Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

パリオペラ座「ドン・キホーテ」

12月11日のプルミエから1月6日まで、全18公演。
2016年末の「白鳥の湖」で、ジェルマン・ルーヴェとレオノール・ボーラックの二人のエトワールが誕生し、感激したのは1年前になるんですね。
そして今年もサプライズ。
最終日前日にヴァランティーヌ・コラサントがエトワールに任命されました。
ほんとうにおめでとうございます。

f:id:kotorio:20180119214801j:plain

オペラ座のエトワールは男性8名、女性11名ですね。

さて、ドンキの感想ですが、
キトリ、バジルには、リュドミラ・パリエロとマチアス・エイマン、
ミリアム・ウルド=ブラームとカール・パケット(写真・このカップルは見たかった)

f:id:kotorio:20180119214906j:plain
レオノール・ボーラックとジェルマン・ルーヴェ、
ドロテ・ジルベールとポール・マルク、
リュドミラ・パリエロとパブロ・ラガサ、
イサベラ・ボイルストン(ABT客演)とマチュー・ガニオ
ミリアム・ウルド=ブラームとマチアス・エイマン、
アリス・ルナヴァンとイサック・フェルナンデーズ(ENB客演)、
ヴァランティーヌ・コラサントとカール・パケット
の9バージョンのカップルで構成されました。

このうち、初日のプルミエを飾った二人、リュドミラ・パリエロマチアス・エイマン(12月14日)の日に、行きました。

f:id:kotorio:20180119214606j:plain

リュドミラはスピード感のある、切れ味の良い動き。
バジルへの視線や色気は、アルゼンチン生まれ彼女の持ち味と言わんばかり。

マチアス・エイマンもそれに触発されたのか大健闘したと思います。
この役では、特に彼の高い跳躍ときれいな脚の動きが活きていました。

f:id:kotorio:20180119215106j:plain
この作品はできればやはり本場ガルニエ宮でみたいものです。
その反面、パリ・オペラ座管弦楽団を率いたヴァレリー・オヴシアニコフの指揮は非常に評価の高いものでした。オペラ系が今後期待できそうです。

パリーーーこの街を、芸術を愛す

今週のお題「2018年の抱負」

f:id:kotorio:20171231191721j:plain

みなさま、今年もお世話になりました。kotorioにとって激動のパリ5年目がもう半分過ぎようとしています。本当に色んなことがありました。

昨日、私は40回目の誕生日を迎えました。新しい屋根裏部屋です。階段がないので日本式8階まで、裏のみすぼらしい木製の階段を登って行きます。もともとダンスで痛めていた膝が悪化するのが目に見えています。

シンデレラのように、そしてくるみ割り人形の主人公のように、気品を失わずに生きていきたい。ディグニティ(尊厳)が私の2018年の抱負になるでしょう。

この国に留まるか、欧州のある別の国に行かざるを得ないかに関しては、春先頃に結果通知となりますが、

今になって、なぜフランスか、なぜパリかーーーなぜボルドーではダメだったのか・・・全てがストンと理解できました。

耐え抜き、何かを諦め、そして私はおそらく、パリを選ぶことでしょう。

ここには私が手を伸ばしても永遠に手にすることのない全てがあります。

最低のものから最高のものまで。

底辺を這いずり回った4年半でしたが、私は最後のその瞬間まで、この街を愛し、芸術を愛し、表現を愛し、生きていきます。

f:id:kotorio:20121115211553j:plain

パリオペラ座バレエ、ガルニエ宮ではコンテンポラリーで今年の締めになりますが、バスティーユ宮では元気あふれるドン・キホーテで、2018年を迎えるようです。

Rudolf NOUREEV ルドルフ・ヌレエフ振付『Don Quichotte』『ドン・キホーテ
音楽 ルドヴィッヒ・ミンスク

振付 ルドルフ・ヌレエフ 原振付 マリウス・プティパ
装置 アレクサンドル・べリアエフ 衣装 エレナ・リヴキナ
ヴァレリー・オヴシアニコフ指揮 パリ国立オペラ管弦楽団

1月2、3、4、5、6日=19時30分開演
会場 バスティーユ宮 

今年支えてくださった全ての皆様に、心からの感謝と新年のご挨拶を。

Comment passez Noël ? パリ・オペラ座バレエ団

みなさん、ノエルはいかが過ごされましたか?

私は秋以降のバタバタがようやく一つ一つ片付いて、、、それまでブログを更新する余裕もなく、という感じでした。ごめんなさい。

パリオペラ座のレオノーラちゃんが昨年の大晦日にエトワール任命された、あの感動から早くも一年。

ガルニエ宮は、世界初演となるコンテンポラリーで、今年を締めくくるようです。

f:id:kotorio:20171226004940j:plain

Ballet de l’Opéra national de Paris 
Alexander EKMAN アレクサンダー・エクマン振付 『Play』『プレイ』
世界初演
音楽 ミカエル・カールソン
振付・装置 アレクサンダー・エクマン
公演日 12月12、15、18、19、20、22、27、28、29、30、31日=19:30開演
12月10、13、16、23日=20:00
ガルニエ宮にて

フランス、最後の日々へカウントダウン

f:id:kotorio:20171214073132j:plain

 

フランス、パリ滞在4年半、

這いつくばって、這いつくばって、コケにされて、

残金ゼロにまでなって、それでも、愛したフランス。

さよならの、カウントダウンが始まりました。

やっぱり、愛したのは、ダンスです。

愛されなかったけど、私は、踊りが、好きだった。

さよならまでの、カウントダウンを綴ります。

支えてくれたあの唯一の友へ、ありがとう。

そして、最後にフランスで会いたいのは、

さよならの日まで、最後の思い出を作りたいのは、

どんな拒絶されても、見向きもされなくても、

ダンスの先生だった。

あと一ヶ月ぐらいかな、二ヶ月ぐらいかな。わからないけれど。

最後に、ここに生きた証を、つくろう。

Ballet National de Canada (カナダ国立バレエ団) パリ公演感想

シャンゼリゼ歌劇場恒例となった「トランサンダンス」シリーズ。
カナダ国立バレエ団のジョン・ノイマイヤー振付『ニジンスキー』で始まりました。
2000年にハンブルク・バレエ団によって初演。

f:id:kotorio:20171125030724j:plain

ノイマイヤー氏自身が手掛けた舞台セットも見ものです。
物語は、とある30歳のダンサーが、自分のパトロンだったディアギレフが登場したという幻想と錯覚に紛れ込み、バレエ・リュスの栄光の年月(第1幕)と第1次世界大戦(第2幕)を背景に、狂気への背景を描く、といったもの。
目の肥えた観衆をも満足させる、よくできた筋書きです。

『薔薇の精』『シエラザード』『牧神の午後』など昔、栄光の絶頂にいた頃の自分の役が幻のように、ニジンスキーの妄想の中に現れます。
同時にバレエ・リュスの主宰者ディアギレフとの出会い、南米ツアーに向かう大型客船上で、後に妻となるロモラとの出会いといった史実に基づいて、物語の構成は歴史上の観点からも、非常に興味深いもの。

f:id:kotorio:20171125030757j:plain

コルサコフ作曲『シエラザード』とともに、観客はニジンスキーとともに旅をするような、なめらかな展開です。

後半は、ショスタコーヴィッチの『交響曲第11番』、大戦がニジンスキーをダメにしていく過程が鬱々とした音楽とともに辿られていきます。

ニジンスキー、牧神、ロモラのパ・ド・トロワも、言葉や文章には決してできない、曖昧な感情をうまく「身体」という言語で表現されました。ブラボー。

ボリショイバレエ inシネマ2017-2018

ボリショイ・バレエ inシネマ Season2017-2018」情報です。

f:id:kotorio:20171123040632j:plain

12月6日(水)より全8作品、日本の映画館にて、限定上映されるそうですよ!

プレスリリースはこちら。

ロシアの名門バレエ団ボリショイ・バレエの新作4作を含む合計8作品を、全国の映画館で1日限りの特別上映。|ライブ・ビューイング・ジャパンのプレスリリース

www.youtube.com

「今シーズンは現在最も評価が高いコレオグラファーと世界最高峰のダンサーたちにより再演される最高の古典作品を映画館へお届けいたします。

 現代バレエ界をリードするアレクセイ・ラトマンスキーが手がけるヒストリカル・バレエ3作品「海賊」「ロミオとジュリエット」「パリの炎」が大スクリーンに登場!

加えて、ジョン・ノイマイヤーの「椿姫」、ジャン・クリストフ=マイヨーの胸躍らせる「じゃじゃ馬ならし」とともに、時代を超越した古典バレエの人気3作品「ジゼル」「くるみ割り人形」「コッペリア」も上映」 ーーーとのことです。

ちけっとぴあはじめ、公式サイトでプログラムとチケットが購入できます。

kotorio的にそれより気に入ったのが、今年のボリショイバレエのオフィシャルトレイラーなんですが。無料で自宅でほくほくしながらこんな美しいもの観てしまっていいのでしょうか・・・。

www.youtube.com

シリア難民に、第18回英国「ダンスアワード」授与

英国紙で第18回英国ナショナル・ダンス・アワードのノミネートが発表されました。

昨年9月から今年8月末までの一年間に、英国で行われた500公演が対象となります。

「Dance Section of the Critics’ Circle」という批評家のら60人でつくられた組織が毎年この賞を選考しています。全部は書ききれないので、上位2名をとりあえず載せておきますね。

DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER 最優秀男性ダンサー
Miguel Altunaga (Rambert)
Isaac Hernández (English National Ballet) イザック・エルナンデス など

GRISHKO AWARD FOR BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー
Francesca Hayward (The Royal Ballet) フランチェスカ・ヘイワード
Sophie Martin (Scottish Ballet) ソフィー・マーティン  などSTEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー
42ND Street
Alvin Ailey American Dance Theater   など

BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀クラシック振付賞
[Sponsored by The Ballet Association]
Akram Khan for ‘Akram Khan’s Giselle’ (English National Ballet) アクラム・カーン「ジゼル」(ENB)

OUTSTANDING FEMALE PERFORMANCE (MODERN) 傑出した女性モダン・ダンサー
[Sponsored by DWFM Beckman]
Antonia Grove in ‘Virgin Territory’ (Vincent Dance Theatre)
Shelley Eva Haden in ‘MK Ultra’ (Rosie Kay Dance Theatre)
Ashley Shaw as Vicky Page in ‘The Red Shoes’ (New Adventures) アシュリー・ショー 「赤い靴」(ニュー・アドベンチャーズ

OUTSTANDING MALE PERFORMANCE (MODERN) 傑出した男性モダン・ダンサー
Mithkal Alzghair in ‘Displacement’ (Mithkal Alzghair)
Christopher Akrill in ‘Stepmother/Stepfather’ (HeadSpaceDance)
Karl Fagerlund Brekke in ‘Stepmother/Stepfather’ (HeadSpaceDance)
Robert Fairchild as Jerry Mulligan in ‘An American in Paris’ロビー・フェアチャイルド「パリのアメリカ人」

Israel Galván in ‘FLA.CO.MEN’ (Cĩa Israel Galván) イスラエル・ガルヴァン「FLA.CO.MEN」

女性振付家クリスタル・パイトさんはかのシルヴィ・ギエムですら興味があると名前をあげるほどで「Emergence」「Flight Pattern」2作がノミネートされました。

傑出したモダンダンサーに選ばれたMithkal Alzghairさん、初めて聞く名前だなあと思っていましたら、シリア難民とのことです。

作品をご覧ください。

www.youtube.com     

こちらが彼のインタビュー動画です。

www.youtube.com

難民、移民、欧州の抱える問題と、芸術支援を結び付けることの可能性や、現状について、政治学の観点から、ただいまkotorioも調査に取り組んでいます。