Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

Autoportrait de l'auteur en danse :パリ、ダンス、言葉の敷石を踏みしめて

第29回〈バレエの祭典〉会員券、2019年7月20日(金)より募集開始

世界最高峰のバレエ団、アーティストによるプレミアムな公演チケットを、

発売前に確保する、コアなバレエファンのための「シリーズ会員券」。

2019年の情報が入りました。

《シーズン・ラインナップ》

最高峰の二大バレエ団──英国ロイヤル・バレエ団とパリ・オペラ座バレエ団が、旬のスターたちを擁して来日。

大物スターのグループ公演、華やかな古典全幕初演、世界的な振付家の新作初演と、今回もプレミアム!

f:id:kotorio:20181204130404p:plain

会員割引は【】内の公演になります。

1 )2019年 3月 東京バレエ団 「海賊」初演 【1演目】

地中海を舞台に冒険とロマンスと華やかなダンス、古典の醍醐味満載の舞台です。

エキゾティックな地中海を舞台に、粋な海賊と美女が繰り広げる愛と冒険の「海賊」。

ガラ公演やコンクールで有名なヴィルトゥオーゾ連発のパ・ド・トロワや、ハーレムでの女性群舞の華やかなダンスなど、古典バレエの醍醐味が詰まった作品です。

f:id:kotorio:20181204130749p:plain

Photo:Brescia e Amisano/Teatro alla Scala

近年、日本でも上演される機会が急増している人気の大作を、東京バレエ団では、アメリカン・バレエ・シアターやイングリッシュ・ナショナル・バレエ、ミラノ・スカラ座バレエ団でも採用され定評のあるマリー・ホームズ版で上演予定。

2 )2019年 6月 英国ロイヤル・バレエ団 【2演目】「ドン・キホーテ」全幕〈ガラ〉

イキのいい「ドン・キ」と〈ガラ〉で絶好調のロイヤル・スターたちが大暴れ!

伝統ある"ロイヤル・スタイル"と充実のレパートリーで観客だけでなくダンサーたちをも魅了し、世界中から逸材を集める英国ロイヤル・バレエ団。 

f:id:kotorio:20181204131103p:plain f:id:kotorio:20181204131112p:plain

ROH/Johan Person「ドン・キホーテ」: ROH/Rob Moore ロイヤル・オペラハウス

3年ぶりの日本公演は、並み居るプリンシパルソリストたちが超絶技巧とイキのよさを競う「ドン・キホーテ」全幕です。

演出は、ジプシーダンスが新たに振付けられたアコスタ版。

もう1本は、絶好調のスターたちが次々と登場して妙技を繰り広げる贅沢な〈ガラ〉。

見どころの尽きない魅惑の2本立てお楽しみに!

3 )2019年 7-8月<フェリ ボッレ・アンド・フレンズ>【2演目】

イタリアの貴公子+レジェンドスターで贈る、充実の公演。

ギリシャ彫刻のように美しい容貌と肉体。端正な技術と柔軟な演技力。

ミラノ・スカラ座バレエ団とアメリカン・バレエ・シアターのゲスト・プリンシパルにして、イタリアの国民的スター。ロベルト・ボッレの人気ぶりは、インスタのフォロワー56万人以上というバレエダンサーとして異例の数字でもうかがえます。

f:id:kotorio:20181204131430p:plain f:id:kotorio:20181204131506p:plain

Photo:Luciano Romano ロベルト・ボッレ Lucas Chilczuk アレッサンドラ・フェリ

そのボッレがヨーロッパで好評を得て上演を重ねるグループ公演が日本に初登場。

伝説の復活バレリーナアレッサンドラ・フェリの出演も決定。

貴公子ボッレとフェリを堪能できる2演目は見逃せません。

4 )2019年 10月 勅使川原三郎 新作 ほか 【1演目】 出演:東京バレエ団

世界が注目する振付家と日本のバレエ団による注目のコラボ。

パリ・オペラ座バレエ団にも作品を提供して世界的に注目される振付家勅使川原三郎氏が東京バレエ団に新作を提供します。

f:id:kotorio:20181204131747p:plain Photo:Norifumi Inagaki 勅使川原三郎

2016年に氏が演出したオペラ「魔笛」に出演、ワークショップを通じて独特の身体表現を会得した東京バレエ団。勅使川原氏との2度目のコラボレーションに挑みます。

併演するのは、東京バレエ団が誇る多彩な現代振付のレパートリー。

5 )2020年 2-3月 パリ・オペラ座バレエ団 

【2演目】「ライモンダ」全幕、 ほか全幕バレエ1作品を予定

綺羅星のごときスターたちがゴージャスな舞台に舞い降りる!

オレリー・デュポンが芸術監督となり新たな時代を迎えたバレエの殿堂、前回から3年ぶりに実施する日本公演に、大作「ライモンダ」が登場します。

f:id:kotorio:20181204132103p:plain Photo:Julien Benhamou/OnP

1980年代パリ・オペラ座の黄金時代をつくったルドルフ・ヌレエフが、監督就任後はじめてのシーズンで発表した大作です。

ニコラス・ジョージアディスの美術による豪華な全幕バレエ。ヌレエフが、エトワールから若手まで当時のオペラ座綺羅星のようなダンサーたちを提示したように、現監督デュポンがエトワールときらめく才能たちを紹介する舞台は必見。

もう1演目の全幕作品を予定しているそうです。

f:id:kotorio:20181204132203p:plain Photo:Sophie Delaporte/OnPオレリー・デュポン(芸術監督)

また情報詳しく入り次第おしらせします。

【kotorioからのひとこと】

バレエの祭典の会員特典として、ふだんは見ることのできないダンサーの

クラスレッスンと、公演の舞台稽古見学会のチャンスが!

第29回は、英国ロイヤル・バレエ団とパリ・オペラ座バレエ団のいずれかを

予定しているとのことです。みなさん、ちゃんとスケジュール確保しておいて下さい!

英国ロイヤル・バレエ団 2019年ジャパンツアー情報

ロイヤル・バレエ来日公演の情報がアップされています。

【速報】英国ロイヤル・バレエ団2019年日本公演/What's New/NBS日本舞台芸術振興会

3年ぶりの日本公演です。

アコスタ版「ドン・キホーテ」と、バレエ団が誇るプリンシパル・ダンサーたちが多数出演する〈ロイヤル・ガラ〉の2演目の予定です。

 

英国ロイヤル・バレエ団2019年日本公演

■「ドン・キホーテ

振付:カルロス・アコスタ / マリウス・プティパ

音楽:ルートヴィク・ミンクス

公演日程:2019年6月21日(金)~26日(水)

会場:東京文化会館

é¢é£ç»å

■〈ロイヤル・ガラ〉

公演日程:6月29日(土)、30日(日)

会場:神奈川県民ホール


【チケット発売】

2019年1月中旬 NBS WEBチケット先行販売開始予定

2019年2月初旬 一般発売開始予定

【来日が予定されるプリンシパル

マシュー・ボール、 アレクサンダー・キャンベル、 ローレン・カスバートソン、 フランチェスカ・ヘイワード、 平野亮一、 サラ・ラム、 スティーヴン・マックレー、 ラウラ・モレーラ、 ワディム・ムンタギロフ、 ヤスミン・ナグディ、 マリアネラ・ヌニェス、 ナターリヤ・オシポワ、 ティアゴソアレス、 高田茜、 エドワード・ワトソン

ロイヤル・バレエの本拠地での「ドン・キホーテ」公演ですが、

主役は以下の組み合わせです。ご参考に。

ãè±å½ã­ã¤ã¤ã«ã»ãã¬ã¨å£ããã³ã­ãã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ
高田茜、スティーヴン・マックレー 
ローレン・カスバートソン、マシュー・ボール
金子扶生、セザール・コラレス
ヤスミン・ナグディ、マルセリーノ・サンベ
ナタリア・オシポワ、セザール・コラレス
マヤラ・マグリ、アレクサンダー・キャンベル

英国・画期的な「茶色のトウシューズ」販売開始

もう、シューズにファンデーションを塗らなくてもいいーー

イギリスの老舗ダンスシューズメーカー「フリード」は白人ではないダンサー向けに、

ブロンズと茶色のバレエシューズを発売しました。

これからは肌の色に関係なく、既存のピンクのトウシューズにファンデーションで色を

塗らなくてもいい、そんな時代が来たようです。

f:id:kotorio:20181124041912p:plain

バレリーナにとって、つま先は生命線。タイツを履かない場合は肌の色と同じ色のトウシューズを履かざるをえませんよね

www.facebook.com
伝統的なトウシューズは、厳しい現実ですが黒い肌の人のために作られてはいません。

ピンク以外のトウシューズは、2017年からアメリカではゲイナー・ミンデンというメーカーが「エスプレッソ」と「カプチーノ」という2色の色を販売開始しましたが、イギリスでは今回が初。

www.youtube.com白人ではないダンサーたちは、ピンク色を履くか、既存のトウシューズにファンデーションを塗って、自分の肌の色と合わせ我慢してきました。

f:id:kotorio:20181124042017j:plain
ファンデーションを塗る作業は、通称"パンケーキ"。

2015年にアメリカン・バレエ・シアタープリンシパルとなった、ミスティ・コープランドもパンケーキをしていると著書で述べています。

f:id:kotorio:20181124042108p:plain
パンケーキ作業は45分〜1時間かかります。

ダンス以外の余計な手間となるだけでなく、シューズの劣化にもつながります。

プロであれば年間200から300足は履きつぶしているはず。

自分の肌の色にあったトウシューズを選びたい。

その願いと、すべての人のニーズを満たすダンスシューズを届けたいという老舗フリードの思いが英国で一つになりました。

フリードは、ロンドンを拠点に活動する黒人やアジア人、少数民族のバレエ団「バレエ・ブラック」に協力を依頼。1年以上の期間を経て、販売にこぎつけたとのこと。

バレエ・ブラックの創設者で芸術監督のカーサ・パンチョ・MBEさんは、英国紙の取材に対して「他の世界からは小さなことのように見えるでしょうが、英国バレエ史における歴史的な瞬間」と述べています。

「ロイヤル・バレエ」広報も「この開発を歓迎する」とコメントを出しています。

www.instagram.com

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2019

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」公式サイト

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19ご覧になった方いらっしゃいますか?夢見心地の時間が、実際の劇場並みにお手頃価格で体験できる機会、結構ハマりますよ。

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン』は、ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラという英国最高峰の舞台を映画館で鑑賞できるもの。

www.youtube.com

先月日本で公開されたのは、ロイヤル・バレエの『うたかたの恋』。

主演はスティーヴン・マックレーと、サラ・ラム。
ハプスブルグ家を揺るがし、映画化もされたオーストリア皇太子ルドルフの有名な心中事件のバレエ化です。

王室内の陰謀や複雑な人間関係をドラマティックに官能的に描きます。

狂気に陥り死へと突き進む演技をたっぷりと見せるルドルフが素晴らしかった。

ãè±å½ã­ã¤ã¤ã«ã»ãªãã©ã»ãã¦ã¹ ã·ããã·ã¼ãºã³ 2018/19ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

【振付】ケネス・マクミラン【音楽】フランツ・リスト
【指揮】クン・ケセルス
【出演】スティーヴン・マックレー(皇太子ルドルフ)
サラ・ラム(マリー・ヴェッツェラ男爵令嬢)
ラウラ・モレーラ(ラリッシュ伯爵夫人)

昨日からはちょうどロイヤルのラ・バヤデールが始まったところだと思います。

続いて来月はくるみも。ぜひ映画気分で気軽に足を運んでみてください。

【2018/19』全11演目公開日】

~2018年~
●ロイヤル・バレエ『うたかたの恋』:12月7日(金)

~2019年~
●ロイヤル・オペラ『ワルキューレ』:1月11日(金)
●ロイヤル・バレエ『ラ・バヤデール』:1月18日(金)
●ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』:2月1日(金)
●ロイヤル・オペラ『スペードの女王』:3月15日(金)
●ロイヤル・オペラ『椿姫』:4月5日(金)
●ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』:5月17日(金)
●ロイヤル・オペラ『運命の力』:5月24日(金)
●ロイヤル・オペラ『ファウスト』:6月14日(金)
●ロイヤル・バレエ『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー/
シディ・ラルビ・シェルカウイ 新作 / フライト・パターン』:6月28日(金)
●ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』:8月23日(金)

ãè±å½ã­ã¤ã¤ã«ã»ãªãã©ã»ãã¦ã¹ ã·ããã·ã¼ãºã³ 2018/19ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

TOHOシネマズ日比谷 ほか全国公開

ミハイロフスキー劇場バレエ2019年11月来日決定

レニングラード国立バレエ」といえば日本ですぐ分かりますね。
正統派ロシアのクラシックである「ミハイロフスキー劇場バレエ」。
2019年11月、4年ぶりに来日公演が決定しました。

ãããã¤ã­ãã¹ã­ã¼åå ´ãã¬ã¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

さらにびっくりの発表です。
2019年シーズンから、ナチョ・ドゥアトが復帰!?
2011年にミハイロフスキー・バレエ芸術監督を経て2014年ベルリン国立バレエの芸術監督へ。同監督監督退任のちミハイロフスキーに復帰することになったのだそうです。わお。

ナチョ・ドゥアトは、スペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督時に現代バレエ(コンテンポラリー)を独自の解釈で振付け一躍有名に。

ミハイロフスキー就任後も、自身の作品をレパートリーに入れ、古典「眠れる森の美女」」くるみ割り人形」を新たに振り付けました。

ãããã¤ã­ãã¹ã­ã¼åå ´ãã¬ã¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

来年のツアーでの演目はまさにそのドゥアト版「眠れる森の美女」、ワイノーネン版「パリの炎」の二本立てです。

・名門バレエ劇場が贈る最も華やかな古典名作バレエ。
鬼才振付家ドゥアトが手掛ける、洗練された舞台。
「眠りの森の美女」 全3幕プロローグ付
作曲:P.チャイコフスキー 振付:N.ドゥアト

フランス革命に生きる民衆の熱い想いが情熱的なバレエ舞台に!
ダイナミックな原典版による、貴重な日本公演。
「パリの炎」 全3幕
作曲:V.アサフィエフ 振付:V.ワイノーネン/改定振付:M.メッセレル

ミハイロフスキー劇場バレエ2019(旧レニングラード国立バレエ) 光藍社(こうらんしゃ)

今年の世界バレエフェスティバルにも出演したレオニード・サラファーノフボリショイ・バレエで活躍したイワン・ワシーリエフ、ワガノワをトップで卒業、今やこのバレエ団を代表するプリンシパルヴィクトル・レベデフなどの男性ダンサーに注目。
ファースト・ソリストアメリカ人のジュリアン・マッケイの容姿も非常に美しいです。

女性プリマではイリーナ・ペレン、ワガノワ出身エカテリーナ・ボルチェンコ、ボリショイから移籍した、アンジェリーナ・ヴォロンツォワと、レベデフとのパートナーシップで知られるアナスタシア・ソボレワらが主な役を担っています。

ポリーナ・セミオノワも時々ゲストプリンシパルで呼ばれることがあります。

マリインスキー・バレエ団 日本人初の主役 永久メイさん

新進気鋭、18歳のバレリーナ、永久メイさん。マリインスキーに研修生として入団。

2018年4月には『くるみ割り人形』で主演デビューを果たし、日本人初の

セカンド・ソリストとして正式入団した、この歳にして素晴らしい履歴の持ち主です。

f:id:kotorio:20181210192315j:plain
履歴によると、3歳でバレエを始めた永久さん。

ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)1位となり、スカラシップを獲得。

13歳でモナコの名門プリンセス・グレース・アカデミーに留学を果たします。

毎月ある体重測定、食べ物は自分の部屋に持ち込み禁止の厳しい学校として有名。

言葉もわからず最初は苦労したと何かのインタビューで語っていたのが印象的です。

é¢é£ç»å

バレエ学校2年目、カリフォルニアでのガラ公演でマリインスキー・バレエ

舞踊監督、ユーリー・ファテーエフに見出され『ラ・バヤデール』に出演。

それがきっかけでロシア行きが決まったものの、またもロシア語の壁が。

マリインスキーには先輩として石井久美子さんがいたでしょうから心強かったのでは?

f:id:kotorio:20181210192403j:plain
Photo: Natasha Razina

初主役に抜擢されたのは2018年4月。

名門バレエ団で、主役を踊った初の日本人ダンサーの誕生です。

「4月に『くるみ割り人形』主役を踊ったときに、雪が降っていた。

 これはロシアでしか体験できない」 

劇場の隣に住み、1日のほとんどを劇場で過ごす、文字どおりバレエ漬けの日々。

休みの日でもマリインスキーはクラスレッスンを受けることができるそうです。

自分が出演していない時も袖幕から舞台を観て、ダンサーの舞台裏を見つめます。

【kotorioからのひとこと】

人生に必要な時を過ごしているように見えます。

ãæ°¸ä¹ã¡ã¤ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

今は脇目も降らず、打ち込んで欲しいですね。きっと大きな花になるでしょう。

Manuel Legris『Stars in Blue』 BALLET & MUSIC 演目発表

マニュエル・ルグリが、オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージンら

トップダンサーと、ヴァイオリニストの三浦文彰とピアニストの田村響を迎えた

特別ツアーManuel Legris『Stars in Blue』 BALLET & MUSICサイトが開設されました。

f:id:kotorio:20181021115611p:plain

世界一流のダンサーによる舞台を、コンサートホールの最良の音の響きで、目と耳で同時に味わうことのできる贅沢なバレエコンサート。

4名のダンサーの個性を生かした各作品に加え、パトリック・ド・バナ振付のマニュエル・ルグリとオルガ・スミルノワ(左)、セミョーン・チュージン(右)と木本全優の新作男性デュエットなど、どちらも世界初演。これは見逃せませんね。

f:id:kotorio:20181021115645p:plain f:id:kotorio:20181021115708p:plain

東京公演は、すでに東京芸術劇場の芸劇メンバーズ先行発売が始まっています。

・上演演目予定 ダンス作品

『シルク(仮)』(新作)
原作:アレッサンドロ・バリッコ著「絹」より
振付:パトリック・ド・バナ 音楽:クリストフ・ヴィリバルト・グルック
出演:マニュエル・ルグリ、オルガ・スミルノワ
三浦文彰(ヴァイオリン)、田村響(ピアノ)

『鏡の中の鏡(仮)』(新作)
振付:パトリック・ド・バナ 音楽:アルヴォ・ペルト
出演:セミョーン・チュージン、木本全優
三浦文彰(ヴァイオリン)、田村響(ピアノ)

『Moment』
振付:ナタリア・ホレツナ
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ / フェルッチョ・ブゾーニ
出演:マニュエル・ルグリ、滝澤志野(ピアノ)

『タイスの瞑想曲』「マ・パヴロワ」より
振付:ローラン・プティ 音楽:ジュール・マスネ
出演:オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン
三浦文彰(ヴァイオリン)、田村響(ピアノ)

_c

『瀕死の白鳥』
振付:ミハイル・フォーキン 音楽:カミーユ・サン=サーンス
出演: オルガ・スミルノワ 三浦文彰(ヴァイオリン)、田村響(ピアノ)

www.youtube.com

詳しくはこちらを。

マニュエル・ルグリ スターズ・イン・ブルー バレエ&ミュージック