Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

吉田都さんのスーパーバレエレッスンから 指導法を学ぶ 第3回「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」第2幕マイム

第3回は、前回と同じ演目、フランスの田舎を舞台にしたドタバタ喜劇のバレエから、第2幕のマイム、演技の指導です。

マイムとは、セリフの部分を表現するバレエ特有の仕草のこと。

リーズが恋人との結婚生活を思い描く場面でマイムが使用され、演劇の国英国、またアシュトンの「ロイヤルバレエ」ならではの要素がたっぷりと盛り込まれています。

f:id:kotorio:20180427170248p:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

1)例えば白鳥やくるみだと技術で見せる、でもこの作品はもっと自然に「演じ」なくてはいけない。「舞台上で」「自然に」とはどういうことか。

ーー生徒は前回と同じく坂本春香さんです。

・上を向きすぎない。ここは長くて立っているだけだけれど、ただ下を向いているだけではなくて、何を考えているのか。徐々に目線を上に上げていく。目線は二階席ぐらいまでで止めて、そこで考えてるなっているのを。

・音楽を聞いて何かこう思いついた感じで呼吸が入る。手を胸の中心に「わたしは。結婚します」

・徐々に、いろいろ頭の中を考えているのがわかるように。

・指輪のところ。結婚も、お客さんに見える感じ。こういう風に指輪をつける感じ。考えながらドレスを「着る」、感じ、ふわふわの、綺麗なドレスがみえるように。

・ぴったりしたところから、こういうふわっとしたドレスだから、ここは手を使わない。

・ベールのところ、肘をはる、お花をもらって、もっと低いほうがいい、あまり顔の近くよりは。で、はっと気がついて。

・手がもっと後ろから、回転して。横に立っている感じで、いないけれども、彼がいるように意識して。

ーーーーーー

(吉田さんインタビュー)

普段の生活で、悲しいときはどういう表情をするんだろうとか、いろいろ他の人をみて研究していた。イギリス人は控えめとは言え、ジェスチャーは大きいわけですよ。だからそういうのをみて自然と学んでいったり。イギリス人の日常生活の中からヒントを得た。

ーーーーーー

・花束持って、彼がいて、はあ、なんかこんなこと考えてーーーって言うのを表現したりする。ああ、妊娠するかもってのを考えて考えて考えてひとり?ふたり?ううん、さんにん?とかね。

・足叩くところ早い。勉強みてあげるところ、子供の顔よりも。

・ここもね、次、赤ちゃんに行く前になぜかわからないけど言われるのが、「はあーーー」って(呼吸)大げさなぐらい、やるというのが毎回言われる。ここね、キスしてもいいし。あやす。

2)・そうタイミングぴったり。すごく良くなったけれど、歩くところが急にバレエっぽくなってしまう、歩く前に「はっ」(呼吸)っていうのを。

・追いかけるところだ、本置いて、こういうバレエになってるから(笑)、今だとバレエになってしまっているからもっと普段の生活みたいに。

・しーってやってから、って赤ちゃん起こさないようにーー

・すごくよくなったけれど、振りが体に入っていない。でも自分の中でストーリを頭で考えながら。バレエっぽくならないように、自然に。クラシックの、古典のマイムもあるけれども、これはストーリーテラー、彼女が想像していることを体で表選する。

ーーーーーーー

ピーターライトさんのインタビュー

・英国ロイヤルのバレエスタイルは、フレデリック・アシュトンと彼の振り付けに始まったと言えます。(フレデリック・アシュトンーー1963年から70年の初代監督)

それまではチェケッティ系をベースにしたトレーニング、腕やラインなど全て厳密だったが、それを打ち破ったのが彼で、流れるような、重さを感じないものにしたのです。それが英国スタイルの始まりだったと思います。

ミヤコ他の英国人ダンサーよりも上手に英国スタイルで踊ります。

アシュトンは彼女を大変ひいきにしていました。それで彼の名作、ラ・フイーユ・マルガルデに主演したのです。

吉田都さんのスーパーバレエレッスンから 指導法を学ぶ 第2回「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」

第2回「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」はリーズの結婚とも訳され、まさに英国ロイヤルならではの、コメディ感溢れる楽しいバレエです。

f:id:kotorio:20180427154421j:plain

以下指導動画を3回にわけてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

《ストーリー》農園の娘、リーズは、母親によって金持ちのアランとの結婚を仕組まれていますが、リーズには実はコーラスという恋人がいます。母親は二人が会えないようにリーズに仕事を言いつけ、部屋に閉じ込めてしまいます。それでもコーラスはリーズに会いに来て、二人はめでたく結ばれます。

1)・「体力的には大変だけれど、本当に楽しい、語りと演技が一緒になったようなバレエ」(吉田さん)

・アシュトンの作品はほとんどそうだが、上半身の使い方を非常にうるさく言われる。ジャンプの多いソロだが、下半身が強くないと、上体を使うことによって、ぶれてしまう。大変には見えないが細かい足さばき、独特の体の使い方。これが体に入ってくると楽しめるようになるが、最初は戸惑うし、(そこに到達するまでに)すごく時間がかかる。

ーーー生徒は坂本春香さんです。

・最初のポーズね、これ、彼がキスしていたのね、だから下っていうよりも彼のほうを見る。で次のポーズは、右から。(強調する)アシュトンのは全部がこう、クロスクロス。全部がクロス。だから次のジュッテ、すごくうるさく言われるのが、やりづらいんだけど、こっち(右から)からジャンプ。もう体がやれないぐらい、こっちから。

・それだと後ろを向きすぎてしまっている。やっぱりお客さんに顔が見えないとダメ。

・閉じるのはもっと早いほうがいい。普段のお稽古とは違う。

・ランベルセなんだけど、ストゥニュに入るのね。ストゥニュは、足を一つにするのも大事だけど体を一つにして、軸を絞らないと回転の時にぶれる。そのシャープさが一番大切。そのあとのアチチュードに続くストゥニュなので、ここは体をシャープにして、くっと一つにまわる。繰り返し、繰り返し嫌になる程、自分の体に教え込んで、自分の体をコントロールできるようになると、楽しく、もっと軽く、もっと動きが大きくなる。でもそこに至るまでが時間がかかる。

・もっとアラベスク長く。正面をもっと長く。クロス。クロス。アシュトンの「クロス」肩使って。

2)・ストゥニュひとつ、もっと早く、音使って。必ずとまるところがあるから、そこで「ふっ」とアクセント。もっとストゥニュをシャープに。

・プリエしっかりして、上がった時に引き上げて。

・もいっかいストゥニュから。もっと上半身ねじれる。5番がゆるい。

・もっと「ひゅっ」というアクセントが欲しい

・そこで時間かかっちゃうと、アクセントがぶれる。振りに行く前のストュニュが大切なんじゃなくて、そのあとのアチチュードが大切なんだから。

・そうできるだけ立っててね ・もっとボディ使って

・顔は上から。手のほうを見る。音に遅れているよ。

アラベスクはよくなったけどそのあと、これももっと上半身を、でもアクセントつけて。上で。そう、でこれをすっごく言われるのね、こういうの(手首まわす)ためて。

・そう、今のすごくよかったわ。で、そのあとセンターにもどるでしょ、もっとこれ(上半身ねじる)アシュトンのうるさくいわれるステップのひとつなんだけど。

・普通のクラシックの使い方と、アシュトン、違うから。とにかく、上半身、クロスしっかり、と、言われるから。

・手のほう(パンシェ)、肩。そうじゃない、肩を下げるのではなくて、ただねじる(平行に)

・彼にキスしたあと、もっと顔をお客さんに、彼にでもいいし、顔を残して。

 今だと、すぐ自分の次のステップに行こうとしている。

3)・音楽に遅れない。音楽と一緒。手のほうに(視線)

・手が途中で終わっちゃうから、ちゃんと終えて、終えて、終えて。

・ちょっとコーディネーション強い ・左手のほうをみて・遅れない、バランス

・もっと前に。どうもこのプリエのところ、たぶんワキが入ってない、逃げてる感じ。

・脇を斜め前に。横なんだけれど、肩をぐっと前に押す感じ。大げさなぐらいやっていい。最後のポーズは手のほう。

・アチチュード、全部、「ぴたっ」っていうのが見えるといい。

ーーーーーーーーーーーーーー

・吉田さんにとっての特別な思い出

サドダーズウエルズ(劇場)で観た初めてのバレエ。今まで知っているバレエと違った。楽しくてわかりやすい作品で何回も通った。留学生活で落ち込んでいって、オペラハウスでレスリーコリア(当時ロイヤルバレエのプリンシパルだった)を観たとき、涙が止まらなかった。楽しくて嬉しくて、バレエって素晴らしいなって思った。

レスリーが素晴らしかったんですよ、体にステップが入っていて、本当にセリフを言うように観ていてセリフが聞こえるような舞台だった。それで・・・大号泣。

自分で踊っていてもほんとに楽しい作品。体力的には、いつも弾んでジャンプも多い作品なのできついですが、お母さんとのやりとりなど、踊っているのと演じているのとが一体となったような作品ですね。

【kotorioからのひとこと】

第一回より少し上のレベルの生徒さんかと思いましたが、技術的にはフラフラして危なっかしい感じ。生徒役は国内バレエ団のせめてソリスト級に依頼できなかったものでしょうか・・・。

夏休み特集・吉田都さんのスーパーバレエレッスンから 指導法を学ぶ 第1回「ジゼル」

皆様こんにちわ、kotorioです。暑い夏ですが、楽しんでいらっしゃいますか。

今回から全13回、このブログでは吉田都さんの「夏休み特集」開催します!

2009年放映の吉田都さんのスーパーバレエレッスン」。

今、改めてバリエーションの「指導」の側の立場からこれを見ると、若い才能をどうやって引き伸ばしたらいいか、ヒントが得られる場面も多いです。

ご覧になっていない方もいらっしゃると思います。アーカイブとしてまとめました。

「ロイヤル・バレエの精華 吉田都」2009年8月 - 11月
レッスン内容
1  「ジゼル」第1幕からバリエーション
2  「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」第1幕からバリエーション
3  「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」第2幕からマイム
4  「シンデレラ」第1幕からバリエーション
5  「眠りの森の美女」第3幕からバリエーション
6  「ドン・キホーテ」第3幕からバリエーション
7  「コッペリア」第1幕からバリエーション
8、9 「くるみ割り人形」第2幕 パ・ド・ドゥからアダージョ
10 「ロメオとジュリエット」第1幕 ジュリエットの部屋
11、12、13 「ロメオとジュリエット」第1幕 バルコニーのパ・ド・ドゥ
14   総集編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は第一回のジゼルの動画を分析します。

f:id:kotorio:20180427152002j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:kotorio:20180427151832j:plain

・必ず息を吸ってから。呼吸と一緒にするとかなり違うから。

・もっと上体使える

・上。上がった後に「ふっ」いうのが見える、ポーズを取ろうとするのではなくて。

・広い空間を感じる。「彼」がいるのを感じる。ジゼルの「踊れる嬉しさ」を感じる。

・ワクワクした感じ。音が沈んでいるけれど、その中でいかに嬉しさ、役柄をだすか。

・セリフでいったら棒読みになっているので、アクセント、どこかにつけて。

・自分で音楽聞いて、それを自分で遊ぶような、歌うような。

・「今生きている」というのがここででないと、後半の悲劇とのコントラストに繋がらない。

【kotorioからのひとこと】

生徒役の子があまりに幼すぎるように感じました。ルグリのレッスンと比較するわけでも、「だから日本人は・・・」というのでもないです。

ワガノワ流に、がしがし「プロで生きていけるだけのメンタル」から鍛えていくことも必要なのかも。

元英国プリンシパル・吉田都さん、50歳を過ぎても美しくいる秘訣

「辞めなくてはならないような腰、膝、身体の状態からも本当に変わることができた。人間の身体ってすごいなと思うのは鍛えれば鍛えるほど強くなるんですよ、若い時より強くなった部分も、多いんですよ。」

インタビューで語っていた吉田さん。

若くて、疲れを知らなかった頃に戻りたいとは思わない、ああいう踊りをしたいとは思わない、とも。つまり、年齢を重ねれば重ねるだけ、強くなれるんだと。

https://www.blooming-net.com/wp-content/uploads/2013/09/f9b7824aa8fbd2e2257a75c21989951a-200x300.jpg

8年前、ロイヤルバレエを引退して現在は日本にお住いの吉田都さん。
バレエレッスンは52歳の今も、毎日、欠かさないそうです。

1965年生まれ、ということは、この秋には53歳に。それでも、お稽古1日休むと体が辛くて痛いそうなんです。

www.youtube.com

ユネスコ平和芸術家」「国連難民親善アーティスト」など、

22年過ごした英国仕込みともいえる奉仕活動でも知られています。

2018年は新しく「吉田都プロジェクト」を発動させるようで、楽しみですね。

オフィシャルサイトはこちら

BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE | 吉田 都

世界バレエ・フェス 「ドン・キホーテ」 9月30日放映

世界バレエ・フェスティバルが始まりましたね。バレエのオリンピック、
世界中のスターをご覧になっていることと思います。

7月27日、特別プロでパリオペラ座のミリアム・ウルド=ブラムとマチアス・エイマン主演による『ドン・キホーテ』公演があったと思います。ご覧になりましたか?

é¢é£ç»å

二人とも準備のため早くから来日してリハーサルに参加していたようです。

ミリアム・ウルド=ブラムはとても愛らしいので、ドンキはどうだろう、と思うのですが、

ãMyriam Ould-Brahamãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

きっと元気いっぱいの主人公とテクニック、演技力を見せつけてくれた事と思います。

マチアス・エイマンは、パリでも定評があるように、足さばきがパーフェクト。
一寸の狂いも有りません。

ãMathias Heymannãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ3幕のグラン・パ・ド・ドゥの超絶技巧も見ものです。

パリ・オペラ座でも常日頃から組んでいるペアですから、日本でもその相性を披露してくれたのでは、と思っています。

この「ドン・キホーテ」が早くも9月にテレビ放映されるという情報をゲットしました。

世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「ドン・キホーテ」|バラエティ・音楽|テレ朝チャンネル

CSテレビ朝日チャンネル2、9月30日(日)午後2:00~4:30

ノーカット放映で、舞台裏映像などおまけ付き。私もみたいよう。

f:id:kotorio:20180803232932p:plain

秋以降の計画としては、

英国ロイヤルバレエ団の「ロイヤルエレガンスの夕べ」、
平野亮一さんが主役を務めた「冬物語」(2018)、
高田茜さん出演、アシュトン・トリプルビル「真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン」(2017)

の放映を検討中とのこと。お楽しみに!

第29回〈バレエの祭典〉ラインナップ一覧 パリオペラ座が「ライモンダ」

世界最高峰のバレエ団、アーティストによる「バレエの祭典」の演目が

明らかになっています。プレミアム公演チケットは7月20日より発売、

バレエ好き会員のためのお得チケットだそうです。


公演 ラインナップ


1  2019年 3月 東京バレエ団 「海賊」初演 【1演目】

2  2019年 6月 英国ロイヤル・バレエ団 【2演目】「ドン・キホーテ」全幕

3  2019年 7-8月 <フェリ、ボッレ・アンド・フレンズ> 【2演目】

4  2019年 10月 勅使川原三郎 新作 ほか 【1演目】 出演:東京バレエ団

5  2020年 2-3月 パリ・オペラ座バレエ団 【2演目】「ライモンダ」全幕、

  ほか全幕バレエ1作品

 NBSのホームページより、特設サイトが設けられています。

バレエの祭典/NBS日本舞台芸術振興会

f:id:kotorio:20180717133554p:plain

公演期間中には、ふだんは見ることのできないダンサーのクラスレッスンと、

公演の舞台稽古見学会も予定されているそうです。(特別会員のみです)

英国ロイヤル・バレエ団とパリ・オペラ座バレエ団のいずれかを予定。

さて、我らがフランスのパリオペラ座バレエの「ライモンダ」といったら、

2007年以降、初の上演になるのだと思います。10年以上ぶりということで、

世代交代も激しく、どんなライモンダが見られるかとても楽しみですね。

é¢é£ç»å é¢é£ç»å

こちらは当時全盛期だったオーレリー・デュポン。今や芸術監督です。

個人的には地味な話でも、ロシアの宮廷をにした、

非常に凛とした踊り、そして音楽が素敵なので、

私自身も発表会で一番、印象に残っている、一番練習した演目なんです。

é¢é£ç»å

バレエは白鳥だけでないのよーーというのをご覧いただくには最高のチャンス!

www.youtube.com

www.youtube.com

こちらはマリー・アニエス・ジロのパ・ド・ドゥがみられます。

www.youtube.com

www.youtube.com

2020年といえばずいぶん先のようにも思えますが・・・楽しみ、楽しみ♪

パリジェンヌ御用達 スタイリッシュなヨガ&ダンスウエア「エルネスト・レオティ」

プレタポルテのインスピレーションが、ダンスウエアにまで及ぶ時代です。

パリでは、オートクチュールにインスパイアされたブランドが誕生しています。

「Couture for Leisure」がキーワードの、Ernest Leoty(エルネスト・レオティ)

ヨガ、ピラティス、ダンスなど身体を動かすときにもスタイリッシュに、

という女性のために開発されたブランドです。

パリの超高級ホテル「オテル・リッツ」コンセプトストアにて販売開始です!

180709-ernest-leoty-01.jpg

1873年のパリ万博で国際的名声を得ていたコルセットのメゾンの

エルネスト・レオティの名前とアーカイブを手に、フランス人女性の

マリオン・ラバトがコルセットの要素を巧みに取り入れたウエアをデザイン。

コルセットといったら、パリのオートクチュールには不可欠ですよね。

f:id:kotorio:20180717185055p:plain

スポーツウエアに使われるイタリア製素材を用い、ダンスウエアを取り扱う

ヨーロッパの工場で生産しているそうです。

180711-ernest-leoty-04.jpg

女性の身体がスポーツの時も美しさを保てるうえ、組み合わせによっては

シャツやジーンズと合わせて日常着としても活用できるので、

「ライフスタイル・ウエア」としても最適。

単におしゃれなアスレチックウエアではないことを強調しています。

今後に注目のアイテムですね。日本でも近く、取り寄せなどできるといいですね。

180711-ernest-leoty-05.jpg

Ernest Leoty
Hotel Ritz Consept Store 15 place Vendôme 75001 Paris 9:00〜20:00

Ernest Leoty | Couture for Leisure