Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

Danse

ロシアの至宝 ウリヤーナ・ロパートキナさん 現役引退

私の大好きなバレリーナの一人、ロシアのウリヤーナ・ロパートキナさんが、そのキャリアを終えたことを発表しました。所属のマリインスキー劇場の公式サイトです。 Ульяна Лопаткина сообщила о завершении танцевальной карьеры 今シーズン、彼女の姿は、怪…

18日深夜放映 パリオペラ座「夏の夜の夢」NYCB in パリ「バランシン・ガラ」

6月19日(月 )午前0:00~午前4:00 [18日・日曜深夜] NHKプレミアムシアターにて 今年3月に上演されて間もない、パリ・オペラ座「夏の夜の夢」、NYCB in パリ「バランシン・ガラ」(収録:2017年3月18・23日 )が早くも日本放映予定です。 パリ・オペラ座、バ…

ラ・シルフィード パリオペラ座バレエ団

ラ・シルフィード (仏: La Sylphide) 初演は1832年3月12日パリオペラ座。全二幕。7月1日からパリオペラ座で上演されますが、私は最もこの役を見てみたかったLéonore Baulacの日に行きます。配役表は、オペラ座公式サイトで発表されています。 リハーサル…

ドキュメンタリー映画『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』7月日本公開

パリ・オペラ座バレエ団の舞台裏と伝統の受け継ぐダンサーたちの姿を描き出したドキュメンタリー映画、『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』。東京「Bunkamura ル・シネマ」での公開が7月22日(土)とのことです。公式サイトはこちらから。 backstage-movie.jp…

パリオペラ座&英国ロイヤル 夢の共演<バレエ・スプリーム>

2017年夏、バレエ界最高峰の二大カンパニー、パリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤル・バレエ団の精鋭スターたちが日本で一堂に会するという夢の舞台が初めて実現するそうです。名付けて『オペラ座&ロイヤル夢の共演〈バレエ・スプリーム〉』。この記事を書…

「ピナ・バウシュを読む」を書き終えて

こんな優しい微笑みのピナは珍しい。いつも寡黙で、哲学する人の横顔だったから。でも晩年は常にこんな表情を浮かべていたのでは、と思う。人として満たされた者だけが持つ独特のオーラ。与えたものだけが辿り着く、どこか、あるところ。 拒食症か戦時中の栄…

ピナ・バウシュを読む その4 京都賞受賞記念講演後半

・異なる国々や文化に根ざした多様な音楽財産が、私たちの作品には欠かせない構成要素となっています。オーケストラや合唱団との共同作業はまた、作品を再演する際に、新しい可能性への好奇心と意欲を呼び起こしています。 ・創作手法ーー問いかけによって創…

ピナ・バウシュを読む その3 京都賞受賞記念講演前半

「舞踊と演劇の境界線を打破し、舞台芸術の新たな方向性を示した振付家」として、ピナは2007年、日本の「第23回京都賞」を受賞している。記念講演で語られた一生を前後半に分けて振り返る。 ピナ・バウシュ | 第23回(2007年)受賞者 | 京都賞 《受賞理由》…

ピナ・バウシュを読む その2 Orphée et Eurydice - Pina Bausch 

www.youtube.com ピナと一緒に仕事をした振付家の証言。 「誰でもあきらめたこと、手放したものがある。一方でどうしても捨てられないものもある。戦争、災害、生き延びたばかりに、死ねなかったことを一生悔やみながら残りの生を生きざるを得なくなってしま…

ピナ・バウシュを読む その1「オルフェオとエウリディーチェ」

パリ・オペラ座ガルニエ宮で2018年ピナ・バウシュ振付「オルフェオとエウリディーチェ」上演が決定した。2008年、2013年シーズンでも上演されているこの作品を分析するとともに、改めて、ピナその人に近づいてみようと思う。シリーズ「ピナバウシュを読む」…

愛についての可能性ーーピナ・バウシュ「カーネーション-NELKEN」

20世紀後半の演劇・ダンスの歴史を塗り替えたピナ・バウシュ。80年代の代表作『カーネーション-NELKEN』が3月、さいたま芸術劇場にやってきます。 舞台一面を埋め尽くす無数のカーネーション。そこに現れた一人のダンサーが、ガーシュウィンの『私の愛する…

「ニジンスキー」パリ公演/カナダ・ナショナル・バレエ

ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2017-18シーズンが発表され、2017年秋にパリのシャンゼリゼ劇場でジョン・ノイマイヤー振付の「Nijinsky ニジンスキー」が上演されることが分かりました。以下公式サイトです。 national.ballet.ca 《ジョン・ノイマイヤ…

ヌレエフの再来 美しき異端児セルゲイ・ポルーニン

19歳で英ロイヤルバレエ団の史上最年少プリンシパルとなるもピーク絶頂で突然の退団。バレエ界の異端児、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画が完成しました。挿入歌“Take Me To Church”は1700万回以上の再生回数を記録し、バレエやポルーニン本人を…

「コーヒー・ウィズ・ピナ」ーーピナ・バウシュのドキュメンタリー

www.youtube.com 「Coffee with Pina - By Lee Yanor 」(2006) 監督 リー・ヤノール Lee Yanor 振付 ピナ・バウシュ Pina Bausch Tanztheater Wuppertal(ヴッパタール舞踊団)収録作品「アグア」 Agua Paris 2002「Rough Cut」Tanztheater, Wuppertal 2005 …

ギエムという生き方を書き終えて

引退発表後の2014年、フランスの雑誌「テレラマ」の表紙を飾った、ギエムの「つま先」だ。同時代を生きたダンサーの全てがうらやんだであろう、神から選ばれし者に授けられた「足」。 現在、ギエムは、イタリアのローマとフィレンツェの間にある小さな街ラツ…

シルヴィ・ギエムという生き方・その4

・引退公演「ライフ・イン・プログレス」 2011年初演のマッツ・エック振付「BYE」。ギエムが、1995年「スモーク」で仕事をしたエックに電話をかけ「引退前にもう一度一緒に仕事をしたい」と頼んだ。エックは15日間でこの作品を作りあげた。ベートーヴェン「…

シルヴィ・ギエムという生き方・その3

・「マドモワゼル・ノン」 英ロイヤル移籍後は「仕事を選ぶ」ことで有名になった。ジャーナリスト嫌いはもとよりだが、バレエ団の監督に対してもノン。英メディアがつけたあだ名が「マドモワゼル・ノン」 「ダンサーは幼い頃から厳しい身体の訓練を受け、従…

シルヴィ・ギエムという生き方・その2

フランス国立視聴覚研究所(INA)アーカイブに19歳のギエムの映像が残っている。 www.ina.fr ・体操からオペラ座ダンサーまでの道のり ギエムは1965年パリ生まれ。父方の祖父母はスペイン内戦でカタルーニャからフランスに逃れてきた移民。祖母はフランス語…

シルヴィ・ギエムという生き方・その1

ギエムの引退発表は日本で大きなニュースとなったが、最後の公演も2015年大晦日のボレロも、好意的に評価する人は少ない。引退後2年、人々は彗星の如く現れる明日のスターに夢中で、彼女の名を探しても、引退を発表した以降の記事は、殆ど出て来ない。 彼女…

イリ・キリアンの詩篇性について

www.youtube.com 昨日はストラヴィンスキーの詩篇について書いたが、この作曲家の有名な言葉として「音楽は音楽以外の何も表現しない」というものがある。つまり「音楽は感情や心理を表現しない」「音楽は《超個人的な超現実的なもの》のみ表現する」という…

dance, dance, otherwise we are lost

2009年に急逝した振付家のピナ・バウシュと、それを継ぐドイツのヴッパタール舞踊団。3月にさいたまで来日公演があるようです。ピナの20年来の友人、ヴィム・ヴェンダース監督が3Dで映画化したことなどから、ダンスを知らなかった人にもだいぶピナの名前は…

La vie remplie de belle sonne

芸術は、至高の美を追い求める究極の「型」なのだと信じたい。

Hurlant de l'opprimé

物事が動かない時はいくらあがこうが動かず、動く時にはこちらの望むと望まずとに関わらず、一気に波のように起こる、いいことも悪いことも。それが今日の一日。心のどこかで予想していた成り行きだったのだろう、ショックというより、まあ結局、初心に立ち…

Ballet Dancer Sylvie Guillem シルヴィ・ギエム引退後

www.youtube.com 2015年の大晦日にボレロを踊り、50歳でそのダンサー生活に終止符を打った、フランス人ダンサー、シルヴィ・ギエム。パリオペから英国ロイヤルに移籍した際には、フランスの国家的損失とまで言われていました。別名「マドモアゼル・ノン」。 …

2017パリオペラ座バレエ公演案内

2017パリオペラ座バレエ公演案内 先月のクリスマス公演を終えてオペラ座バレエ団はレッスン期間に入っている模様ですね。1月は公演はありません。2月、3月と現代ものが続きます。マクレガーは全く趣味ではないので見にいきません。「真夏の夜の夢」は新た…

Je vous souhaite une bonne et heureuse année !

heureuse année! ナタリー・マンフリーノ、フランスの現役ソプラノ歌手。 「清純さ」と「妖艶さ」が同居するのが、マスネの作曲の特徴。それを彼女ほど美しく結び付け、官能的に歌い上げるフランス人ソプラノ、他にいない。 タイスの瞑想曲とパリの美しい光…

見掛け倒しのあの幾つかの燈台

ーーーbeau monde バレエ時代の教師が不意に思いだされた。たっぷりとした長い黒髪の、美しい人だった。黒く大きな瞳、決して笑わない、凍てついた冬の湖のようにレッスン室の隅まで全て見通して。背筋のすくむような緊張感。365日、1日も変わらなかった。 …

白鳥の湖2016

知性と知性がぶつかり合う場所、本当に、世界の高みを目指して。 ーーー心で歌って陽気に過ごすことにしよう。 この時間まさにパリオペラ座でやっている(完売でチケット取れず)美しく悲しきチャイコフスキーの「白鳥の湖」 www.youtube.com

seul vol 孤独な飛翔

seul volーーー 現代もののイリ・キリアン作品、エトワールであるAlice Renavandのインタビューが興味深く、彼らがこの作品との修練の中で、各々の価値観をひとたび崩壊し、再構築させた過程にこそ私は興味がある。ダンサー達はおそらく身体で知っている、何…

Josua Hoffalt ジョシュア・オファルトとの対話

Live-chat avec Josua Hoffalt - Opéra national de Paris パリオペラ座バレエ団が公式に、本日、白鳥の湖に出演中のエトワール、ジョシュア・オファルト(2012年3月7日エトワール任命)とのライブチャット・デーをもうけ、サイト上で逐次公開しています。…