Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』

バレエ&ダンスの青春スポ根映画って多いですが、

ロシア、ボリショイを舞台にしたこの映画、「二人のスワン」という邦題で、

昨年日本で公開されていたんですねーー知りませんでした!(誰か教えてよ・笑)

www.youtube.com

《ストーリー》

ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーで、頂点を目指す2人の少女の挫折と栄光を描く青春物語。

主役ユリアを演じるのはリトアニア出身でスウェーデンやフランスの国際コンテストで優勝後、 ポーランド国立バレエ団の現役ダンサー、マルガリータ・シモノヴァ。

ãã«ã¬ãªã¼ã¿ã»ã·ã¢ãã´ã¡ï¼ã¦ãªã¢ï½¥ãªã«ã·ã£ã³ã¹ã«ã¤å½¹ï¼ ã¢ã³ãã»ã¤ãµã¨ã´ã¡ï¼ã«ãªã¼ãï½¥ã¯ã«ãã³ã´ã¡å½¹ï¼

ライバルの カリーナを演じるのは、ボリショイ・アカデミーを卒業後、ロシア・ナショナル・バレエ劇場で「白鳥の湖」を始め全古典的演目に出演したアンナ・イサエヴァ

2人が憧れる 相手役アントワーヌには、元パリ・オペラ座のエトワール、 ニコラ・ル・リッシュが出演。

世界的に活躍する本物のバレエ・ダンサーが集結しボリショイ劇場で撮影した映像は

圧巻の迫力!

f:id:kotorio:20180517013641p:plain

ボリショイ劇場擁するバレエ・アカデミーに入学した2人の少女。

貧しい炭鉱町出身で伸びやかな身体と才能を持つユリアと、お金持ちの家に生まれ美しく気高い容姿を持つカリーナ。

カリーナの優雅で完璧な踊りは生徒の中でもひときわ輝き、講師陣期待のエリートとしてプリマ候補に。

一方でユリアの隠された跳躍力や表現力を、かつて伝説のプリマで講師のガリーナだけは見抜き、才能を伸ばそうと手を差し伸べる。

境遇もスタイルも全て正反対の2人が、最大の親友でありライバルとなり、過酷なレッスンに耐えながら、恋とバレエを競いあう。

最後に主役の座をつかむのはーーー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主役の二人はさておき、フランス在住者として、そしてパリオペを愛する者として、

ニコラ・ル・リッシュ、こんなところに出演していたとは・・・

・・・あれ?スウェーデンの監督になったんじゃなかったの?

ãã³ã©ã»ã«ã»ãªãã·ã¥ï¼ã¢ã³ãã¯ã¼ãï½¥ãã¥ãã«å½¹ï¼ニコラ・ル・リッシュ(アントワーヌ・デュバル役)

1972年1月29日フランス・サルトルーヴィル生まれ。
10歳の時にすでに神童と呼ばれパリ・オペラ座付属のバレエ・アカデミーに入学。ルドルフ・ヌレエフなど偉大な振付家たちに選抜され、その指導の下で、史上最高のバレエ・ダンサーへと成長を遂げた。1993年にパリ・オペラ座のエトワールに任命され、他にもパリ・オペラと並ぶ世界3大バレエ団の英国ロイヤル・バレエ団やボリショイ・バレエ団などの舞台にも出演するなど世界中を巡業。モーリス・ベジャールローラン・プティジョン・ノイマイヤー、アンジュラン・ブレルジョカージュら天才振付家の作品で鮮烈な印象を残した。現在はダンサー、振付家、舞台監督として活躍し、スウェーデン王立バレエの芸術監督を務めている。
「エトワール」(00)、「オーロラ」(06)、「パリ・オペラ座のすべて」(09)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画「エトワール」「オーロラ」ぐらいを知っている方からみたら、老けたな、という感じもしますが、でも、いい笑顔してますよね、ニコラ・ル・リッシュ。『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』公式サイト

【kotorioからのひとこと】

バレエスポ根漫画と言えばみなさん、あれもこれも思いつくでしょうが、

1977年生まれのわたしにとってはただの一つ!当時小学館の雑誌「小学一年生」

〜「小学六年生」まで連載されていた「ハーイまりちゃん」(上原きみこ・作)です。

ふたつ下の妹が同じ雑誌をとっていたのですが、そちらは「銀のトウシューズ」。

ハーイまりちゃんは最後の年になって「愛のエトワール」にタイトルが変更され、

今は復刻版ないのかなぁ。懐かしいです。わたしのバレエのきっかけかな。

ジャクソン国際バレエコンクール結果発表 

4年に一度開催、といってもオリンピックじゃないですよ。

「3大バレエコンクール」って、みなさん、即、答えられますか?

ヴァルナ国際バレエコンクール、モスクワ国際バレエコンクールーーーそして、

結構地味〜〜に続いているのが、ジャクソン国際バレエコンクール。

ミシシッピ州ジャクソンで開催され、今年11回目が終了しました。

f:id:kotorio:20180624222936p:plain

https://www.usaibc.com/

19か国から119人が出場、2回戦には44人、決勝には32人が残りました。

サンフランシスコ在住の清沢飛雄馬さん(17)長野県松本市出身が

ジュニア男性部門で銅賞、アメリカ南部ダラス生まれの大賀千沙子さん(21)

シンシナティ在住が、シニア女性部門銅賞を受賞しています。

ジュニア部門男子の金賞なしで、清沢さんは最高賞とのこと。

清沢飛雄馬さんは、2012年のジャパングランプリ時には、ウクライナ国立キエフ・バレエ学校に留学していました。

Gisele Bethea won gold in 2014 USA IBC at age 15.

大賀千沙子さんは2012年にローザンヌ国際バレエコンクールとYAGP(ファイナリスト)に出場。サンフランシスコ・バレエスクールを卒業・研修生を経て、

2016年にシンシナティ・バレエ、2017年にプリンシパルに昇進しています。
同年の上海国際バレエコンクールでは、銀賞を受賞。

コンクールはきっかけにすぎませんが、これを踏み台に、次のステップへ飛躍していただけたらな、と思います。

本年は7月15日からヴァルナ国際コンクールも控えています。

若い才能を潰さない為にも、周囲の指導者がスケジュール管理をし、無理をさせないことを祈ります。

パリオペラ座バレエ「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」(リーズの結婚) 初日感想

パリオペラ座、本年度ラストシーズンの幕開けです!

演目はフレデリック・アシュトン振付の「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」。

La Fille mal gardée,つまり「なんだかヘタッピに見張られちゃった少女」というフランス語ですが、日本では「リーズの結婚」と訳されている事も多いバレエですね。

f:id:kotorio:20180626060258p:plain

喜劇で、とっても楽しいバレエ。吉田都さんがとっても上手な演目ですねー。

実は都さんで、このブログ、13回連載をすでに完成させているのですが、

ネタバレになるので控えますが・・・その中に、リーズの結婚、ももちろん入っております!

2007年にパリオペのレパートリー入りしたーーーと思うのですが。

舞台はフランスの田舎。押さえるべき登場人物は以下の通りです。

リーズ:農家の一人娘
コーラス:貧乏でもチャーミングな農夫で、リーズの恋人。
シモーヌ:リーズの母。娘とアランとの結婚を望みコーラスとの仲を邪魔する。
アラン:裕福な農場主トーマスの一人息子。バカ息子だが、性格は純真。
トーマス:アランの父親。農場を所有、リーズと息子を結婚させようとしている。

www.youtube.com

都さんも言っていたのですが、アシュトンの作品は上半身の使い方が普通のクラシックと違って相当難しい(かなり左右にひねります)のと、小物使いーーこの作品ではリボンとスカーフですがーーが、かなりクセがあります。

2時間10分。舞台もタイトルもフランスなのに、とっても「アシュトン的」というか、演劇的な作品なんですよね。

f:id:kotorio:20180626060043p:plain

本日25日から、7月14日の革命記念日まで、4キャストのカップルによる公演が行われます。

本日初日はアリスがリーズ役、コーラスがフランソワ・アリュのカップルでした。

f:id:kotorio:20180626055937p:plain

LUNDI 25 JUIN 2018 À 19:30  La Fille mal gardée
Lise Alice Renavand  Colas François Alu
Mère Simone Simon Valastro Alain Allister Madin

 アリスはエラの張り方や、黒髪が都さんを彷彿とさせるのですが、出てきた瞬間思ったのは、「アリス、太った!?」

なんですかあの二の腕のたぶたぷのお肉は!!!!!

太ももも、筋肉ではなくて、贅肉がつきすぎです。短足に見える!ってか全体的に太いよ、アリス!!あと5キロ絞りなさい、エトワールなら!!!

f:id:kotorio:20180626060127p:plain

 1幕は見ていて、1時間すっごい長かった・・・・。

二幕でドレス着替えてからは、まあ笑顔で救われた、という感じでしたが。

それより客席を湧かせていたのはコーラス役のフランソワ・アリュ。

f:id:kotorio:20180626055858p:plain

彼の陽のオーラはこの役にぴったりなのですが、なにぶん背が低い、足が異様に短い、そして、太ももにいらん筋肉がつきすぎている、という3大欠点があります。

 7月中旬まで全11回公演。4キャストは全部見ますが、退屈しそうな予感。

レオノーラが一番役に合っていると思いますが、次は明後日の観劇予定、ドロテ・ジルベールです。ドロテがこの役って、ほんと合わなそう・・・・・。

英国ロイヤル・オペラ・ハウスシネマ日本公開 ロイヤル・バレエ「マノン」

英国ロイヤル・バレエ「マノン」が2018年6月22日(金)より、月末まで

全国TOHO系シネマにて劇場公開。3時間の超大作ですが、必見です!!

マノン | 「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」公式サイト

f:id:kotorio:20180624201515p:plain

【振付】ケネス・マクミラン 【音楽】ジュール・マスネ
【指揮】マーティン・イエーツ 【出演】サラ・ラム(マノン)
ワディム・ムンタギロフ(デ・グリュー)平野亮一(レスコー)
イツァール・メンディザバル(レスコーの愛人)ギャリー・エイヴィス(G.M.)
【上演時間】3時間11分

www.youtube.com

【ストーリー】
美しい少女マノンの愛の悲劇を描いたフランスの小説「マノン・レスコー」をもとにした、ケネス・マクミラン振付によるバレエ。 恋に落ちたマノンとデ・グリューは駆け落ちするが――。

バレエの中でも最もドラマティックで破滅的な作品のひとつである、ケネス・マクミラン振付の『マノン』。美しく衝動的な少女マノンは、若くハンサムな学生デ・グリューと出会って恋に落ちる。しかし、兄レスコーの手引きから富豪ムッシューG.M.から愛人にならないかと誘われたマノンは、デ・グリューとの愛と、G.M.との豪華な生活の間で引き裂かれる。

原作はアベ・プレヴォによる18世紀のフランスの小説「マノン・レスコー」でオペラや映画にもなった。

マクミランは1974年のバレエ初演時、オペラ版も手掛けたジュール・マスネの音楽を用いたが、オペラと同じ曲は一切使用していない。現バージョンは2011年に今回の指揮も手掛けたマーティン・イエーツが、マスネの既成の曲を最初からまるでバレエ組曲として書かれたように再構成し、完成させた。

マノンとデ・グリューが逃げ込んだ沼地で繰り広げる沼地のパ・ド・ドゥが胸を打つ。

f:id:kotorio:20180624201849p:plain

【kotorio解説】
マクミランの『マノン』は個人的には、ロイヤル・バレエで100回以上観ています。
でもそれでも足りない。プロとは言えない。それぐらい、ロイヤルの深みが溢れる作品です。

今回の収録はおそらく今のロイヤルのメンバーで考えうる最高のキャストによるもの。サラ・ラムのマノンは、天使のように愛らしい。

次第にお金に目をくらませて、身も心も落ちていく。それでもどこか一点、清らかな山の水のような一滴が残されているイメージを残します。それが、男を次々と狂わせ、最終的にデ・グリューを引きずりこむ、生まれながらのファム・ファタル

ワディム・ムンタギロフのデ・グリューは見るまでは想像ができない。でも、純情で言葉すくなで朴訥な青年像。どこにでもいそうな誠実な青年が、人生をあやまるほどの熱い恋に全てを捨て、二人が破滅まで突き進む西洋版大河ドラマでしょう。

f:id:kotorio:20180624202509p:plain

サラ・ラムはいつ見ても汚れなき少女、といった風貌で。
兄レスコー、そしてG.Mとダブルで搾取される「犠牲者」として描かれてはいるのですが、流されているどころか、その道を、生まれながらに選びとっている女なんですよね。ひとつ落ちて行くごとに、輝きを増す、あり得ぬ美しさ。サラ・ラムがこんなにも「マノン役者」だとは思わなかった。

f:id:kotorio:20180624203107p:plain

ワディムくんの長身が活きた、この世のものとは思えぬほど洗練されたデ・グリュー。これまでもっと年齢が上だったり、クセのある演技者が多かったのだけれど、彼はほんとうに純な育ちの良さを感じさせ、うっかり道を踏み外してしまった青年を全身で感じさせてくれる。とにかく動きがしなやかで。美しく、ゆえに破滅が悲劇的なコントラストを描く。

3人の紳士が、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」の主演に抜擢され注目の的であるマシュー・ボール、バーミンガムロイヤル・バレエから移籍して頭角を現したウィリアム・ブレイスウェル、抜群のテクニックとしなやかな跳躍が話題のマルセリーノ・サンベ。

ぜひチェックしていただきたい三人ですね。

f:id:kotorio:20180624203257p:plain

マノンはやはり、英国ロイヤルでしか表現できないおハコとも言える演劇性があると思う。もちろんパリオペも(そもそも物語はフランスなので)得意としているし、見所も美しさのポイントも全く違うのだけれど。両方見比べてみてください。

特にマクミランは、これを振りつけていた時フィギュアスケートにはまっていたらしく、これは舞台上のフィギュアとも言われています。すでに映画館でご覧になった方から、ツイッターで「ほんとフィギュアだったわー」って声が相次いでいますね(笑)

5分程度の出演者インタビュー、舞台裏映像です。良い出来の映像です。

サララムがしっかりと役柄について語っています。プリンシパルに昇格の平野氏も。あくどい役柄なので、彼らしくてよかったのでは。

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

来年は確かロイヤルは日本ツアーでマノン、ありますね。2005年ぐらいに全キャストで、上野で観た記憶がありますが・・・(違ったかな?)来年はそれ以来ということになるのでしょうか。サラ・ラムで観られるといいですね!

販売されているロイヤルのDVDはカルロスアコスタと、タマラ・ロホのものです。

サラでDVD出ればいいのになあ。

【上映予定一覧】ーーーお見逃しなく!

北海道 ディノスシネマズ札幌   2018/6/23(土)~2018/6/29(金)
宮城 フォーラム仙台       2018/6/23(土)~2018/6/29(金)
東京 TOHOシネマズ日比谷    2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
東京 TOHOシネマズ日本橋    2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布      2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森    2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜    2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ    2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
京都 イオンシネマ京都桂川         2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ     2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
神戸 TOHOシネマズ西宮OS        2018/6/22(金)~2018/6/28(木)
福岡 中洲大洋映画劇場          2018/6/23(土)~2018/6/29(金)

 

速報・ウィーン国立バレエ 次期芸術監督発表!

ウィーン国立バレエ、2020年に退任する芸術監督、

マニュエル・ルグリの後任が決定した模様です。

公式サイトによると、デュッセルドルフのドイツ・ライン歌劇場芸術監督、

振付家のマーティン・シュレプファー氏。

Magazin - Martin Schläpfer ab 20/21 Wiener Staatsballett - Deutsche Oper am Rhein

f:id:kotorio:20180623222811p:plain

マーティン・シュレプファー氏はスイス出身。
ロイヤル・バレエスクールで学び、ローザンヌ国際バレエコンクールでは

ベスト・スイス賞受賞、バーゼル・バレエ入団。
94年ベルン・バレエの芸術監督、

99年から2009年はバレエマインツを結成し芸術監督という経歴です。

2009年に、ドイツ・ライン歌劇場バレエの芸術監督兼振付家に就任しました。

初シーズンのち、ドイツダンス雑誌「tanz」で最優秀振付家に選ばれ、

2013, 2014, 2015, 2017年と、最優秀カンパニーに選ばれ続けています。

ãMARTIN SCHLÃPFERãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

振付家としての活動では、60作品の実績があります。

自身のカンパニー以外では、チューリッヒ・バレエ、ミュンヘン・バレエ、

オランダ国立バレエ、カナダ国立バレエ学校などと仕事をしてきました。

オペラ演出も手がけています。

2006年にブノワ賞の最優秀振付家、タリオーニ賞受賞。

2009年と2012年、ファウスト賞受賞、2014年にはマリー・タリオーニ賞の

最優秀芸術監督に選ばれています。

ハンス・ファン=マネン振付「老人と私」では自身もダンサーとして復帰。

ファン=マネンは"Everyday life" を彼のために2014年に振付けています。

www.youtube.com

2019-20シーズンまではドイツ・ライン歌劇場の芸術監督の仕事を続けるそう。

ウィーンのオファーがあったのは今春のこととされています。

ãMARTIN SCHLÃPFERãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ドイツ・ライン歌劇場バレエは、シュレプファー氏の振付はもちろん、

レパートリーとしては、バランシン、ロビンスなど、あるいは

ナハリンなどの現代作品を得意としているカンパニーです。

今シーズンは、シュレプファー氏による新作

白鳥の湖」が発表されたばかりでした。非常に面白いです。

www.youtube.com

氏の人となりは、ドイツで放映されたドキュメンタリーが物語っています。

www.youtube.com

ルグリはこの件に関してまだコメントを出していない様子。

続報有り次第、アップしたいと思います。

ダンサー夢見る少年の旅「Chotto Desh」アクラム・カーン2018夏来日

アクラム・カーン「Chotto Desh / チョット・デッシュ」が

8月17・18日に石川・金沢21世紀美術館 シアター21にて上演されるそうです。

ãChotto Deshãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

バングラデシュ系イギリス人振付家のアクラム・カーン創作の、

子供から大人まで楽しめる作品です。

この名前、日本ではシルヴィ・ギエムとの共演「聖なる怪物たち」で、

よくご存知の方が多いのでは。

バングラデシュとイギリス、2つの文化を背景に持つ少年がダンサーを夢見て

旅する様を描いた、カーン自身を彷彿とさせるストーリーですね。

é¢é£ç»å

プロジェクションマッピングや音楽を用いた演出にもご注目。

www.youtube.com

アクラム・カーン「Chotto Desh / チョット・デッシュ」
2018年8月17日(金)・18日(土)
石川県 金沢21世紀美術館 シアター21

【kotorioからのひとこと】

意外と思われるかもしれませんが、2015年に見たときは、「聖なる怪物」より

はるかにこちらのほうが面白かったです。

物語がカーン自身の来し方に重なるからでしょうか、

一緒に少年の旅をしているようで、みていて飽きない。

世界に評価されるべくして生まれた「コンテンポラリー」だと思います。

DVD「パリ・オペラ座エトワール マチュー・ガニオのノーブル・バレエクラス」

ドロテちゃんのDVDをご紹介しつつふと思い出したのは、そういえば

男性ではマチュー・ガニオも同じようなDVDだしていなかったけ?

f:id:kotorio:20180506234337j:plain

その名も「ノーブルバレエ・クラス」ときました。さすがバレエ王子。

f:id:kotorio:20180506234741j:plain

パリ・オペラ座バレエの美しき貴公子、マチュー・ガニオ
世界が認める「ダンスール・ノーブル」(美しい容姿と高貴な雰囲気を兼ね備えた、
王子役の似合うダンサー)である彼の、気品に満ちた踊りはいかにして作られるのか。

マチューが日々行っているレッスンの内容をあますところなく紹介したDVD。

マチューの優美な動きの秘訣である5つのポイント=「1足」「2脚」「3バランス力」
「4腕」「5プレゼンテーション」を軸に、レッスン内容を紹介。
それぞれの要素を磨き上げていくにはどのような訓練が有効か、
パリ・オペラ座バレエ教師のジル・イゾアールが解説・指導します。

実演はすべてマチュー・ガニオ本人と、期待の若手バレリーナ、アリス・カトネ。
「5プレゼンテーション」では、マチューがヌ『白鳥の湖』王子のソロを披露します。

<内容>
Lesson1 美しい足先 (準備運動/デガジェ/ポアントの練習 ほか)
Lesson2 強い脚 (グラン・プリエ/グラン・バトマン/シソンヌ ほか)
Lesson3 バランス力 (アダージオ/ピルエット/グラン・ソー ほか)
Lesson4 優美な腕 (腕のエクササイズ/グラン・バットゥリー/コーダ ほか)
Lesson5 表現力 (『白鳥の湖』第1幕より 王子のヴァリエーション)

<出演>
モデル : パリ・オペラ座バレエ ダンサー
マチュー・ガニオ(エトワール)   アリス・カトネ(カドリーユ)

指導 :  ジル・イゾアール(パリ・オペラ座バレエ教師)

ピアニスト:  ローラン・シュクルン(パリ・オペラ座バレエ学校ピアニスト)

特典映像 :マチュー・ガニオ スペシャル・ロングインタビュー
マチュー・ガニオ/ジル・イゾアール/アリス・カトネ
パリ・オペラ座バレエ芸術監督 ブリジット・ルフェーブル
パリ・オペラ座バレエ学校校長 エリザベット・プラテル ほか

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】
素材である肉体を過酷なまでに鍛錬し、緻密に限定された伝統の中で、

完成度を競う世界最高峰バレエ団、パリオペラ座。

「人間の肉体は美しい」と認識させてくれる、他に類を見ない美の殿堂の影には、

毎日、1日たりとも怠ることのないレッスンがあってこそ、なのですよね。