Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

アクラム・カーン「DESH - 2つのルーツのはざまで」

バングラデシュ系英国人振付家&パフォーマー、アクラム・カーン。

2018年夏に来日公演の予定があることは先日お伝えした通りです。

金沢21世紀美術館 | アクラム・カーン 『Chotto Desh / チョット・デッシュ』

インドの古典舞踊様式「カタック」とコンテンポラリーダンスを融合させた、

民族色の強い独自のスタイルで、欧州のみならず、世界的な人気を博しています。

é¢é£ç»å

さて、今回公演される彼のソロ作品『DESH ? デッシュ』が生まれる背景と創造の現場を捉えたドキュメンタリー番組が製作されていたのをご覧になった方、いらっしゃいますでしょうか。(初演時から作品タイトルが「Chotto Desh」に変更になっているようですね)
DESHとはベンガル語で母国(homeland)を意味する言葉。

「Chotto Desh」だと、小さな祖国、ぐらいの翻訳でしょうか。é¢é£ç»å

シルヴィ・ギエムをはじめ多くのアーティストとの刺激的なコラボレーションを経て、

『DESH ? デッシュ』はカーンにとって、とてもパーソナル(個人的)な作品です。

英国とバングラデッシュという両方のアイデンティティの矛盾を感じながら、

カーンは両国を行き来し、自らのルーツを辿り、自身の存在を見つめる旅に出る。é¢é£ç»å

『DESH ? デッシュ』で美術&映像担当のティム・オップは、

ジョン・ウー監督『男たちの挽歌』など数々の映画や舞台で衣裳・美術デザイナー、

アートディレクターとして活躍、アン・リー監督『グリーン・デスティニー』では

オスカーも獲得したという人物です。

キューブリックの遺作『アイズ・ワイド・シャット』を手がけたジョスリン・プークが

音楽を担当するなど『DESH ? デッシュ』では、ファンタジックで、

迫力のステージが、繰り広げられます。

鍛え抜かれた身体と独特の動き、カーン渾身のソロは必見です。

www.youtube.com

パリオペラ座、オニール八菜さん パワーの源は・・・

パリ・オペラ座プルミエダンスーズとして、今、日本で話題急上昇中のバレリーナ

オニール八菜さん。

https://www.sankei.com/images/news/160518/ent1605180007-p5.jpg

そのパワーの秘訣は・・・幼少時に、祖母の家でよく食べていた和菓子なんですって!

ええっ、世界最高峰のパリオペラ座ダンサーが、甘いモノ、食べるんですか?

「祖母も、母も、和菓子大好きだったので。私もしぜんに好物になっちゃったんです」

https://www.sankei.com/images/news/160518/ent1605180007-p4.jpg

「特に好きなのが、形が美しいとらやの生菓子」

f:id:kotorio:20180504023656j:plain

ええっ、ご冗談を!だいたいフランス人って、餡子、大っ嫌いじゃないですか!

「あんやのあんみつ、大好き、たまらない!疲れた時に食べると、パワー復活します」

f:id:kotorio:20180504023853j:plain

・・・ダンサーはハードな仕事だから、時には甘いモノもオッケーなの?

でも、自己管理、体型管理の面から見て、糖質摂取、どう判断すべきでしょう。

私は「ノン」派です。もっとストイックに管理するべき、という意見です。

が、まあ相手が世界のパリオペダンサーなので・・・(笑)はい、お召し上がれ。

太りにくい、やすい、といった生まれ持った体質もあるのかもしれません。

若い時だからいいけど、オニールさん、歳をとってから・・・(汗)というのも

あるかもしれませんよ!ロシア人ダンサーとか、引退前と後の差がすごいです。

ダンサーとダイエットシリーズ、企画モノで記事かいていこうとおもいます。

【kotorioからのひとこと】

ダンサー、お祝いの席でもシャンパンすら口にしない人多いですね。

筋肉を硬くするから、だそうです。

TACT/FESTIVAL 2018 「Solstice ソルスティスーー夏至/冬至」

1807xx-theatre-02.jpg

2017年に、パリの国立シャイヨー劇場てにて初演。

連日スタンディングオベーションで沸いた話題作が、早くもジャパンツアー。

7月1日に千秋楽を迎えたところですが、ご覧になった方、いらっしゃいますか?

スペイン・グラナダ生まれ、フランスを拠点とする振付家の

BLANCA LI ブランカ・リー氏が、

地球と人間の美しさ、力強さをダンスで謳いあげた作品です。

新テクノロジーを舞台に取り入れるなど、クリエイターとしても注目されています。

プロジェクションマッピングによって、シンプルな舞台が刻々と

姿を変える大自然の風景に見えてくる。

それにシンクロしつつ、躍動するダンサーの身体が、

この星で生きる奇跡を力強く描き出しています。

【kotorioからのひとこと】

コンテンポラリーってほんっと苦手なんですよね・・・・。

苦手なんですが、まあ、好きな方もいらっしゃると思うので。

食わず嫌いではないんです。どんだけ観ても、吐くほどやっても、

嫌いなダメなものはダメ、というか生理的に受けつけない。すいません。

Blanca Li . News

ただいま、7月2日からパリのシャンゼリゼ劇場では、ピナバウシュのウッバタールが

来仏公演中です。

ご旅行などでこの時期パリにいらしている方はぜひ、足を運んでみてはいかが。

Nefes © Viehoff

Tanztheater Wuppertal Pina Bausch - Théâtre des Champs Elysées

ドロテ・ジルベール パリ・オペラ座エトワールのバレエ・レッスン DVD上・下

f:id:kotorio:20180506231612j:plain

パリ・オペラ座の代表するエトワール、ドロテ・ジルベール
彼女自身がモデルを務め、普段のクラスで行っている内容を完全収録したレッスンDVD。

上巻(ウォーミング・アップ&バー・レッスン)は、
ガルニエ宮の舞台奥にあるフォワイエ・ド・ラ・ダンスで撮影。
オペラ座のダンサーたちが絶大な信頼を寄せる
バレエ教師のジル・イゾアールが、ていねいに指導・解説しています。
世界最高峰の繊細で優美なポワントワークは、まさに「パリ・オペラ座スタイル」。
そんなスタイルを存分に体現している“エトワール”の圧倒的な表現力は、
映像の中でジルベールが見せる上体の動きにその秘密が!
普段は決して見ることのできないエトワールのレッスンの模様をくまなく完全網羅することで、テクニックはもちろん、「パリ・オペラ座スタイル」の表現力の秘密にまで迫る初映像です。

◆出演◆
パリ・オペラ座バレエ ダンサー
ドロテ・ジルベール (エトワール)
アレッシオ・カルボネ (プルミエ・ダンスール)
パリ・オペラ座バレエ 教師
ジル・イゾアール
パリ・オペラ座バレエ 正ピアニスト
ピアノ:トゥーヴ・R・ラトヴォンドラエティ

◆内容◆
○ウォーミングアップ
○バー・レッスン
プリエ/タンデュ/ジュテ
ロン・ド・ジャンブ・ア・テール/フォンデュ
ロン・ド・ジャンブ・アン・レール
プティ・バットマン/アダージオ
グラン・バットマン ほか

◆特典映像◆
○インタビュー
ブリジット・ルフェーヴル/ジル・イゾアール/トゥーヴ・R・ラトヴォンドラエティ
○ドロテ・ジルベール 美しさの秘密

◆ドロテ・ジルベール Dorothée Gilbert パリ・オペラ座バレエ エトワール
1983年フランスのトゥールーズ生まれ。トゥールーズコンセルヴァトワールでバレエを学んだ後、95年パリ・オペラ座バレエ学校に入学。2000年卒業と同時にパリ・オペラ座バレエ入団。
02年コリフェに昇格。華やかな容貌と豊かな表現力で人気となり
03年にAROPオペラ座振興会賞を受賞、スジェに昇格。
05年にはプルミエール・ダンスーズに昇格し、数々の作品で主要な役を踊る。
07年ヌレエフ版『くるみ割り人形』のクララ役を踊り、24歳の若さでエトワールに任命される。
06年レオニード・マシーン賞、バレエ2000賞を受賞。
ドン・キホーテ』『パキータ』『白鳥の湖』『ジゼル』『ロミオとジュリエット』等主演多数。

出演者について

◆アレッシオ・カルボネ Alessio Carbone パリ・オペラ座バレエ プルミエ・ダンスール
1978年スウェーデンストックホルム生まれ。
91年にミラノ・スカラ座バレエ学校に入学し、15歳でミラノ・スカラ座バレエ入団。
97年にパリ・オペラ座バレエの団員オーディションを受け、98年にカドリーユで入団。
00年コリフェ、01年スジェ、02年プルミエ・ダンスールに昇格。
バール版『コッペリア』、ヌレエフ版『くるみ割り人形』等に主演。
オペラ座随一のテクニシャンとして高い評価を受け、
古典からコンテンポラリーまで幅広い作品で主要な役を踊っている。

◆ジル・イゾアール Gil Isoart パリ・オペラ座バレエ バレエ教師
フランス、ニースのコンセルヴァトワールを首席で卒業し、15歳でパリ・オペラ座バレエ学校に編入

パリ・オペラ座バレエ入団後は早くから頭角を現し、
21歳でピエール・ラコット版『ラ・シルフィード』の主役に抜擢され、その後もスジェとして活躍。
92~93年、ラコットの要請を受けてナンシー・バレエのエトワールを務める。
09年引退後はミカエル・ドナールの後任としてパリ・オペラ座教師に就任。後進の指導にあたっている。

◆トゥーヴ・R・ラトヴォンドラエティ Touve R. Ratovondrahety パリ・オペラ座バレエ 正ピアニスト
アフリカのマダガスカルに生まれる。その後フランスに渡りオルレアンのコンセルヴァトワールにてオルガンを学ぶ。
オルレアンで開かれたコンクールで最優秀賞、ルネ・ティナ賞を受賞。
現在はパリ・オペラ座バレエの正ピアニストとして、また、サント=ウジェーヌ=サント=セシル教会でオルガニストとして活躍。

f:id:kotorio:20180506231940j:plainf:id:kotorio:20180506232259j:plain

 

www.youtube.com

下巻(センター&ポアント・レッスン)では、代々受け継がれてきたオペラ座ならではのポアント・レッスン、 さまざまなポジションでの回転やジャンプなど、あらゆるステップを網羅。
オペラ座バレエ教師のジル・イゾアールによるていねいな指導・解説と多彩なアンシェヌマンも必見です。
また、オペラ座の伝統やヌレエフの振付の特徴などを語る彼の言葉は、まさにフランス・バレエのエッセンス。
もちろん卓越したジルベールのデモンストレーションも含め、「パリ・オペラ座スタイル」の秘密がここに!

f:id:kotorio:20180506232120j:plainf:id:kotorio:20180506232413j:plain

 

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

2012年のDVDなので、よく考えたらもう今から6年前になるんですよ!

にもかかわらず、色褪せない、永遠のテクニック、パリオペラ座のレッスン。

やはり、最高峰のテクニックはこの地道な朝のバーレッスンから生まれるのだ、と、

初心にかえりたい時や、今、創作でお悩み中の方に、ぜひ見ていただきたい動画。

さて、今月25日には、新たなレッスンDVDが日本で発売となります。

そちらの情報も、すでに入手済みですので、後日アップしますね!

お楽しみに〜〜

7月に京都公演「ジャポニズム・レーヴ」 パリ・オペラ座のオニール八菜さん主演

日仏交流160周年。7月から「ジャポニスム2018:響きあう魂」と題して、

パリを中心に日本人アーティストの展覧会や舞台公演が予定されています。

160年前の1868年に明治時代が幕開けし、日本芸術が海外に羽ばたきました。

200年間国を閉ざしていた日本の芸術に触れることになった西欧の人々は、

異なる美意識が支配する日本の芸術に魅了されます。

ジャポニスム」という言葉が生まれたのは、1872年。

評論家フィリップ・ビュルティが使ったのがきっかけだそうです。

180619-ballet-10.jpg

パリのボ・ザール校で日本の版画などを集めた「日本の巨匠」展が開催されたのは、

1890年春。この年、パリ・オペラ座では、ジャポニスムのバレエが創作され、

オペラ座のダンサーによって初演されました。

タイトルは 『le Rêve(ル・レーヴ/夢)』。

その幻の作品が、今年7月27日に、京都で上演されることになりました。

主演は日本で人気のパリ・オペラ座のダンサー、オニール八菜さん。

ããªãã¼ã«å«èãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

オリジナルは1時間20分の作品ですが、今回縮小版として40分で上演するそう。

物語は、舞台は京都の近く。村娘のダイタが湖畔で別の人生に思いを巡らせています。

夢見る彼女の前に女神イザナミが現れて、女神の世界へと連れて行きます。

美しい衣装を与えられて喜び踊る彼女の前に、以前村で見かけた領主サクマが登場。

二人は惹かれ合うものの、サクマが次第と重荷になって、

ダイタが夢みていたこととはかけ離れてゆき……。

 

ヒロインのダイタを踊るのがオニール八菜さん、村の若者タイコは、

エトワールのカール・パケット。最近は怪我でほとんど踊れていませんでした。

é¢é£ç»å

12月31日、『シンデレラ』でアデュー公演。日本での見納めとなるかもしれませんね。

é¢é£ç»å

京都バレエ団に加え、ロシアやイタリアなど海外で活躍するダンサーも参加します。

領主サクマ役を踊るのは、京都の有馬バレエでダンスを習い始め、

今はジョ−ジア国立バレエ団で活躍する鷲尾佳凛さん。

180619-ballet-07.jpg

「佳凛は、オペラ座ソリストとして踊れるレベルの持ち主。素晴らしいダンサー」

と今回の演出・振付・指導を担当するファブリス・ブルジョワ氏も太鼓判。

 

オペラ座の仕事の合間を縫い、ファブリス氏は、主役のダイタを踊るオニールさんと『ル・レーヴ』の再創作の真っ只中です。

「八菜は素晴らしいダンサーです。テクニックの持ち主で、芸術的センスも良い。美しいし、身体のラインも綺麗。日本ではとても有名なスターなのだということは、僕も知っています」

 

有馬龍子記念 京都バレエ団公演
~京都・パリ姉妹都市提携60周年記念公演 トリプル・ビル
2018年7月27日(金) 18:30開演
会場:ロームシアター京都  京都市左京区岡崎最勝寺町13
『ル・レーヴ』(1890年パリ・オペラ座初演作品の復元)
『パキータ』第二幕よりパ・ド・トロワ
『ラ・バイヤデール』第二幕よりーーファブリス・ブルジョワによる新演出・振付

有馬龍子記念 一般社団法人京都バレエ団|京都バレエ専門学校は高等課程と専門課程があり資格を取得できます

吉田都さん 2020年9月から新国立劇場バレエ団芸術監督に就任決定!

28日、新国立劇場運営財団理事会で、舞踊部門において、

吉田都氏が次期芸術監督予定者として芸術参与に就任することが決定しました。

公式発表サイトはこちらです。

会長、理事長、芸術監督および次期芸術監督予定者について | 新国立劇場

 

現・舞踊芸術監督  大原 永子(おおはら のりこ)
任期:2020年8月31日まで

【芸術監督予定者プロフィール】 舞踊部門 次期芸術監督予定者 

  吉 田 都 (よしだ みやこ)

芸術参与任期:2018年9月1日~2020年8月31日(2年間)

芸術監督任期(予定):2020年9月1日~2024年8月31日(4年間)

f:id:kotorio:20180630044044p:plain

9歳でバレエを習い始め、83年ローザンヌ国際バレエコンクールローザンヌ賞受賞。

同年、英国ロイヤルバレエ学校に留学。84年、サドラーズウェルズ・ロイヤルバレエ(現バーミンガム・ロイヤルバレエ)へ芸術監督ピーター・ライトに認められて入団。

88年にプリンシパル昇格。95年に英国ロイヤルバレエへプリンシパルとして移籍、2010年に退団するまで英国で計22年にわたり最高位プリンシパルを務める。

日本国内では1997年の新国立劇場開場記念公演『眠れる森の美女』はじめ、99年『ドン・キホーテ』『シンデレラ』、2000年『ラ・シルフィード』、04年『ライモンダ』など新国立劇場での主演ほか数多くの公演へ出演している。

ローザンヌ国際バレエコンクール審査員を務めるほか、後進の育成にも力を注いでいる。

バレリーナとしての功績と共にチャリティ活動を通じた社会貢献が認められ、04年「ユネスコ平和芸術家」に任命される。12年には国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト任命。

2001年芸術選奨文部科学大臣賞、06年英国最優秀女性ダンサー賞、11年第52回毎日芸術賞など受賞多数。07年に紫綬褒章並びに大英勲章(OBE)綬章、17年文化功労者

www.facebook.com

 

 

【kotorioからのひとこと】

世界で活躍する日本人バレリーナの先駆者であった都さん。彼女が道を開いてくれたからこそ、今、後進の日本人たちが、世界で活躍できるのでしょう。

ロイヤル退団後も日本で活動を続け、チャリティー方面にも熱心でした。

舞台活動と並行して、後進への指導、および振付指導活動も行っており

『眠れる森の美女』ではハンガリー国立バレエに振付指導も行っていました。

現ロイヤル・バレエの芸術監督、ケヴィン・オヘアとはバーミンガム時代に共演。

ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員も務めるなど、豊富な国際経験を活かし、

新国立劇場をますます世界に羽ばたかせていただきたいです。

来月8月には日本で堀内元さんとのプロジェクトBallet for the Futureにも出演予定。

監督就任後は多忙により都さんご自身の舞台姿がみられるかどうか。皆様お早めに!

なお、この発表に先立ち、13回連載の、吉田都さんシリーズを完成させていました!

それではそろそろ、シリーズ投入と参りましょうか。お楽しみに〜〜

マリインスキー・バレエのセカンド・ソリストに日本人 永久メイさん

マリインスキー・バレエの公式ホームページからです。

昨年、2017年より研修生だった日本人の永久メイさん。

「セカンド・ソリスト」として正式入団と発表されています。

May Nagahisa  バレエ団公式サイトより

f:id:kotorio:20180624211053p:plain

別にご本人と直接面識があるわけではないのですが、サイトからプロフィール紹介。

永久さんは宝塚市・深田真紗子バレエアカデミーで学び、

2013年YAGPでジュニア部門金賞。モナコのプリンセス・グレース・アカデミーを

2017年卒業。マリインスキー・バレエのユーリ・ファテーエフに見いだされ、

15歳の時、2016年のマリインスキー国際バレエフェスティバルに出演しました。

2017年に研修生となって以降は『ジゼル』のペザント、

白鳥の湖』のパ・ド・トロワ、『ドン・キホーテ』のキューピッド、

『ラ・バヤデール』の影のヴァリエーション、

『眠れる森の美女』のフロリナ姫など経験をつみ、海外ツアー公演にも参加。

くるみ割り人形』では主演。順調な活躍ぶりが認められたのでしょう。

www.youtube.com

17歳ですから、レパートリーを増やし、ますます大きく羽ばたいて欲しいですね。