Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

マリ=アニエス・ジロー引退後 パリ・オペラ座バレエ団

ピナ・バウシュ振付『オルフェとユーリディス』。

2005年からユーリディスを踊ってきたマリ=アニエス・ジロー。

彼女の代表作となったこの作品で、アデュー公演となりました。

2004年、カロリン・カールソンのシーニュでエトワールに任命されて以来、

コンテンポラリーで大輪の花を咲かせたエトワールの最後にふさわしい作品だったかもしれませんね。

第4部「死」でオルフェに見られて命を落とすまでの彼女は特に見事でした。

madame.lefigaro.fr

3月31日の引退公演後、どのような生活を送っているのでしょうーー

大抵のエトワールは、どこかの芸術監督になったり、ダンサーとして活動を続けたり、

あるいはコンセルヴァトワールで教師になったり、自分のバレエ団を立ち上げたり。

42歳定年後をどのように思い描いているか、彼女は引退前に殆ど語っていません。

たまたま4月の「マダム・フィガロ」で彼女が「女性性」(フェミニンということ)

について語っている記事を発見した程度。唯一の情報なので、お届けします。

f:id:kotorio:20180515021749p:plain

概要を翻訳すると

・5月18日から6月8日まで舞台

・彼女のボランティア活動、刑務所でのダンスワークショップ、今後も継続予定

・デザイナーとのコラボで、ランジェリーを手がけている

など、活動はダンスのみならず、多岐にわたるようです。

《好きなもの》

シャネルのスーツ、紺色、ビーズ、ハイヒール。ヒールなしでは生きられません!

《私を美しくするもの》

息子と観客の愛

《服のこだわり》

季節の色合い。特に春は柔らかく、夏は明るい日差しを意識したもの。

《ファッション》

ダンサーなので自分の体をよく知っています。どの衣装が体をどう見せてくれるかも。

f:id:kotorio:20180515021905p:plain f:id:kotorio:20180515021942p:plain

《好きなブランド》

ディオール、シャネル、ソニアリキエル

《私のアイコン》

シモーヌ・ヴェイユのように、世界に関わっていく女性。もちろん私の場合、ダンス、

音楽、それらを伝えていくことを望んでいますが。

《その他 ファッションのこだわり》

ロングコート。Intimissimiのランジェリーを愛用。Supimaのコットンシャツも。

バレエフェスのカーテンコール映像集 

今回第15回を迎えるバレエフェスですが、

これまでのカーテンコールの様子が映像でアップされています。

é¢é£ç»å

カタカナで名前も振られているので、顔と名前を予習するのにも役立ちますよ。

直近のものからさかのぼっていきましょうか。つまりそれは80年代以降、こんにちまでの世界のバレエの歴史をたどることになります。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 この辺りまではなんとなく21世紀らしさが感じられます。

www.youtube.com

ギエム様君臨!

www.youtube.com

このあたりから「お宝映像」といって差し支えないでしょう。

www.youtube.com

  《第5回》解説

ジョルジュ・ドンの「ボレロ」をきっかけに、ベジャールブームが巻き起こっていました。20世紀バレエ団からミシェル・ガスカール、ジル・ロマンが登場。ドンに次ぐ寵児として、会場を熱狂の渦に。また当時、パリ・オペラ座バレエ団に在籍中だったシルヴィ・ギエムが初出場。バレエ界に新しい風が吹き始めたことを感じさせる一方、マリシア・ハイデ、リチャード・クラガンのベテランペアが「オネーギン」を演じています。

www.youtube.com

《第1回》1976年、筆者が生まれる前!お衣装も化粧も歴史を感じます。

トリで出てきたのが、マリヤ・プリンセツツカヤとマーゴ・フォンティーン。

目を疑いました・・・ほ、本物じゃ・・・。

www.youtube.com

世界バレエフェス トップダンサーが本気!コントバレエ「Funny Gala」ファニーガラ  映像集

4年に一度の世界のバレエオリンピック、8月に東京で開催される

「世界バレエフェス」。各国のトップダンサーたちが集い、

それぞれの演目を踊り、観客の目を楽しませてくれます。

もう一つの目玉となるのが、全てのプログラムが終了したあとの

ガラコンサートで行われる「ファニーガラ」

ファニー、つまり面白おかしいコントバレエなのですが。

ãä¸çãã¬ã¨ãã§ã¹ãã£ãã« ãã¡ãã¼ã¬ã©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これが世界のトップダンサーたちが本気でリハし、演じていると思うとーーー

大抵は男性ダンサーが女性の役をトウシューズを履いてコミカルに踊り、

けれど、超絶技巧もしっかり魅せる、という爆笑パターン。

オリジナルの作品をみたことがある人は、あっ、あのシーン、

とすぐにわかる有名どころばかりを、

マニュエル・ルグリが、ジョゼ・マルティネスが、、、、

化粧も衣装もバッチリで、大笑いの渦に引き込みます。

ãä¸çãã¬ã¨ãã§ã¹ãã£ãã« ãã¡ãã¼ã¬ã©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

いくつか過去の映像を集めてみました。暑くて眠れない夜には、

これを見てアホらし・・と思いながら、明日元気に起きることができそうです。

1)イワンが踊る「ドンキホーテ」キトリ 迫力ありすぎて怖い(笑)

www.youtube.com

2)ガタイのよさが際立つマニュエル・ルグリ様。素晴らしいテクニック。

www.youtube.com

3)同じくルグリ。海賊のアリ役を女性バージョンに??ウケます。

www.youtube.com

4)オットー&ジリ・ブベニチェク 2000年の映像、わかりやすくて良し。

www.youtube.com

5)ホセとマッシモの「ジゼル」5分と長いが一応必死らしい。

www.youtube.com

6)逆バージョン。女性プリンシパルのナタリア・オシポワが、

男性ダンサーのフィリップ役を見事に演じています。宝塚か?美しい(笑)

www.youtube.com

7)最後におまけ。これファニーガラじゃないと思うのですが、

コメディ系バレエ動画では、知る人ぞ知る、というお宝映像ですよね。

ãä¸çãã¬ã¨ãã§ã¹ãã£ãã« ãã¡ãã¼ã¬ã©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

あのマラーホフ一目でわかるシルヴィ・ギエムのコスプレ

超絶技巧を(ギエムそっくりに)真似ています。観客も大爆笑。

マラーホフの足の美しいこと!ギエム本人が最後にサプライズで、

私服で舞台に登場、花束を捧げるのも見ものです。

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

フランスサッカー、優勝!テレビ(TF1という民放)途中で、なんと、

ダンサーを起用した素晴らしいサッカーCMがあったのです!!

すぐにYouTubeで確保しておいたのですが、今や情報の渦に埋もれて

動画がどこかに行ってしまって見つからぬ・・・・発見したらお伝えしますが

この感動も薄れている頃かもしれません(笑)

第15回世界バレエフェス フリーデマン・フォーゲル 

今回参加する男性ダンサーで最多出演回数は、フリーデマン・フォーゲル (シュツットガルト・バレエ団)。

1998年にシュツットガルト入団し、4年後の2002年にプリンシパルに昇進。翌年、2003年に世界バレエフェス出演して以来、今回が6回目となります。

ãããªã¼ããã³ã»ãã©ã¼ã²ã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

---- 2003年以来の常連として、バレエフェスに出演する意味は?

 初めて参加した時、私はまだ駆け出しのダンサーで、周囲のダンサーに見惚れていました。テレビでしか見たことのなかったシルヴィ・ギエムが目の前で踊っているんですよ。

マニュエル・ルグリからは、アドバイスをもらいました。そのコンビネーションでは、プリエをもう少し深くしたほうがいい、と。レッスンでも本番中でも、彼が他のダンサーを注意深く観察していることに感銘を受けました。ベテランから若手まで、誰もが助け合う。皆がひとつのチームになる。

舞台裏は、いつもこんな雰囲気に包まれています。フェスがきっかけで、他のバレエ団に招かれたこともありました。私だけでなく、多くのダンサーに新たな出会いをもたらし、インスピレーションを与えて、その後のキャリアを発展させる機会でもあります。

ãFriedemann Vogelãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ é¢é£ç»å

----生え抜きプリンシパルとして、シュツットガルト・バレエ団を代表する今の心境

 確かにシュツットガルトは私の本拠地ですが、代表だなんて、おこがましい! このバレエ団では誰もがユニークな個性を持っていて、自分なりの踊りを踊り、まるで違う言葉を話しているようです。ですから、バレエフェスティバルでも、今、この瞬間の自分の姿を見てもらえるよう、ベストを尽くします。

ãFriedemann Vogelãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

----ジョン・クランコ作品はもちろん、フォーサイスやマクミランベジャールなどの振付作品を披露してきました。

 観客に新鮮さを味わって欲しい。私自身、踊ることを楽しみたいですから、毎回、演目選びには苦心します。伝統的な様式に則した古典作品を一つ、豊かな感情表現を織り込んだ作品を一つ、現代作品を一つというように、バラエティのある作品を選ぶことを心がけています。

ãFriedemann Vogelãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

----マルコ・ゲッケが振り付けた『モペイ』を始めとする、シュツットガルト・バレエ団の専属振付家の作品の上演にも積極的とか。
 もちろんです。シュツットガルトには才能豊かな振付家がいて、彼らの作品はバレエ団のレパートリーの一翼を担っています。団員にとっても、新作のクリエーションに参加することは、重要です。この刺激的な経験がなくては、アーティストとして成長できません。日本の観客の皆さんは、馴染みのない作品でも受け止めてくれるので、今回もぜひ新作を踊りたいです。

é¢é£ç»å

----ガラ公演のフィナーレを飾る特別演目は、どのように準備するのですか。
 "ファニー・ガラ"は、毎回、演目も配役も演出も、すべて本番の直前に皆で和気あいあいと決めます。衣装や美術は、東京バレエ団のスタッフが魔法のように集めてくれるので、事前に準備をしなくても、心配無用。ただし内容はファニーでも、失敗は許されません。リハーサルも本番も真剣勝負です。

----この10数年間のフェスの変遷は・・・・?
 バレエ界自体が変化したことを感じます。ひと握りの大スターに熱狂する時代は終わり、観客はより多彩なダンサー、より多彩な作品を求めるようになりました。ソーシャルメディアが浸透し、ダンサー自身が自分の情報を発信するし、観客も瞬時に様々な情報にアクセスできる。バレエがよりグローバルな芸術になった、と言えるでしょう。

www.youtube.com

 

【kotorioからのひとこと】

フォーゲルはシュトゥットガルト生え抜きの押しも押されぬ代表者。言葉も丁寧に選んでいますし、誠実な人柄も伺えますね。

ところでファニーガラって、みなさん、どのようなものかご存知ですか?

こういうやつです(笑)フォーゲルも言う通り「ファニー」だけど超本気。

www.youtube.com

第15回世界バレエフェスティバル 〈ガラ―Sasaki Gala―〉上演演目

第15回世界バレエフェスティバル、千秋楽を飾る〈ガラ―Sasaki Gala―〉

の演目が決定しました。
 
1日限りの特別な公演です!


当初の出演者に加え、新たにシュトゥットガルトバレエ団から、

アリシア・アマトリアンの出演が決定しました。

オニール八菜さんと一緒にブノワ賞を受賞した方ですね。

アマトリアンはフリーデマン・フォーゲルとペアで、Bプロにも出演との情報が。

ãã¢ãªã·ã¢ã»ã¢ãããªã¢ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ é¢é£ç»å

タマラロホのドンキも見られるとは、貴重な機会!ジル・ロマンも踊るのですね!
なかなか楽しみな構成になっているようです。

 

Sasaki-GALA  8月15日(水)17:00開演 会場:東京文化会館

予定される出演者

予定される演目

振付家

マリーヤ・アレクサンドロワ

ヴラディスラフ・ラントラートフ

ローレンシア

ヴァフタング・チャブキアーニ

アリシア・アマトリアン

フリーデマン・フォーゲル

未定

シルヴィア・アッツォーニ

アレクサンドル・リアブコ

エドウィン・レヴァツォフ

「月に寄せる七つの俳句」より

パ・ド・トロワ

ジョン・ノイマイヤー

エリサ・バデネス

未定 (ソロ作品)

レオノール・ボラック

ジェルマン・ルーヴェ

ドリーブ組曲

ジョゼ・マルティネス

アリーナ・コジョカル

ヨハン・コボー

セザール・コラレス

「マルグリットとアルマン」より

フレデリック・アシュトン

マリア・アイシュヴァルト

マライン・ラドメーカー

タイス

ローラン・プティ

アレッサンドラ・フェリ

フェデリコ・ボネッリ

ウルフ・ワークス

ウェイン・マクレガー

ドロテ・ジルベール

マチュー・ガニオ

新作

ティアゴ・ボアディン

マリア・コチェトコワ

未定 (ソロ作品)

サラ・ラム

マルセロ・ゴメス

ロミオとジュリエットより

第1幕のパ・ド・ドゥ

ケネス・マクミラン

アンナ・ラウデール

エドウィン・レヴァツォフ

タチヤーナ

ジョノ・ノイマイヤー

オレシア・ノヴィコワ

デヴィッド・ホールバーグ

未定

ミリアム・ウルド=ブラーム

マチアス・エイマン

未定

タマラ・ロホ

イサック・エルナンデス

ドン・キホーテ

マリウス・プティパ

ヴィエングセイ・ヴァルデス

アリシアのために―アリシアアロンソに捧ぐ

タニア・ヴェルガラ

ロベルト・ボッレ

マチュー・ガニオ

プルースト失われた時を求めてより

"モレルとサン・ルー"

 

ローラン・プティ

レオニード・サラファーノフ

ダニール・シムキン

ダニエル・カマルゴ

アー・ユー・アズ・ビッグ・アズ・ミー?

ロマン・ノヴィツキー

ジル・ロマン

リーフ (葉)

大石裕

東京バレエ団

未定

  

第15回世界バレエフェス シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ 

第15回世界バレエフェスティバルに、出演するダンサーの紹介です。
ハンブルク・バレエ団プリンシパル、シルヴィア・アッツォーニさんとアレクサンドル・リアブコさん。
2月にはハンブルク・バレエ団の来日公演でご覧になった方も多いのでは。
フェスへはもう3度めの登場となりますね。

é¢é£ç»å

ーーーハンブルク・バレエ団の「おしどり」プリンシパルとして日本でも有名です。最初のお互いの印象は?


アッツォーニ:1995年ハンブルク・バレエ学校の公演で、ジョン(ノイマイヤー)の『ヨンダリング』で音楽と一体になって躍動していた少年に惹かれました。素晴らしいダンサーになることを確信しました。

この少年がサーシャ(リアブコ)。ジョンも同じことを感じたのでしょう、卒業予定を一年繰り上げて、サーシャを団員にしてしまいました。

リアブコ:96年に私が入団した時、稽古場でも舞台でも、特別なオーラを放つシルヴィアに見とれていました。すぐにでも共演したかったけれど、彼女はソリストだったので、新人の私では相手役は務まらないないな、と弱気になったり。

でも、身長のバランスが良いから、経験を積んでパートナリングのテクニックを磨けば、きっとチャンスが巡ってくるだろう、と。

f:id:kotorio:20180705040602p:plain

---- 芸術監督ジョン・ノイマイヤー氏の作品が生まれる瞬間について


リアブコ:ジョンは入念にリサーチをした上で、リハーサルに臨みます。日本公演(2018年2月)の演目『ニジンスキー』も。
彼はあの不世出のダンサーに魅了され、書籍や彼をモデルにした美術品、ニジンスキーの手書きの絵を収集しているほど。

でもいったん稽古場に入ると、ジョンはすべてを白紙に戻し、インスピレーションが湧くのを待ちます。音楽を流すこともあれば、無音のこともあります。そして、おもむろに動き始める。私達ダンサーが彼の動きを再現し、発展させながら、振付に昇華させていきます。

アッツォーニ:ジョンの創作に参加することは、緊張感に満ちた、素晴らしい時間です。自分が主役を踊るのか、端役なのかなんて、関係ありません。

ダンサーの役割は、神経を研ぎ澄まし、その瞬間に彼が生み出したものを受け止めて、作品の誕生を後押しすることです。

é¢é£ç»å

---- 世界バレエフェスティバル出演は、2003年、2015年に続いて、3度目。

 アッツォーニ:初めて参加した時、錚々たるスター達を目の当たりにして、気後れしていました。でも、ジョンの「マーラー交響曲第三番」のデュエットを踊った時、ほんとうに美しかった、とシルヴィ・ギエムが声をかけてくれました。私、感激のあまり、卒倒しそうでした(笑)。

出演者の間に、上下関係もライバル意識もありません。誰もが同じ立場でレッスンに励み、自分の踊りをさらに磨くために全力を尽くしている。なんて素晴らしいのだろう、と思いました。

リアブコ:このフェスティバルは出会いの場です。一夜限りのイベントではなく、偉大なダンサー達と2週間もの時間を共に過ごし、刺激し合い、学び会う。彼らの舞台に感嘆するだけでなく、本番前にどのように準備をし、公演後にどのような体のケアをするのか。その姿を規範に、私も自分を鍛錬してきました。

再びこの場に立ち、ジョンの作品を踊ることが楽しみです。

www.youtube.com

【kotorioからのひとこと】

シルヴィアといえば、このイメージのほうが強いのですが・・・これは圧倒的でした。

é¢é£ç»å

吉田都×堀内元 Ballet for the Future 2018 今年も8月に開催されます

世界最高峰のバレエ団で日本人として男女それぞれ初めての

プリンシパル(最高位)となり、世界の至宝と称される吉田都さん、

ダンサー・振付家・芸術監督として活躍する堀内元さん。

吉田都×堀内元 Ballet for the Future 2018」公演は、

二人のバレエ・レジェンドの踊りと貴重な経験を次代に継承するとともに、

バレエの魅力をさらに多くの方に伝えるために行われてきた企画です。

2015年にスタートし今年で4年目を迎えます。

BFF ãã£ã³ãã.jpg

関西中心の公演でしたが、今年は、大阪、新潟、仙台での開催が決定しました。
今年のゲストは、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)で主演、

現在は、ヒューストン・バレエのプリンシパルとして活躍、

本年度のローザンヌ国際バレエコンクールの審査員も務めた加治屋百合子さんです。

BFF ãã£ã³ãã.jpg

先日、2020年に新国立バレエ団の芸術監督に就任決定が発表された吉田都さん。

古典バレエ「ライモンダ」を披露されるそうです。

20世紀最大の振付家・バランシンの作品など、古典からモダンまで、

バレエを学ぶ方には最高の学びにもなる、次世代へのメッセージです。

【kotorioからのひとこと】

吉田都さんーーー50過ぎてもますます美しい。

と思うときもあるのですが、踊りに関しては、こちらもダンサー目線でみると、

作品によって「あれ?」と思うことも少なくなく。

FB表紙写真なども、もうちょっと別の選べなかったの・・・?と思ってしまう(笑)

ただし、英国で頑張ってきた、その実績は揺るぎません。