Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

Ballet outre-mer

ピナ・バウシュを読む その1「オルフェオとエウリディーチェ」

パリ・オペラ座ガルニエ宮で2018年ピナ・バウシュ振付「オルフェオとエウリディーチェ」上演が決定した。2008年、2013年シーズンでも上演されているこの作品を分析するとともに、改めて、ピナその人に近づいてみようと思う。シリーズ「ピナバウシュを読む」…

愛についての可能性ーーピナ・バウシュ「カーネーション-NELKEN」

20世紀後半の演劇・ダンスの歴史を塗り替えたピナ・バウシュ。80年代の代表作『カーネーション-NELKEN』が3月、さいたま芸術劇場にやってきます。 舞台一面を埋め尽くす無数のカーネーション。そこに現れた一人のダンサーが、ガーシュウィンの『私の愛する…

「ニジンスキー」パリ公演/カナダ・ナショナル・バレエ

ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2017-18シーズンが発表され、2017年秋にパリのシャンゼリゼ劇場でジョン・ノイマイヤー振付の「Nijinsky ニジンスキー」が上演されることが分かりました。以下公式サイトです。 national.ballet.ca 《ジョン・ノイマイヤ…

ヌレエフの再来 美しき異端児セルゲイ・ポルーニン

19歳で英ロイヤルバレエ団の史上最年少プリンシパルとなるもピーク絶頂で突然の退団。バレエ界の異端児、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画が完成しました。挿入歌“Take Me To Church”は1700万回以上の再生回数を記録し、バレエやポルーニン本人を…

「コーヒー・ウィズ・ピナ」ーーピナ・バウシュのドキュメンタリー

www.youtube.com 「Coffee with Pina - By Lee Yanor 」(2006) 監督 リー・ヤノール Lee Yanor 振付 ピナ・バウシュ Pina Bausch Tanztheater Wuppertal(ヴッパタール舞踊団)収録作品「アグア」 Agua Paris 2002「Rough Cut」Tanztheater, Wuppertal 2005 …

最悪のニューヨークシティバレエ公演

NYCBパリ公演初日 チケットの払い戻しがきかなくてしぶしぶ出かけた。パリオペラ座での『海賊』の感動がまだ胸に残っていて、シャトレ座建物に入っても、パリオペ内装の歴史・豪華さと比べてしまう。現代ミュージカルや演劇が多い劇場ゆえに、観客の質も服装…

英国ナショナルバレエ「海賊」パリ公演6月22日ソワレ

パリオペラ座ガルニエ宮『海賊』 Le Corsaire | English National Ballet 一番好きな演目。アメリカンバレエシアターのアンヘル・コレーラ、ジュリー・ケントらの頃がこれでもかというぐらいスター性があって、最高だった(確か10年ぐらい前に東京上野文化会…

パリ・夏のダンスフェスティバル2016《ニューヨークシティバレエ団》情報

毎年恒例の夏のダンスフェス。今年はまちにまったなんと、ニューヨーク・シティ・バレエの引越し公演。バランシン作品を思う存分堪能できます。取り急ぎ、プログラム日本語訳です。 www.lesetesdeladanse.com Été de la Danse à Paris New York City Ballet …

マッツ・エックのファイナルツアー

www.lefigaro.fr フィガロ紙によると、振付家のマッツ・エックが70歳を機に引退することを発表したようです。現在、パリのシャンゼリゼ劇場で、最後の公演が行われています。 マッツ・エックといえば、シルヴィ・ギエムの引退公演「Life in Progress」での代…

ミスティ・コープランド アンダー・アーマーのCM

先日の記事で映画化について触れたABT(アメリカン・バレエ・シアター)初のアフリカ系ソリスト、ミスティ・コープランド。彼女が出演したスポールウェアブランド、アンダー・アーマーのCMです。夏の公開後2週間で550万回の再生数を記録、大反響を呼びました…

ウエイン・マクレガー TED『振付家による創作の舞台裏』

米国のプレゼン「TEDカンファレンス」というイベントで、現在公演中のパリオペ作品に振付もしているウエイン・マクレガー氏の動画がYouTubeに上がっています。 www.youtube.com 早口で身振り手振りを交えて話すマクレガー氏、15分があっという間に見終わっ…

ABT初のアフリカ系アメリカ人プリンシパル・コープランドのドキュメンタリー映画

ミスティ・コープランドのドキュメンタリー映画と、ヨーヨ・マとの共演ABT(アメリカン・バレエ・シアター)で、初のアフリカ系アメリカ人プリンシパルとなった、ミスティ・コープランドをご存知ですか?自伝を出して、最近大変話題となっている彼女。それを…

Pina Bausch ピナ・バウシュ振付『Le Sacre du printemps』『春の祭典』

2015年12月14日(月)夜公演、ガルニエ宮。素晴らしかったです。 3演目のうち、なんといってもトリはバウシュ様の「春の祭典」。 1)ウィールドン作品は、思った以上の手応えでした。中でも、 マリー・アニエス・ジロは圧巻。群舞の中でも、際立っ…