35話オスカル、今、巣離れの時 Oscar, vole de tes propres ailes

英語版タイトルは「Oscar, now is the time to flee the nest」です。突然ですが、本日、2015年12月発売の「lady oscar edition ultimate」DVD8枚セットが届きました。100ユーロちょいの愛蔵版なのでお得。しかもオリジナル言語(日本語)・フランス語吹き…

アニばら第32話嵐のプレリュード Prélude à la tempête

英語版タイトルは「The prelude to the storm」です。この回は細かいエピソードがちりばめられており、一話で凝縮させてしまったのが惜しいぐらい。もともと50話で脚本が用意されていたものの、事情で40回に短縮せざるを得なかったとか。そのため後半が駆け…

アニばら第33話たそがれに弔鐘は鳴る Une cloche sonne au crépuscule

英語版タイトルは「A funeral bell tolls in the twilight」です。ついにベルばらファンにとってのこの4つの数字が揃ってしまいました・・・ 1789。つ、ついに来ちゃったよ1789年・・・という感じです。早い、早すぎる・・・。オスカル様の命尽きるまで、あ…

アニばら第30話お前は光俺は影 Tu es la lumière, je suis l'ombre

英語版タイトルは「You are the light, I am the shadow」なんですが、タイトルままに二人の仲がなんらかの進展、あるいは改善されたかというとそうでもない。アニばらファンの中には今回のテーマを「親子愛」とする傾向もあるようですが、私はアンチ派です…

アニばら第31話兵営に咲くリラの花 La fleur des lilas pousse dans les casernes

英語版タイトルは「Lilac Blooming in the barracks」ですが、このタイトルからこの内容とは。リラの花、ことディアンヌちゃんは最初の数分登場しただけでストーリー本体には全く絡みません。それともブラビリ事件のとき、アンンドレ「バラはライラック(=…

アニばら第27話 たとえ光を失うとも… Même si je perds la vue

英語版タイトルは「if I lose the light」で原文まま。 仏語版だと光ではなく「視力を」失うという表現になっています。フランス語で光=lumièreですから。対して英語の「視力」はSightになるのかなと。いずれにせよ、日本語タイトル、いいですね。萌えます。…

アニばら第28話アンドレ青いレモン André l'immature

英語版タイトルは「Andre, a Green lemon」です。さあついにやってきました、禁断のR−18指定、ここからは大人の世界です。全40話中、最も有名なタイトルです。 「青いレモン」とは一体どういう意味なのか?一応日本語で「ア」ンドレ「あ」おいレモンと韻を…

アニばら第29話歩き始めた人形 Une poupée qui apprend à marcher

英語版タイトルは「A Marionette starting to walk」人形=マリオネット、より仏語のプペ、は可愛らしい響き。英語版が直訳なのに対し、仏語版は「歩くことを学ぶ人形」という表現になっており、人形は女性名詞です。 ここから物語は否応なしに後期へ。舞台…

アニばら第25話 かた恋のメヌエット Le menuet d'un premier amour

英語版タイトルは「Minuet of unrequited love」。Unrequitedは、英仏とも「報われない」、英語で「片想い」はunrequited love。フランス語ではamour Unrequitedだろうと予想は外れ、premier amour、初恋の、になっています。まあ初恋は実らないものですから…

第26話 黒い騎士に会いたい! Je veux rencontrer le chevalier noir

英語版タイトルは「I want tot see the black knight!」です。1787年冬ごろ?オスカル様32歳です。前話が30歳でしたから、アニメではこの間2年近くの時が流れてしまっていることになります。原作ではフェルゼン帰還と黒い騎士が同時進行でした。そう考える…

アニばら第24話アデュウわたしの青春 Adieu ma jeunesse

英語版タイトルは「Adieu, my youth」です。1786年、オスカル様30歳。 この回はロザリーとの別れと、ジャンヌ討ちのお話。デュバリー夫人の最後にオスカル様が見せたお人柄がまたも偲ばれ、原作を超えて良くできたラストに仕上がりました。そしてこの回のラ…

アニばら第21話黒ばらは夜ひらく  Les roses noires éclosent la nuit

英語版は「The black rose blooms at night」です。 前回20話で放心しきって、人によっては登校拒否・出社拒否に及び、魂抜けてしまった後の回です。どのエピソードを持ってくるのか悩みどころですが、ちゃんとこの人が登板の機会を狙って控えておりました。…

アニばら第22話首飾りは不吉な輝き Le collier au sinistre éclat

英語版タイトルは「The necklace shines ominously」です。 今回は時代が飛びますので、先にまとめておきましょう。 前半は1781年、オスカル様25歳。フェルゼンがいなくなって3年の月日が流れています。 後半は1783年、オスカル様27歳。アメリカ独立戦争が…

アニばら第23話ずる賢くてたくましく!  Forte et rusée !

英語版タイトルは「Cunning and tough!」です。 今回も先に時系列をまとめておきましょう。 前半1785年8月15日、オスカル様29歳、 後半1786年5月31日、首飾り事件判決、オスカル様30歳です。 オスカル様もついに三十路になっちゃいました。花の20代を、か…

アニばら第16話母、その人の名は…? Mère, quel est ton nom ?

英語版は「Mother, her name is.......?」です。 このあたりのお話はまだ革命とも関係ありませんし、特に物語を「前後半」に分けた場合、前半の宮廷内での騒動のうちの一コマです。 さくさく行きましょー。 はい、出だしから「こっ、この曲は!」の驚きです…

アニばら第17話今めぐり逢いの時 À présent, le temps des rencontres

英語版は「Now, the time of encounter」です。 誰と誰が巡り合いなのかと申しますと、当然ロザリーと宿敵・母を轢き殺したにっくき仇とのことなんですが、 ラストにはもう一つの「めぐり逢い」も、ドッキリカメラの如く用意されています。 冒頭、赤バラと白…

アニばら第18話突然イカルスのように Soudain comme Icare

英語版タイトルは「Suddenly,like Icarus」 イカルスはラテン語読みですな。でもどうして、イカルス=突然 なんでしょう。 ギリシャ神話のイカルスは、ロウで作った羽で太陽に近づきすぎちゃって墜落しちゃった過信男のことですよね? 教養不足のわたくし、…

アニばら第19話さよなら、妹よ!  Adieu, petite sœur !

英語版タイトルは「Farewell, My sister」です。1778年、オスカル様22歳ということが前回のフェルゼンとの会話から推測されます。(18歳の4年後) さて今回から晴れて、出崎新監督の担当です。まず作画が目に見えて変わります。オスカル様はぐっと美しく、…

アニばら第20話フェルゼン名残りの輪舞  Le bal d'adieu de Fersen

英語版は「Fersen, a Ferewell Rondeau」です。 物語が折り返し地点を迎えたこの第20話、ロンド(3拍子)というよりカルテット(4重奏)ともいうべき、 主役格4人の、愛と怒涛の物語となっています。ここからはR-18指定です。もう誰にも止められない、ノ…

アニばら第13話アラスの風よ、応えて…Vent d'Arras ! Réponds-moi !

英語版タイトルは「The wind of Allas, please respond」です。英語版が「答えてください」フランス語版は「私に答えて」というまあ取るに足らない違いはありますが。 今回は「ナレーション賞」です。そしてここまでを担当された長浜監督の最終話でもありま…

アニばら第14話天使の秘密 Le secret de l'ange

ここからアニばら「中期」の設定に入らせていただきます。19話までは監督不在。 そのためか、当たり障りのない、原作にわりと忠実な脚本となっているような気がします。 英語版タイトルは「The Angel secret」毎度わかりやすくていいのですが、なぜ'sが付い…

アニばら第15話カジノの伯爵夫人 La comtesse du casino

英語版タイトルは「The countess of casino」 今話は「ニセ懐妊騒動」です。この回ほどつまらなく、許せないものはありません。 ポリニャックにそそのかされたアントワネットのニセ懐妊エピソードはアニメオリジナルでございます。 ただ、作画がこの辺りから…

アニばら第12話 決闘の朝オスカルは…? Le matin du duel, Oscar… ?

英語版タイトルは 「Oscar at the Duel at dawn」dawnは英語で明け方とか夜明け、という意味ですね。at が続くのがあまりきれいではないような…。仏語版は日本語直訳といった感じです。 時期としては1776年ごろ、オスカル様20歳ぐらいの設定。当時フランスに…

アニばら第7話 愛の手紙は誰の手で Qui a écrit la lettre d'amour ?

英語版タイトルは「who wrote the love letter?」です。時制と冠詞が簡単でいいですね。 今回はいよいよ、北欧のプレイボーイ、もとい貴公子、フェルゼンとの運命の出会い?ってやつです。 まずは鍛冶場の王太子のオタクぶりから。 あれ?デュバリー、まだ…

アニはら第8話 我が心のオスカル Oscar de mon cœur

英語版タイトルは「Oscar in my heart」でどこの歌のタイトルかと思ってしまいます。 仏語版は de mon cœur ですから、全くもって意味に違いはないんですが、なんだか響きと重みが全然違って聞こえませんか? まさに日本語の「我が心の」という感じだと思う…

アニばら第9話 陽は沈み陽は昇る Un soleil se couche, un soleil se lève

英語版タイトルは「The sun sets, the sun rise」ってそのままやねん!! 長らく国王の寵愛を欲しいままにし、宮廷の権力を握った娼婦上がりのデュバリー夫人、いよいよアデューの回です。 首飾り・・・これはのちの伏線か?1774年4月27日、ルイ15世が狩り…

アニばら第10話美しい悪魔ジャンヌ La belle et démoniaque Jeanne

英語版タイトルは「A beautiful devil Jeanne」です。なんのひねりもありません。 今回はオスカル様の出番は僅か。主役はまさに、「小悪魔ジャンヌ」。悪の火蓋が切って落とされ、 また、一方で貧しい生活を続ける庶民の代弁者としての妹ロザリーのお話です…

アニばら第11話フェルゼン北国へ去るFersen retourne dans les pays du Nord

英語版は「Fersen departs for the North land」英語だと「出発した」フランス語だと「戻った(帰った)」と異なる動詞の表現になっているのが面白いですね。 1775年、オスカル様19歳です。 この回のファン的ツボはオスカル昇進に当たって、軍服が一層華やか…

アニばら第2話  舞え! オーストリアの蝶 Vole, papillon Autrichien

英語版タイトルは「Fly.An austrian butterfly」です。 一言で言うと、アントワネット輿入れにまつわるオスカル様の冒険活劇、といったところです。 第1話の心理描写の精密さに比べて、この回ではほとんど特筆すべきところは見当たりません。 この「替え玉…

アニばら第3話 ベルサイユに火花散る Une étincelle de rébellion à Versailles

英語版タイトルは「A spark versailles」です。非常にわかり易いですね。 仏語版のétincelleは「火花」で女性名詞、rébellionは通常「反逆、犯行、反乱」という意味の単語です。 1770年5月16日、6000人の立席のもとに行われた婚礼の日です。 結婚証書へのサ…

アニばら第4話 バラと酒とたくらみと Rose, vin, intrigues et…

英語版タイトルがありません。 デュバリー夫人との対立3話分のその2です。ほんと、ひっぱりすぎ・・・ ですが今回はラストに見所あり!そして今後、4の倍数(4話、8話、12話)は前半のハイライトとも言える特筆すべき回になりますので、 (あくまでオス…

アニばら第5話 高貴さを涙にこめてLarmes de noblesse

この回からようやく、字幕ではなく英語版タイトルが画面上に反映されるようになりました。 こともあろうに、2〜4回までの各話は、画面上の英語が第1回の時のままだったのです。(字幕は下についていますが) なんというあるまじき手抜き・・・と私なんか…

アニばら第6話 絹のドレスとボロ服 Robes de soie et haillons

英語版タイトルは「A silk dress and rugged dress」。わざわざdressを繰り返さなくても、と思いますが。 オルレアン公&ドゲメネ公爵の悪役コンビがイントロを引っ張ります。2分でようやくop。 ドゲメネってその名前からして悪そうな響きです。 今回のお話…

アニばら第1話 オスカル! バラの運命 Oscar ! Le destin d'une rose

英語版タイトルは「Oscer! The destiny of the rose」です。 雨、大雨です。とどろく落雷も、これから来たるドラマの不吉な幕開けを象徴しています。 確かオスカル様は12月25日生まれ。この後opを挟んで、1769年には御歳14歳におなり遊ばされているわけです…

アニメ ベルサイユのばら 日仏タイトル一覧

《日本語版》 《フランス語版タイトル》 ー前期ー 第1話 オスカル! バラの運命 Oscar ! Le destin d'une rose 第2話 舞え! オーストリアの蝶 Vole, papillon Autrichien 第3話 ベルサイユに火花散る Une étincelle de rébellion à Versailles 第4話 バラと酒…

CHAPITRE 1-2

En enfin... MARIE-ANTOINETTE... reine qu'une tragique destinee a projetee dans le tourbillon de l'hstoire!! そして…マリーアントワネット、歴史の渦の中で、悲劇の運命をたどった王妃である。 tragique 悲劇の tourbillon 渦 旋風 めまぐるしい動き p…

CHAPITRE 1

1755 Trois enfants naissent dans trois pays d'europe. Queelques anees plus tard à velsailles,en france, leur rencontre boulevarsera leur vie. (直訳)3人のこどもが生まれた。3つのヨーロッパの国々に。数年のち、フランスのベルサイユで、彼ら…